カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

プロフェッショナルということ

とあるマイミクさんの日記を読んだ。

う~んと自分でも唸ってしまう内容だった。

内容はマイミクさんのプライバシーに関することなのでここでは伏せるが、敢えて簡単に言うと『あなたは何かのプロですか?』というもの。

世の中にはいろんなプロがいて、そしてプロっていうからには意識レベルが高く故にプライドも高いんだろう。

人は生まれながらにして何かしらの才能があるんじゃないかと私は常々思っている。
ただ生涯かけて「それ」に巡りあえる人間は、実際どれだけいるのかは分からない。

天職と呼べるものに出会えた人は本当に幸せなのかもしれないし、また逆に「それ」に出会ったことで不幸になった人もいるのかもしれない。

プロと呼べるような人たちには他の人には分からない様々な葛藤があるだろうし、重圧は素人から見れば計り知れないと思う。プレッシャーを撥ね退けてやり続けるというのは並大抵のことではないから。

果たして私には何があるんだろう?

どれもこれも中途半端なレベルで決してプロと呼べるようなものは何もないなぁ・・・
好奇心旺盛だから、あっちもこっちも首突っ込んではいるけどねcoldsweats01

“好奇心と精神のバランス”。

残りの人生で「これが私よ」と自信を持って言えるようになりたいなぁというイメージと・・・
「平凡でもいいじゃない?ハッピーなら。」と言ってる自分のイメージが交錯しちゃってる。

 

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久々のブログはやっぱり“つぶやき”で始まるのか(笑)

最近ミクシィの方ではアプリが次から次へと追加されていますが、マイミクさんの真似してソーシャルライブラリーを追加してみました。

まだ登録冊数は20~30位だけど。

最近読んだのじゃなくって随分前に読んだものとか、ちょこっとずつ思い出しながら追加してます。
それに好きな作家のはかなり読んでいるので、もっともっと冊数は多いし・・・その辺りはかなり適当に載せてます。

全部追加したら・・・一体何冊になるのか・・・分かりません(笑)

ただ、私自身本は結構好きだけど、決して活字中毒ではありません。
好きなものは読むし、活字を読むことに苦痛は感じないけれど、読書は趣味って言えるけど・・・でも中毒まではいかないなぁ・・・

他にも熱中しているものがあるからかもしれませんが。

今はゲームw でも映画やドラマも観るし。それに音楽だって聴くし、ギターだって弾く。料理だってやる時は長くキッチンに居座ってたり、人恋しくなって友達との長話に時間を忘れたり・・・。

でも、いっぺんにどれもあれも全てできるわけじゃないから。

私って、熱しやすく冷めやすい?

・・・とも違うなぁ。

多趣味?

・・・とも違う。


私という人間は、興味を持った物、人に対して、すごく執着するところがあるのよ(笑)

実は私は凄く自己中な人間かもしれない。

それに、振り回される周囲の人は、結構大変だよねsweat01

書いてて、りざふぃ頭大丈夫か~?って声が聞こえてきそうですw

うん。大丈夫。私はしっかりしてるよscissors

 
banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空にあるものとかけて、女性にあるものと説く。その心は・・・

雨の中病院へ。
めんどくさいな~と思いながらも、行ってきました。

3年位前に流産した際発覚した例の病気の経過を見るためです。

子宮筋腫。
女性には多いみたいですが(多分3人に1人はこの病気になるのでは?)やっかいな病気でもあります。

悪性ではないのと、今の段階で子宮を摘出してしまうのは年齢的にもちょっと早い・・・ということなので、未だ手術には至っておりませんが、いずれにしても遅かれ早かれ摘出してしまうのは間違いありません。
私の場合は筋腫だけ切除というのが難しいらしいのです。

実際いろんな治療法があるみたいですが、そのどれもが必ずしも自分に適してるとは言い難く、また、副作用などの心配もありますし、まして、どこの病院でもそれらの治療をしている訳ではないので、費用の面etc考えると、いずれ手術と考えた方がなんというか気が楽です。私の場合。

ただ・・・今日明日の話ではないんですよね。

釈然としませんが。

最初はひと月にいっぺんとか、そういうサイクルで病院に通っていましたが、現状維持のままの状態が続いているので、最近は5、6ヶ月に1回。その間に症状がひどくなるようでしたら、その時は来て下さいとのこと。
要は先生からすると「そんなにしょっちゅう来なくてもよいよ」ということらしいです。

