カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

夢幻紳士

今日が誕生日だったりざ夫です。年齢って・・・年功序列社会以外に、何か意味あんの?

さて、せっかくですから、自分が一番好きな漫画家:高橋葉介の中でこれまた好きな漫画を紹介しましょう。
詳しくはコチラ
高橋葉介公式サイト
夢幻紳士

「夢幻紳士」にはいろいろシリーズがありますが、
主人公は全て夢幻魔実也(むげん まみや)

こんなヤツ。はっきり女たらしでロクデナシです(爆 が・・・
Gensouhen_pop03


その中で「夢幻紳士 幻想篇 / 逢魔篇 / 迷宮篇」が特にお奨めです。
但し、内容は微妙にリンクしていて、「夢幻紳士 怪奇篇」「夢幻紳士 夢幻外伝篇」も読まないと全てが理解できない構造となってます・・・って全部お奨めにしなきゃいかんか(*^-^)
特殊な能力(特に霊気・妖気が強い)を持つ青年探偵”夢幻魔実也”が怪しい事件に巻き込まれ、解決する。但し解決は必ずしもハッピーエンドではない。

怪奇編初出「ネムキ」からの愛読者です。当時バンドやってた頃、アルバムジャケットは本気で高橋先生に書いてもらおうと思ってたくらいに入れ込んでますheart04

雰囲気は、日本映画でいえば「ツィゴイネルワイゼン」等の鈴木清順監督作品、「カリガリ博士」「ノスフェラトウ」等トーキー映画。舞台は日本の明治~昭和初期頃。うーん、俺のツボを突いてる(爆
内容や描写ははっきりとエグく、スプラッターあり、男女のどろどろした関係あり、精神異常世界を詳細に書いていたりと、中学生以下には全くお奨めできない。
但し・・・全編通じて、弱きもの・女性・子供への愛情が物凄く強く込められています。時に残酷に、時に愛らしく。
それが如実に書かれているのが「夢幻紳士 幻想篇 / 逢魔篇 / 迷宮篇」の三部作。
特に女性・異性への憧れ・優しさに満ち溢れています。
ホラーですけどねw

51pfn0esaxl__ss500_61txbrdohnl__ss500_

全編通じて読んで、最後の話・・・(お気に入りな)お姫様たちへの、あまりの優しさに涙してしまうのは俺だけではないでしょう。
著者自身も「夢幻紳士」シリーズはひとつのライフワーク(集大成)であり、ストーリーを考えなくても、既に主人公が勝手に物語を作ってしまうと解説で語っています。
自分はその虜になった一人。ホラー漫画って敬遠してる方は・・・お奨めは微妙ですがwww
一つの感動を受け損なって損してます(言い過ぎか?w)。

ちょっと気になるのは・・・うちの娘も高橋葉介の大ファンになっちゃったってとこsweat01
どんな大人になるんだろうか?俺みたいになるのかな?


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

I Love Egg

先ずは久々にマリカネタ。
最近はマシンで遊んでいるりざふぃです(#^.^#)
昨日はこっそり“おまる”で走ってました~。回復は早いけどスピードがないので、当然レートは減少傾向にありましてsweat01
夜間レートを回復しようとひとりまったり世界戦を走るつもりが、フレンドの合流に次ぐ合流であえなくbombもうーどうでもいいやって開き直りました(◎´∀`)ノハンドルのおまるじゃ絶対フレには勝てない&気分的にムシャクシャしてたので重量級クッパでいってみました。一番重いキャラだけど使ってて気持ちがいい!走行内容及び結果はともかく、気分は爽快shineフレンドは速いし雷の多い部屋ではイマイチ“クッパ効果”発揮できなかったけど、またひとりの時使ってみようっとflairクッパの雄叫びはなかなか癖になりますhappy01ただ・・・クッパをずっとハンドルでやってるのはかなりしんどいけどね(^^;今日は指全体がかなり痛いです。


さてさて、今日はゲームネタではなく、アニメネタ。
韓国発のとってもキュートなショートアニメです^^うちの娘がカートゥーンでやってる時偶然知って、一緒に見ていた私もそれ以来すっかりファンになってしまいましたheart04

エピソードはいくつかあるのですが、マリカ話のついでにレースのエピソードがあったので載せちゃいます^^


I Love Egg - Episode 9


砂漠も海の中も走れるマシンって・・・凄いhappy01彼(彼女?タマゴに性別があるのか知りませんがw)妨害にもめげず頑張りますね(笑)いや・・・ホントマリカの妨害厨には実際めちゃアタマくるってannoy

