カテゴリー「映画/ラ行」の記事

レディ・イン・ザ・ウォーター

Lady_in_the_water LADY IN THE WATER

【2006年製作 アメリカ】( 119min )

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード

シャマラン監督はある意味とても気の毒な監督かもしれないなぁ…
いつも彼は新しい映画を撮る度に「シックス・センス」が比較対照として挙げられるから…
いい加減みな「シックス・センス」とは切り離して・・・と個人的にはそう思っているんだけれど、やっぱりそれは無理なんだろうか?

ファンタジー。
おとぎ話は子供の頃から好きなジャンルに入る。
私自身物心ついた時一番最初に映画館で観た洋画も「おとぎ話」チックな映画だったと思う。
蝶のような羽が生えた妖精がたくさん出てくる映画。
この「レディ・イン・ザ・ウォーター」はそういう古典的なおとぎ話がモチーフになって作られた作品。

人間界にとある目的を果たすために“ブルーワールド”から…やってきたナーフという水の妖精(B・ダラス・ハワード)が再び元の世界に帰っていくまでのお話なのだけれど、彼女が帰るまでのさまざまな問題を解決していくのが、アパートの管理人クリーブランド(P・ジアマッティ)。

ちょっとだけ残念に思ったのは、この作品を無理やり2時間の短い枠に押し込めた感じがするんですよね。
なんとなく観ていていっぱい、いっぱいになるの。
いや…これ以上説明を増やしたりすると逆にいやらしくなってしまうかもしれないかもなぁ。
でも一度にあれもこれもはちょっと欲張り過ぎな感じもするんですよね。
例えばTVシリーズモノみたいな感じで何話かに分けてやったらもっといい作品になったんではないかなって気がするんです。
もう1回観たらまた違った感想になるかもしれないけど。

ただ個人的にシャマラン監督の作品の中で実はこの映画は「シックス・センス」より好きな映画かもしれない。
それだけは断言できる。
デキがいい悪いは別にしてね。

「サイン」では宇宙人が出てくるお話だったけど…。
この時も自分の感想を後から読み返すと…「まさか本当に宇宙人出しちゃうなんて驚き」だった(笑)
当たり前のことを当たり前に撮るっていうのは逆にとても難しいことなんじゃないかなって気がするんですよね。
敢えてみんながタブーとしている事をワザと楽しんで作っているような感じ。

そこが監督の“非凡さ”を感じるところです。

話の筋には関係ないけど冒頭で管理人のクリーブランドがアパートの住人から虫の退治依頼されてるシーン。
思いっきり笑ったのだけれど、なんとなく「アニーホール」(W・アレン監督。D・キートン)を思い出しました。(確か「アニーホール」だったよなぁ…昔に観たんで定かじゃないんだけれど^^;)
D・キートンがW・アレンを呼びつけてバスルームにいる巨大蜘蛛を取ってもらう云々のお話。

ひょっとしたら「アニーホール」とは何にも関係ないと思いますけどね(笑)
でもシャマランさんって結構映画は観ていて、それでいて根っからの映画人なんだろうなぁっていうのは思いますよ。



banner_03
  

↑ランキングに参加しています よろしければお願いします♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

リトル・ロマンス

A_little_romance A LITTLE ROMANCE

【1979年製作 アメリカ】( 109min )

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ローレンス・オリヴィエ、ダイアン・レイン、アーサー・ヒル