確かにね・・・毎回同じことを言われている気がします(笑)
言う方もでしょうが、言われる方も内心は・・・「またかよ!」という感じです(笑)

とにかく、気長に付き合っていくしかないんですね。
痛みの症状がひどいのは、月経痛の時だけですし。

だけ・・・と言いながら、これがとても辛いです。

女性にしか分からないだろうな・・・あの痛み。

大袈裟に言うと、陣痛を毎月味わっているような感じとでも言えばよいのでしょうか。
痛みには勿論波があります。
ひどい時は鎮痛剤をいくら飲んでも効かない。夜中も眠れない・・・

その時ばかりは、いっそのこと、早く取っちゃって~と叫びたくなります。


ふぅ・・・

なんだか、暗~い話になってしまいました。


言い忘れましたが、今日は基本女性向けの内容でしたね(笑)
男性にはさっぱり(?)のことかと、まぁ周囲の女性を大切になさって下さいな(^-^)v

こういう話を書きながら、映画のことも書いてみたりして・・・


「冷たい月を抱く女」


ビル・プルマンとニコール・キッドマンらが出演していた映画。

この映画のことをふと思い出しました。“月”繋がりで。


昔映画館で友人と2人で観たのはよく覚えてて、この映画とほぼ同時期(?かどうかは記憶違いかも)に似たような邦題がついた「つめたく冷えた月」というのがあって、

別な友人から、だめだよ~○○(私の相性)「冷たい月を抱く女」なんて観に行っちゃ。「つめたく冷えた月」観に行かなきゃダメ!って言われたのをふと思い出しましたw

ご覧になられていない方のために詳しい内容は伏せますが、「冷たい月を抱く女」に出てくる話の展開として、間違って卵巣を摘出されてしまった女性がいます。それがニコール演じるトレーシーなのですが、この女がねぇ・・・実はっていう話ですよ。

女って怖いよね~女はヽ(´▽`)/
   


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ゲームとゲームと映画三昧

比率はゲーム3、映画1でしょうか^^;

夜間MHT(モンスターハンタートライ)をやりすぎてしまわないように、なるべる深夜1時には終わろうと心がけているつもりですが、時には2時、3時になってしまうりざふぃです。

昨夜は1時ぐらいに丁度街でやっていたクエストが終わったので終わらせて即映画に切り替えました。

観かけている映画がいくつかありましてsweat01その中から70年代のイタリア映画ですが、「風来坊/花と夕日とライフルと・・・」を観ました。

面白かったので続編もDVDに撮ってあるし近々観ようと思っています。

マカロニウエスタンはそんなに数は観たことはなかったのですが、これは実に愉快。
日本で言うところの時代劇をそのままイタリアの西部劇に舞台を移して、そうですねぇ・・・「遠山の金さん」(?)のようなノリ?

悪人は成敗してくれるわー!です(^◇^)

でも基本はゆるくなので、肩は凝らずさらっと観れる映画。

第一、主人公の早撃ちガンマンが身なりはだらしなく汚いし、大食らいで根っからの楽観男。その兄は今はとある町で保安官をしている・・・という設定にはなっていますが、これまたイカサマ師。保安官というのは真っ赤な嘘で、賞金首に挙げられている、正真正銘の馬泥棒^^;

所謂ロクデナシの兄弟ですが、弱い者は絶対にイジメナイ。困っている人にはすぐ手を差し伸べて助けてあげる・・・この兄弟のとってもいいところ。

とにかく胸がスカっとする作品です。

観る機会があれば観て下さいねーhappy01


ゲームネタもちょこっと。


MHT。基本はゆる~くだらだらやっているのでなかなか進みません。
HRも18でもうすぐ19というところだし、村クエは★5のウラガンキンを討伐したところで終わっています(≧∇≦)

ナバルデウスのクエは出ましたが、まだ行きませんw その前にアグナコトルだろうな~やっぱり。

今は素材集めや資源集めを中心に村クエをゆっくりと進めています。

そういえば・・・

強走薬グレート。 これがぜんぜん足らないのー。

最初は全く使うことなかったのですが、私はランス使っているし、ガードの際にこれがあった方が便利と思い、最近になって使うようになりましたw

一応、こんがり肉と狂走エキスで調合できますが、狂走エキスもほぼ使い切ってしまった・・・

ロアルドロスから以外であとはどこで手に入ったかな~?(忘)