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「地獄少女 三鼎」 放映開始

今日は代休。なのに妻が風邪気味なので外出せず。昼間、マリカでフレンドのクッパにレインボーで落とされながらも、その後スターアタックはきっちり当てないように回避してしまう為、フレンド戦では弱いりざ夫です。キラーはしゃあないけどね(*゚ー゚*)

さて、「地獄少女」いよいよ新シーズンが始まりましたヽ(´▽`)/
自分はスカパーのアニマックスで見れるのですが・・・何と!初回録画ミスで視聴できず(;ω;)
しゃあない・・・再放映まで待つか(# ̄З ̄)途中から観るの嫌いだし。
うちら夫婦は、アニメはどっちかというと硬派?で、過去に記事にした「攻殻機動隊」シリーズ、「パーフェクト・ブルー」「妄想代理人」等が好み。押井監督、今監督周辺の作品が中心ですね。「BLOOD+」も見たいのですが、まだ時間を割く事ができないなあ・・・観たい映画も溜まってしまったし(汗)。
「地獄少女」ってどっちかというと萌え系?なのかも知れませんが、これは夫婦揃って好き((w´ω`w))

さて「地獄少女」って何?って方。簡単に説明すると

深夜0時にアクセスできる「地獄通信」。ここに自身では晴らせぬ恨みの対象人物の名前を書き込むと、地獄少女と契約できるようになる。契約成立ならば地獄少女が憎い相手を地獄に堕としてくれる。但し「人を呪わば穴二つ」契約成立の条件には自分の地獄行きも確定となる・・・

地獄少女 公式サイト

要はアニメ版必殺仕事人なんです。まあ、ただ地獄に落とすだけなら、クサイだけですぐ飽きてしまうんですが、第一、第二シースン共、実はメインとなるストーリーがあり、随所に伏線が張ってあってかなり見ごたえあり!そのストーリーがまた悲しい事(´;ω;`)ウウ・・・

第一、第二シーズンはレンタル屋で視聴可能ですから、興味を持たれた方は是非。これも海外でかなりの人気ですねー。

お約束で申し訳ないですが、連続モノはやはりテーマソングが大事。これがしょぼいとやっぱダメですよね。
第一シーズンからエンドテーマ曲、第二シーズンからオープニングテーマ曲をどうぞ(o・ω・)ノ))

後、頭にこびりつくのが・・・「イッペン、死んでみる?」
この能登さんの声サイコー!実際の声も同じなんですなw(゚o゚)w

かりぬい 第一シーズンエンディングテーマ

地獄少女 二籠(第二シーズン) オープニングテーマ


Aigafuru_banner
   
  
↑映画の支援・ご協力をよろしくお願いしますshine


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (17) | トラックバック (0)

閻魔あいと能登麻美子

昨日の続きみたいな日記になってしまうけど、ここ1ヶ月くらいの間にハマって観てたもの。他には「地獄少女─仮縫い」がありました(^^;今頃リザ家でブームになってます(笑)

地獄少女の決め台詞。

イッペン、シンデミル?

怖いですね~恐ろしいですね~(笑)

なあんてね。タイトルは「地獄」でも中身はホラーっていうわけじゃないです。
“アナタの恨み晴らします”の世界。

続きモノのアニメって…ドラマでもそうだけど、一度観出したら止まらない。
特別アニメじゃなきゃだめ!ってことは全くないし、中には後味ちょっと悪いなぁってストーリーもあるし、早い話地獄少女(閻魔あい)は地獄の必殺仕事人って感じだけど、ミステリアスな部分があって意外とキャラクターに感情移入してしまうアニメかなぁって思ってます。

“仮縫い”は観終わって、今は“二籠(ふたごもり)”に突入しちゃってます。ちょっと前にもアニマックスでやってたんだけど、つい観るの忘れたり、どうせ観るなら順番で観たかったのでレンタル屋行って借りてま~す。半額を狙って(笑)

いろいろ自分なりに考えてみました。
何がそこまで自分を夢中にさせたのか?ってね。
恐らく内容云々よりも、地獄少女“閻魔あい”の声を担当している能登麻美子さん。彼女の不思議な声にハマってしまったのかな?って。なんていったらいいのか…彼女の声を一度でも聞いてもらえればわかるんですが、存在感はあるのにその存在自体は希薄(?)っていいたらいいか・・・^^;(なんじゃそりゃ)

というわけで彼女の歌声をどぞ(^^)
いつものようにYouTubeから引っ張って参りました。エンディングテーマは地獄少女自身がお歌いになってます(笑)