※ネタバレあり

13歳のフランス人少年ダニエルとアメリカ人少女ローレン、ひとりの老紳士との出会いや友情、淡い恋を描いた素敵な映画です。
この老人役の名優ローレンス・オリヴィエがすっごく良いのですよ!
実際彼でなかったらこんな味わい深い映画にはならなかったのではないかなと思います。
人の良さそうな紳士的な老人が実は詐欺師。彼はとてもいい詐欺師ぶりを披露してます。
老人が語った「ヴェネツィアの『ため息橋』の下、日没の鐘が鳴っている時にキスをした2人は永遠の愛が得られる」のお話はとってもロマンチックなお話だけど、話を信じた2人の少年少女はヴェネツィアへ行くことになる訳です。健気なお話ですよね。気がつけば…大人になった今私自身“こういう気持ち”を忘れてしまっているんですよね。
2人がこの老人は詐欺師だと気付いてからも彼に対しては心から感謝の気持ちを忘れないんです。何故なら結局は彼のお陰で資金が増え、国境を越えて無事にヴェネツィアに辿り着くことができたし、それに、何と言っても老人が一番の良き2人の理解者なんですから。
詐欺師の老人が誘拐犯に間違われて、2人共に国境を越えヴェネツィアに行くまではハラハラする展開ですが、無事何とか辿り着いたヴェネツィアで2人と老人は別れます…この後老人は自ら警察に行くんです。
この別れ方が粋(いき)なんですよね。
2人は映画館へ。老人は後から行くからと言い残し、閉じられた映画館の扉にキスをする・・・
鐘の鳴る橋の下でのキスのシーンは確かに美しく印象に残るシーンですが、私は別れを意識した老人が“扉にキスをする”このシーンが大好きです。胸が熱くなりますよ。

それにしても当時のダイアンちゃん…カワイかった。いや、年上の彼女に対して「ちゃん」は失礼かしら。
この頃から彼女は絶対将来大物スターになるだろうと予感があったのですよ。
演技も上手かったしね^^
この映画が公開された頃は、彼女のこの長いストレートの髪に憧れていましたが、私はくせ毛だったので泣く泣く諦めたのですよ…いや本当です。伸ばすとウェーブがかってしまうんですよね。
この気持ち誰か分かる人いるかしら・・・

 

 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

| | コメント (5) | トラックバック (2)

ロマン・ポランスキーの吸血鬼

Who_says_vampire
THE FEARLESS VAMPIRE KILLERS OR: PARDON ME, BUT YOUR TEETH ARE IN MY NECK DANCE OF THE VAMPIRE
【1967年製作 アメリカ・イギリス】( 108min )

監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジャック・マクガウラン、ロマン・ポランスキー、シャロン・テート


昨夜ひとりで「吸血鬼」を観ました。
私が観たのはロマン・ポランスキーの「吸血鬼」。
この作品が有名というよりも多分この映画に出てくるヒロインが有名なのよね。
かの有名なシャロン・テート事件・・・
当時はポランスキーの奥さんだった彼女、妊婦だったにも関わらず腹を裂かれるという本当に残酷な殺され方だった…しかも人違いなんて。
正直自分がポランスキーの立場だったらやってられんわ…(´ヘ`;)

映画はポランスキー本人も出演しているんだけど、在りし日のサイレント・ムービーみたいな感じで登場人物の動きや表情がとってもコミカルで面白かった。
あと、とにかく台詞が少ない(笑)
余計な…余分なものは取り払ってすっきりした作品に仕上がっていると思う。

とにかくシャロン・テートが若くってとっても綺麗だった・・・
吸血鬼の伯爵に狙われるヒロインにピッタリだった。


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑もしよろしかったら、ランキングにご協力を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディング・ザ・ブレット

Riding_the_bullet
RIDING THE BULLET

【2004年製作 アメリカ】( 99min )

監督:ミック・ギャリス
出演者:ジョナサン・ジャクソン、デヴィッド・アークエット
 
  
S・キング原作の映画は数多くあってこの作品もそのうちのひとつですが、正直なところ、もっとホラーな作品だと思い込んでいた私にとっては言い方が変ですが「不思議な映画」でした^^;別にホラーなだけがキング作品っていうわけではないのですがただ何となく…誠に勝手な思い込みというやつで。