あと鎧石がとにかくほしいです。鎧玉ではなく鎧石。

尖鎧玉も火山に行けば時々見つかるし、交易船からも手に入れることはできますが、鎧石から調合すればできるものなのでもっと手に入るといいな。

今日試しにクルペッコを慣れない太刀を使って倒してみました。

ガードはできないけど回避をうまく使えば武器持ちながらでも動きは速いし、使ってて楽しいので、ナバルデウスは太刀でやろうかなheart04

 


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログへの不満、映画のこと・・・など

うちのブログ。映画のカテゴリーがア~ワまであるのはお気づきかと思いますが、このカテゴリーを更に細かく分けたいと密かに思い始めて彼是3ヶ月位経ちます(笑)

なので映画鑑賞履歴ってはっきりウソっぱちみたいなもんです。800本位で止まったままです。
観た映画を随時追加する前にこちらを何とかしなきゃと思っているところです。

ついでに言うと音楽カテゴリーもぶぅのお陰(?)でそろそろバンド別云々に分けなきゃ見辛い!YouTubeの画像貼り付けてるから重い!ということで、こちらも変えたい。

ココログを使い始めて既に約5年位経ちますが、困ったことに未だに機能等よく分かってない(≧∇≦)
機能が増えたり「便利になりました~」っていうのは嬉しいんだけど、いちいち説明等読んだりするのが面倒なのよ。

サブカテゴリーとかあったらよいのに・・・ココログにはそのような機能がないのかな?

リンクにリンクであ~なって、こーなって・・・と考えるのがいちいち面倒くさいwobbly


はぁ・・・


とりあえず気分転換でもしよっとscissors


投げ出したか・・・・・・・gawk


ふぅ・・・・・・・・


話は変わってpaper


今日久々にヒッチコックの「めまい」を観ました。これで何度目かな~???

自分が若い時は・・・

面白いとか面白くないとか、デキがいいとか悪いとかは関係なく、あまり好みじゃなかったのよ。「めまい」。

それでも時々何度か観てて・・・

で、今日気合入れて(?)きちっと最初から最後まで邪魔が入らない時間帯に(笑)観てみたところ・・・


「この映画は傑作だsign03」って、ホントそう思いました。


なんででしょうね~sign02


私の映画の好みが変わったの?それとも・・・単に年を取ったってことでしょうかcrying


唯一昔から変わらない私の感想は・・・

主演女優のキム・ノヴァク。

いつ見ても“妖艶” いいなぁ・・・全身から漂う大人の女の色香にムフフkissmark

あ、オヤジ的発言www これじゃあ、うちのぶぅの発言じゃんかsweat01


この映画の感想はまた後日にでもUPする予定heart01

 
banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (8) | トラックバック (0)

この1週間でいろんな方が亡くなりました

今朝先ず驚いたのが、あのマイケル・ジャクソンが死去のニュース。(その報道がTVで流れていた時は正確には心肺機能停止だった)
彼だけは、スリラーのプロモさながらゾンビの如く蘇るような気がしたけど・・・流石に人の子だったか・・・sweat02

その後昔やってたテレビシリーズのチャーリーズ・エンジェルで日本でも爆発的に人気があったファラ・フォーセット。
彼女はしばらく末期癌で闘病を続けていたと聞いていたので、いつかこういう日が訪れるだろうと驚きはしなかったけれど、それでも流石にちょっとショックでしたcrying

日本でも彼女の髪型真似してたオネエさま方がたくさんいらしたと記憶にはあるのですが、あの髪型は金髪でこそ運気が上がるupものだったらしい。日本人は本来黒髪の方が多いのであの髪型は運勢的には凶なんだとか・・・確かそんな話を昔聞いたことがあったような気が・・・。
聖子ちゃんカットって間違いなくファラを意識してできた髪形なんだろうな~って思います。