地獄少女 仮縫い /唄 能登麻美子さん

なんとも不思議な感じがしませんか?
実際どんな方なのかと思ってたら、なんと(!)地獄少女と同じような髪型で結構美人な方だったので驚きでした~

実はよくよく調べたら彼女の声は聞いたことあったのでした。役柄によって印象が多少変わる気がします。流石はプロの声優さんですね(^^)


あ、そだ。追記。

地獄で思い出した~

この間の日曜日に競馬場行った時のビッグベアのウイナーズサークルの写真。
まだあったので、失敗写真ですが(爆)追加しておきます(^^)v

Dsc03620ミルコ君の笑顔が素敵な写真♪がしかし肝心なビッグベアのお顔がぁ~><

     
 


Dsc03625鬼太郎とねずみ男の後姿など(笑)

    
   


banner_03
  

↑ランキングに参加しています よろしければお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ルードウィヒ・B

愛馬の出走は今週は日曜日だけなんで今日もコミック話題をひとつ。
昨日記事にしたのだめ~の繋がりってわけではないんですが、クラシックといえばこの「ルードウィヒ・B」

Ludwig_b_1


『ルードウィヒ・B』 手塚治虫






 
 
実はかの有名な手塚治虫先生の絶筆。
残念ながら話が途中で終わっちゃってるんですが、是非続きを読みたかったよなぁと思う作品でもあります。
かの有名なベートーヴェンの半生を描いた作品なんですが…本当に残念です。

いつも手塚作品を読みながら思うのは、とにかく人物像の描かれ方が素晴らしいということ。
物事に対する観察力がズバ抜けているという点では他に類をみません。
だからコミックという枠に捕らわれることなく今でも数多くの方々に支持されているのだと個人的には思っています。

あと私個人が好きな作品は「ブラックジャック」も勿論そうですが、「アドルフに告ぐ」。
こちらは周囲では賛否両論ですが、是非色んな方に読んで欲しいしまた感想も聞けたらなぁと思ってます。
 


 
 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑ランキングにご協力を♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「のだめカンタービレ」にハマる

最近漫画って昔程読まなくなったわね~と思いながら、二ノ宮知子センセの「のだめカンタービレ」というマンガを友達が貸してくれました。(いつも借りてばっか^^;)

Nodame1
 

『のだめカンタービレ』 二ノ宮知子



 
 

これオモロイから読んで~って言われて半信半疑で読み出したらついハマってしまいました。


しかも7巻から読んでるんだけど(爆)

(1巻から…じゃない^^;)

今日また続きを借りたので、今晩読もう(^^)♪

音大生ののだめという楽譜が苦手だが天才的な演奏をするピアノ少女が主人公のお話。
彼女のぶっ飛び加減が私には丁度いい!
世界的に有名な指揮者が実はキャバクラ好きとか(笑)
だけど“音”に対する拘りみたいなものが感じられて、コメディっぽいけど割と正統派。
思わずクラシックが聴きたくなる。そんなコミックです^^
 
 


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑ランキングにご協力を♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの仮面

jan2013待望の42巻が発売された
のは去年の12月のこと…
なぬ~?前作から6年もの
月日が流れていたんです
ねぇ…
正直もう発売されないのでは
と思った時期もありました。
美内先生。もうこれ以上描けなくなって
しまったのでは?って。
花とゆめで連載開始されたのは1976年。
彼これ今年で29年^^;
私も年を取ったはずだ…

少女漫画って最近殆ど読まなくなりました
が(よって最近の漫画家は殆ど知らない)
これは別!
早速購入した友達から借りて読みました。
(買えよっ)
私が持っているのはコミックサイズの方
ではなくって、小さいサイズの白泉社文庫
から発行されているのを集めているから…
どうしても発売が遅くなるし。
早く読みたいっということで借りました^^;

紅天女がマヤと亜弓のどちらになるか
分かりませんが、どうなるか見守って
いきます。
しっかし、月影先生。「もう私は長くないわ」
って言いながら、まだ生きています(笑)
いや、誤解なきよう…ずっと生きていて
欲しいです。マヤのこと見守っていて
下さいね。
マヤと速水真澄、桜小路君の今後の展開
にも注目。
この人間関係のどろどろ感?が「冬ソナ」
みた~い♪って友達のひとりが言っていま
した(笑)
私は「冬ソナ」未だに観ていないけどね^^;

お願いだから完結してね。

桜小路君より速水真澄の大人の魅力に
虜になっている(*^-^*)
 ← クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)