最初の30分(?)位かなぁ…ホント、この映画このまま終わってしまうんじゃないか!?ってある意味こっちが心配になる位、スッゴク淡々と物語が進行していくの…
それに“お兄ちゃん”。あ、ちなみにD・アークエットのこと。どうもスクリームでの役柄の印象が強いせいか勝手にいつもこのように呼んでいるんですが、クレジットに名前があったのにいつになってもなかなか出てこないなぁって。
そしたら後半になってようやく出てきました!何とも惚けた感じがいい味出してます。冒頭に出ていた主人公の友達ら数人はもっと活躍の場があるのかと思いきや、この映画の内容には対して影響がないわけで^^;主人公の男の子、その母親、あとこのお兄ちゃんがいればほぼ、この映画が伝えたかったことが理解できるのでは!?

そうですねー。
過去に観たS・キング作品の中ではこの映画はどの程度の評価になるんでしょうねぇ。
ちなみにりざふぃが選ぶ好きなS・キング作品映画は…

●「黙秘」 過去にも書きましたが、私の中ではキング作品の文句なく№1です。ちなみに原作は読んだことない けどね^^;

●「デッドゾーン」 随分と昔に1度しか観てないのですが、去年頃りざぶぅがDVDをゲットしてきたのでまたいつか観ようと思ってます。

●「クリスティーン」 これは個人的趣味(?)な映画です。めっちゃ人間臭い車(彼女)。

●「ザ・スタンド」 こちらも随分前に観てすごく面白かったのを覚えてます。ただめちゃくちゃ長かったけど…

●「スタンド・バイ・ミー」 最近久々にまた観てみたら、やっぱり好きな映画だわ~と思いました。


 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んだらクリックお願いしま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルードヴィヒ 神々の黄昏

Ludwig
LUDWIG

【1972年製作 イタリア・西ドイツ・フランス】( 240 min )

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演者:ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、トレヴァー・ハワード、シルヴァーナ・マンガーノ


ドイツ3部作の1つ。ヴィスコンティ監督作品。
この映画の主人公であるヘルムート・バーガーの演技(美しさ)も素晴らしかったですが、彼の従姉役のロミー・シュナイダーが、特に素晴らしく、美しくて聡明なエリザベートをとても魅力的に演じていたと思います。(彼女の笑い方が好き^^)
彼女の出演作では、この作品の他に『サン・スーシの女』位しか今まで観たことなかったんですよね。
それに彼女、結構若くして亡くなっているし。出演作が決して少ないわけじゃないですが、日本では馴染みの薄い作品が多いし、今となってはお目にかかるのが難しいのが本当に残念ではあります。

ルードヴィヒはとても可哀想な王ですよね。
王族に生まれてしまったことが、彼を不幸にしたというか。
今と昔では王族も違うのでしょうが、王故に「自由」に生きれなかったっていうのが本当に可哀想です。
特に従姉のエリザベートとのこと。彼女の存在が彼の運命を大きく変えてしまったんですね。
それに彼は明らかに王としての自覚も、資質も欠如していましたね。

ルードヴィヒと比べるとエリザベートという人は随分はっきりと自分の意見を述べるけれど、自らの運命をきちっと受け入れられる器量があった人なのだろうなって思います。
だから自分を見失わない。
ルードヴィヒがもしも、ひとりの普通の男性として、普通に芸術を愛し、普通に愛する人と結婚し、そういう人生を送れていたのならこうはならなかったのに。
王故に悩み、苦しみ、最後には精神を病んで死んでいった人なのですね。

ヴィスコンティ監督自身のことあまりよく知らないけど、彼は本物の貴族なんですね。
貴族ならではの気品溢れる作品の数々。
一般人の私には多少取っ付き難かったっていうのが正直なところです。

私が一番最初に彼の作品を観たのは恐らく『ベニスに死す』で、中年の男が“美少年”に恋をするお話でした。取り分けこの映画に出てくる美少年役のB・アンドレセンが本当に溜息が出てしまう程綺麗で…マーラーの交響曲第5番第四楽章が非常に効果的に流れて、音と映像がマッチしていて本当に素晴らしい映画でした。
実はこの曲実はMIDIでHPに使おうかって思った位好きな曲です。あまり実際作っている方がいらっしゃらないのと、うちのHPにそぐわないと思って諦めたんですけど…でもいい曲です。