それでも彼女は亡くなる直前にライアン・オニールと結婚することができて、幸せだったのだろうな・・・bell


あと・・・忘れてはならないのが、


種牡馬のアグネスタキオン。


彼もまた早すぎる死でした(11歳)。競走馬として才能がありながら早くから引退してしまって、種牡馬としてまだまだこれからも期待が持てただけに・・・weep

本当に残念なことです・・・

うちのタキオン産駒・・・1勝しかしてないけど、彼の分まで頑張ってほしいなbearing


ご冥福をお祈り致します。合掌。


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (8) | トラックバック (1)

“石打の刑”を映画化 「The Stoning of Soraya M.」

世の中には私の知らないことがまだまだたくさんある。

例えばイスラムの国では、姦通罪などで鞭打ちの刑に処される云々...の話は以前より聞いたことがあったという位の知識しかない私には、まさか石打の刑などというものが現在でも存在するということが信じられなかった。
YouTubeでイラク人少女が石で叩きのめされている映像があった。
悲しいことだけれど、これが現実なんだなと思った。


The Stoning of Soraya M.


この映画も元は実話らしい。(信じられない実話となっていた)
原作本を探してみたところ、ペーパーバックでしか発見できず。
英語でこれを読むのはかなり辛いものがあるが、機会があれば読んでみたいところだ。

読んだ人の反応は様々なようだ。
衝撃的な内容であることから楽しめないという人。たとえ被害者が女性であっても、シャリア法(イスラム法)の概念が、結局は男性のためにあることから正義がない...この本が中東の女性たちの助けになるだろうetc

世の中不条理なことはいっぱいあって争いごとの原因にもいろいろあるだろうが、民族間の争いや宗教問題は昔からずっとある。

イスラム教に関しては7世紀に始まったらしいということしか私には分からない。宗派の違いもよく知らない。
ただ守られるべき人たちが、守られていない気はする。
背景は複雑で私には理解できない“価値観”がこの宗教には存在するのかもしれない。


ただ、この映画に携わった人たち同様私自身も、Sorayaのように不幸な目に遭う人がいなくなってくれれば、この作品をきっかけにひとりでも多くの人が救われればいいなと思う。


The Stoning of Soraya M (www.thestoning.com)


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ひとりごと その13

りざふぃです^^
私の「ひとりごと」シリーズもなんと13回目に突入しました(笑)
要するにタイトルを決めかねる時は全て↑のタイトルになっちゃうっていう話なんですが(^^;

最近うちのダンナのぶぅばかりブログ書き続けているので、時々はこのりざふぃも何か書かないとっ!ということで今・・・焦って書いてるんですが、そうですねぇ・・・とりあえず近況報告でも。
とは言っても特別何があったっていう話ではないんですけどsweat01

そうそうscissors最近りざ家ではようやく『地デジ』対応の液晶テレビを購入し、今までテレビ番組や映画専門になってたテレビをパソのある部屋に移し、そちらはめでたく《ゲーム専門》テレビとなったわけです。
今まであったゲーム専用テレビが完璧にぶっ壊れたんで仕方なく購入となったわけですが、遅かれ早かれ購入しなくてはならないので、時期が早まったってところでしょうが。

がしかし、マリカ。

相変わらず接続状況はかなり悪くcryingマリカゴールデンタイムにWi-fi対戦ができないということで、やる時間がめっきり減ってしまったりざふぃです。もっぱらほぼタイムアタック専門。とは言ってもハンドルオンリー&ヘタレドライバーですから、特別速いタイムは出せていないんですけどね。実は未だにレインボーとおばけ沼の速いゴースト抜けてないしsweat01あと1秒以内!のところで止まったままですcoldsweats02
流石にねぇ・・・もうしんどくって2時間も3時間も続けてタイムアタックやる気力が(体力も?)ない・・・

で、お次は街森(相変わらずゲーム話からですみませんねぇsweat01

最近海外にも目を向けようと、密かに「Animal Crossing City Folk」(街森の向こうでのタイトル)の海外コミュに遅ればせながらメンバー登録したりざふぃです。
あ、まだ登録したばかりですので、プロフィールとか海外フレンドを探すとかそんな段階ではないんですが(^^;
だってねぇ・・・私の英語力。ここ数年、いや数十・・・おっとsweat01と、とにかく長いことネイティブと接する機会がなかったものだから、益々落ちていきましてcoldsweats01英語ばかりのサイトを実は読むのが非常に億劫になってます。
億劫になる最大の理由は別にあるんですが、現在うちのパソコンのモニターが完璧おかしくなってしまい、ひょっとしたら中の問題かもしれませんが、画面の色が全体的に赤みを帯びててサイトの色によっては非常に見づらく、テレビの次はPCかぁ~?っていう状況に追い込まれてるりざ家な訳ですが、この不況ではぶぅの賞与も当てにはできないし、しくしくsad