だから携帯の着メロにしてます(笑)
 


 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…よろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッド・ドラゴン

Red_dragon
RED DRAGON

【2002年製作 アメリカ】( 125 min )

監督:ブレット・ラトナー
出演者:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、エミリー・ワトソン

もはや、
どの映画から感想に手をつけていいか分からない状態に陥っています^^;
で、とりあえず観た順番ではなくって思い出した順番(笑)

*****************************************

この映画は、全米の映画ヒットチャートにランクインされている頃から密かに楽しみにしておりました。
結局映画観たのはずぅ~っと後だけど。DVD化されてから。実は私りざふぃはこのレッドドラゴンの原作(トーマス・ハリス)を先に読んでいたので(10数年前)内容は知っていたんですが…
詳細部分ははっきりよくは覚えていないんですが、非常に面白かったという印象はあります。

実をいうとレッドドラゴンは以前にも別な作品で観ていたんですがそれに比べると今回はスッゴイ豪華な役者が揃ったなぁという印象です^^
このシリーズ。
個人的には「羊~」→「レッド~」→「ハンニバル」という順番で評価しています。
というか…はっきりいってハンニバルは私には×な作品でしたし。
スプラッタっぽいのがダメとかそんなことではありません。

まぁレッド・ドラゴンに関しては、エドワード・ノートンが出演しているっていうだけで大満足なんですけど~♪
映画はサスペンスものとしてはフツーだったかなと思います。
なかなか巧者揃いの役者の面々なのに何故か?
ノートンもワトソンもファインズもみな素晴らしかったと思うのに個人的には印象度が低いですね・・・
当たり前のサスペンス映画になっちゃってるんですよねぇ。
1度目はまぁそれなりに楽しめるとは思うのですが、2回は観ない映画かも。
(ということでDVD持ってましたが売っちゃいました^^;)

さて、今日感想書いてて思ったんですけど、
やっぱ映画観てすぐ感想書かなきゃダメだぁ…(ぼそっ)


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…よろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

The_life_of_david_gale

THE LIFE OF DAVID GALE

【2003年製作 アメリカ】( 131min )

監督:アラン・パーカー
出演者:ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー

最近内容の重~い映画をよく観ます。
別に選んで観ているわけじゃないのだけれど、結果としてそーなってしまうわけで…

『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』もただのサスペンスというよりも人間&社会派ドラマ的なノリ。
あまりいうとネタバレになってしまいそうなんで詳しく書かないでおこう。
これは是非観てそれぞれで判断して欲しい。

とあるレイプ殺人で死刑を宣告された男(デビッド・ゲイル)ととある女性記者が中心となって物語が進行していく…
彼は無実なのか?それとも…
この死刑を宣告された男に扮するのがあのケヴィン・スペイシー。セブンではホンマもんの犯罪者を演じていていましたが、彼の口調とか表情とかやっぱり凄いなぁと改めて思いました。

とにかく人命の大切さ、重さを考えさせられる映画ではあります。
けどこのラストはちょっと納得いか~ん。
(あ、ちなみにこの映画の監督のA・パーカーは好きな監督です)
結局この女性記者って騙されたわけ?はっ。ちょっとネタバレ的発言をしてしまった…
だけど酷いよぉ。本人達納得の上なんだろうけど… だったらもう少し映画の中で
コンスタンス(ローラ・リニー)とデビッドの決断に至るまでの2人の会話のシーンとかもっと入れて欲しかったなぁと思うのは私だけでしょうか?

人間大きい事をする時には、ある程度の犠牲を払わなければならないのでしょうが…
これはリスクがちょっと大きすぎます。ま、映画なんでねぇ。


 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んだらクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)