それで話また元に戻すと、とにかく「たぬきち」のことは英語では「Nook」と言うらしいです。
うちは今コンビニに戻したところなのでそれを英語で言うと「Nook’n Go」。ちなみにたぬきちデパートは「Nookington’s」だったかな。確か。
当然仕立て屋のあさみ、きぬよなんていうのは日本名に過ぎず(当たり前か^^;)、日本語だとバリバリ関西弁な彼女らは、Mabel & Sable ですって。カブリバは、何故かJoan。なんでジョーンなんだろう。

全て英語でやり取りしなければならないので、英語勉強し直さなくっちゃ。元々英語は好きだったし、ホームステイの経験もあるにはあるんですが、久々に海外の人と交流したいな~heart04と。街森の海外アイテムも勿論魅力ではあるけど、とにかく向こうの方と接したくなったりざふぃです^^

Let me introduce myself.なんちゃってhappy01
やっぱりWiiスピーク? キーボードのがいいのかしらん?( ̄~ ̄;)??

とにかく今パソのモニターも、まぁパソ自体のメモリも少ないから例えばスカイプ立ち上げながらミクシィとか絶対ムリだし(^^;テレビと同じようにご臨終間際って感じなのでチャットで誰かとやり取りするとか・・・ちょっとキツイのが現状です。目にも悪いしね~


それと・・・昨日珍しく映画観に行こうとしたんですよ。りざ夫婦2人揃って仲良く(笑)
なんていうのか、ある意味“フツウの映画?”を夫婦で観に行くのってすごく久々だったんです。
ホラーなら去年一緒に行きましたけどね(爆)
ところがお目当ての映画は時間前に早々と映画館に着いたにも関らず、既に満席sweat02しかも昨日は最終の回まで全てOUT。
「スラムドッグ$ミリオネア」。「トレインスポッティング」や「28日後...」で有名なダニー・ボイル監督作品であり、評価も一般的にだけど高かったからすごく観たかったんですが・・・残念(×_×;)

なので帰途にヤケ酒ならぬ、ヤケ映画レンタルしてきました(笑)

実は未見だった「イースタン・プロミス」。カナダの鬼才クローネンバーグの。

昨日私はこれともう1本の映画(そちらは「パリ、18区、夜。」)を観まして、また感想が溜まりに溜まっちゃいそうになってますが、ひとことだけ。

「イースタン・プロミス」は、個人的にヴァンサン・カッセルがよかった!ちょっと情けない大ボスの息子グラっときましたね~
ヴィゴ・モーテンセンのちょっと冷めたような役も魅力はありましたが。いや、あの役は確かに難しいとは思う。
感情を押し殺してて・・・抑えた演技というのでしょうか。りざ家ではこの映画のヴィゴよりも、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の方が好きという見解にはなりましたが。特に最近のクローネンバーグの作品を観てて思うのは、クローネンバーグの作品に、今やヴィゴは不可欠なんじゃないかなと・・・そう思っているのは世の中に沢山いるんじゃないかなぁhappy01

「パリ、18区、夜。」は、個人的にはちょっと消化不良で終わった・・・かなsweat02
テンポも途中まではよかったんだけど、言おうとしていることとか分かるんだけど・・・まぁこれが所謂フランス映画なんだろうけど(^^;途中からテンポも遅くなったし。なんていうか・・・説得力に欠けるっていうか。
主人公役の女優カテリーナ・ベルゴワの雰囲気は好き。綺麗だし。脇で出てたベアトリス・ダルの役が・・・ある意味フツウの女の役だったんで、正直がっかりした・・・かな(^^;
別にねぇ…「屋敷女」みたいなインパクト大の役を期待したいわけじゃないけど(笑)、少なくともこの映画の中の彼女は…平凡な女だったのが個人的には残念かな。


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎度のことですが^^;帰省します

今日ただ今から私りざふぃとりざ娘は帰省しますhappy01
帰るコールならぬ帰る日記・・・
内容らしい内容のないブログでごめんなさいsweat01
一応戻りは4月初旬ですscissors
帰ってきましたら、またよろしくお願いしますねheart04

ちなみに、ダンナ(ぶぅ)はちゃんとおりますので、暇な方是非相手してやって下さい(笑)

じゃあ、行ってきま~すsun

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初恋の人からの手紙だってサ

今日は後で映画のことを書くつもりなんだけど、その前にちょっと軽めのネタ日記を(^^;
先週某マイミクさんのところで面白い日記を発見。
またまたりざふぃ得意の人様からパクったネタで書いてます(笑)

先ず、おことわりを。
タイトルで騙された方。はいっ!残念でした~coldsweats01

一応『初恋の人からの手紙』となっていますが、これ所謂診断テストです(笑)必ずしも、リアルな手紙とは違うのでその辺ご了承下さい。ま、内容を読めばリアルじゃないって即分かると思いますけどね。ぷぷ(*^m^*)

で、その内容とは・・・

初恋の人からりざふぃさんへお手紙が届きました。

-------------------------------------------------------------------

りざふぃ、ひさしぶり。
もう黒人男性と付き合う夢は叶えましたか?喜々として黒人の素敵さを力説していたりざふぃをなつかしく思います。

泣きじゃくるりざふぃが「これ以上振り回されたくないから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう○○年(※)が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会ってりざふぃの話題が出たから、ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。

思い返してみると、あのころは二人とも子供っぽかったなぁという印象があります。りざふぃは毎晩のように電話しては文句を言ったり泣いたりしていたし、「大丈夫だよ。好きだよ」といくら言ってもなかなか聞いてくれませんでしたね。どう言えばよかったのか今でもよく分かりません…(苦笑)。

あ、そういえばりざふぃにとっては、あれが初恋だったのかな?だからか、付き合ったばかりのころは、やけに不安げな顔をしていたのを覚えています。「私のこと遊び?ちがうよね?」って何度も聞いてきて、そういえばその質問が面倒でもありました(笑)。

付き合ったばかりのラブラブだったころ、りざふぃはいつも「私のどこが好きなの?」なんて確認していましたね。どこがとかいう問題ではないと思うけれど、プレッシャーに負けて「顔」と答えていた記憶があります。回答が下手でごめんなさい。

総括するなら、りざふぃと付き合えたことは、とても感謝しています。多少重苦しいところもあったけど、期待されているし愛されているなぁと感じられました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはりざふぃのことがそれでも好きでした。これからもりざふぃらしくいられるよう、あと、腹筋を割るという夢もそのまま追いかけながら、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. カーテンと同じ柄のスカートはまだ使ってますか?


------------------------------------------------------------------

・・・・・・・・・・って、おいっ!
私っていつ黒人男性好きになったんだ!?って真剣に悩んじゃいました。あ、でも若かりし頃は外国への憧れが強くって私自身は将来「国際結婚する!」って周囲にもらしてた事実はありますけどね(笑)結局国際結婚したのは私ではなくって、従妹の方でしたが(^^;
それと毎晩電話をかけて・・・って、私自分で思うんだけれど、基本昔からそんなに電話魔じゃないから、これって絶対ないよな~って。(マジに突っ込んでみたりw)
カーテンと同じ柄のスカートなんて絶対履かないし(笑)ありえへんって!
あ、カーテンでドレスを作らせたのは、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラだったかな?とちょっと映画ネタ。
プレッシャーに負けて「顔」って答えてたのは・・・って。おいおい。そこでプレッシャーに負けるなんてあっさり言うんじゃないよ・・・ったく。事実だろw(違っ(;´▽`A``))
腹筋を割るという・・・え?なんで知ってるの?(爆)そこだけはちょっと当たってたりしてhappy01
マリカのハンドルのお陰で実は上半身は結構鍛えられている気がしてますheart04汗を掻くから代謝もよくなった気がするし、体重も減った~(これは事実ですnote

と、結構ツッコミ所満載で楽しい診断テストでした(#^.^#)

みなさんもお暇だったら是非試されては?意外な自分の発見があるかもsign02(ないないsweat01


※○○年のところは、実はきちっと年数が入っておりましたが、これを書くと私の年齢がバレそうだったんでw敢えて伏せておきました(#^.^#) ご想像にお任せします(◎´∀`)ノ


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