« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の3件の投稿

空にあるものとかけて、女性にあるものと説く。その心は・・・

雨の中病院へ。
めんどくさいな~と思いながらも、行ってきました。

3年位前に流産した際発覚した例の病気の経過を見るためです。

子宮筋腫。
女性には多いみたいですが(多分3人に1人はこの病気になるのでは?)やっかいな病気でもあります。

悪性ではないのと、今の段階で子宮を摘出してしまうのは年齢的にもちょっと早い・・・ということなので、未だ手術には至っておりませんが、いずれにしても遅かれ早かれ摘出してしまうのは間違いありません。
私の場合は筋腫だけ切除というのが難しいらしいのです。

実際いろんな治療法があるみたいですが、そのどれもが必ずしも自分に適してるとは言い難く、また、副作用などの心配もありますし、まして、どこの病院でもそれらの治療をしている訳ではないので、費用の面etc考えると、いずれ手術と考えた方がなんというか気が楽です。私の場合。

ただ・・・今日明日の話ではないんですよね。

釈然としませんが。

最初はひと月にいっぺんとか、そういうサイクルで病院に通っていましたが、現状維持のままの状態が続いているので、最近は5、6ヶ月に1回。その間に症状がひどくなるようでしたら、その時は来て下さいとのこと。
要は先生からすると「そんなにしょっちゅう来なくてもよいよ」ということらしいです。

確かにね・・・毎回同じことを言われている気がします(笑)
言う方もでしょうが、言われる方も内心は・・・「またかよ!」という感じです(笑)

とにかく、気長に付き合っていくしかないんですね。
痛みの症状がひどいのは、月経痛の時だけですし。

だけ・・・と言いながら、これがとても辛いです。

女性にしか分からないだろうな・・・あの痛み。

大袈裟に言うと、陣痛を毎月味わっているような感じとでも言えばよいのでしょうか。
痛みには勿論波があります。
ひどい時は鎮痛剤をいくら飲んでも効かない。夜中も眠れない・・・

その時ばかりは、いっそのこと、早く取っちゃって~と叫びたくなります。


ふぅ・・・

なんだか、暗~い話になってしまいました。


言い忘れましたが、今日は基本女性向けの内容でしたね(笑)
男性にはさっぱり(?)のことかと、まぁ周囲の女性を大切になさって下さいな(^-^)v

こういう話を書きながら、映画のことも書いてみたりして・・・


「冷たい月を抱く女」


ビル・プルマンとニコール・キッドマンらが出演していた映画。

この映画のことをふと思い出しました。“月”繋がりで。


昔映画館で友人と2人で観たのはよく覚えてて、この映画とほぼ同時期(?かどうかは記憶違いかも)に似たような邦題がついた「つめたく冷えた月」というのがあって、

別な友人から、だめだよ~○○(私の相性)「冷たい月を抱く女」なんて観に行っちゃ。「つめたく冷えた月」観に行かなきゃダメ!って言われたのをふと思い出しましたw

ご覧になられていない方のために詳しい内容は伏せますが、「冷たい月を抱く女」に出てくる話の展開として、間違って卵巣を摘出されてしまった女性がいます。それがニコール演じるトレーシーなのですが、この女がねぇ・・・実はっていう話ですよ。

女って怖いよね~女はヽ(´▽`)/
   


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

こんなサイトがあるんだね

久々に使用する「芸術・アート」のカテゴリーmaple

うちのブログにはなんか無縁なカテゴリーな気もしますが、時々は使わなくっちゃね~芸術の秋だし(^◇^)

私のマイミクでリアルな彼女もとってもチャーミングな>ことめたんのブログで知ったこちらのサイト。PhotoFuniaというのね。
どうやら結構有名(?)らしいのですが、私は今まで全然知らなかったよ^^;

要は、自分の好きな画像やイラストなどを好きにはめ込んでみるというお遊び心満載のサイトなのです。

で、面白そうなので私も試してみましたsun

Photofunia23f7090

up私の好きな女優のひとり、今は亡きベティ・デイヴィスの若い頃の写真note

なかなか素敵でしょう?happy01


 


Photofunia23fe39e

upこれは私の大好きなケイト・ブッシュ。彼女の「ドリーミング」のアルバムジャケット。
かなりアバウトな感じで作っちゃいましたsweat01
下の水面に映った顔・・・なかなか芸が細かいです!

 


Photofunia23fd483

upこちらはノーコメントで(爆)
昔一度ブログにもUPした覚えがあるのですが、実は私自身が描いた某ハリウッド女優の若い頃のイラストcoldsweats01
鉛筆で描いているので色味はなくて味気ないかも・・・

やっぱりプロの人が描いた絵とは違うので、アート的に×かもね~sad下手だし・・・別にいいのよいいのよσ(・・?)..ヘ(~・・)ゝ

ん?この方誰だか知りたい?

そですね~ 
誕生日の日付が私と確か1日違いで、超有名な某アイビーリーグを卒業なさった所謂インテリ女優の鑑みたいな方です^^

似てないじゃん~とか言われるのがイヤsign03なので、名前はあえて伏せますw


 

Photofunia23fdf0a


upこれはイラストではなく、実際は一時期私自身はまりにはまった「大人のぬり絵」。それのベルばらバージョンです。
顔見れば分かるかな?オスカルなのですが、なんか・・・この画像に貼り付けたら・・・色が無くなってモノトーンのイラストみたいになっちゃいました^^;

プラチナブロンドの髪が・・・orz
   


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ゲームとゲームと映画三昧

比率はゲーム3、映画1でしょうか^^;

夜間MHT(モンスターハンタートライ)をやりすぎてしまわないように、なるべる深夜1時には終わろうと心がけているつもりですが、時には2時、3時になってしまうりざふぃです。

昨夜は1時ぐらいに丁度街でやっていたクエストが終わったので終わらせて即映画に切り替えました。

観かけている映画がいくつかありましてsweat01その中から70年代のイタリア映画ですが、「風来坊/花と夕日とライフルと・・・」を観ました。

面白かったので続編もDVDに撮ってあるし近々観ようと思っています。

マカロニウエスタンはそんなに数は観たことはなかったのですが、これは実に愉快。
日本で言うところの時代劇をそのままイタリアの西部劇に舞台を移して、そうですねぇ・・・「遠山の金さん」(?)のようなノリ?

悪人は成敗してくれるわー!です(^◇^)

でも基本はゆるくなので、肩は凝らずさらっと観れる映画。

第一、主人公の早撃ちガンマンが身なりはだらしなく汚いし、大食らいで根っからの楽観男。その兄は今はとある町で保安官をしている・・・という設定にはなっていますが、これまたイカサマ師。保安官というのは真っ赤な嘘で、賞金首に挙げられている、正真正銘の馬泥棒^^;

所謂ロクデナシの兄弟ですが、弱い者は絶対にイジメナイ。困っている人にはすぐ手を差し伸べて助けてあげる・・・この兄弟のとってもいいところ。

とにかく胸がスカっとする作品です。

観る機会があれば観て下さいねーhappy01


ゲームネタもちょこっと。


MHT。基本はゆる~くだらだらやっているのでなかなか進みません。
HRも18でもうすぐ19というところだし、村クエは★5のウラガンキンを討伐したところで終わっています(≧∇≦)

ナバルデウスのクエは出ましたが、まだ行きませんw その前にアグナコトルだろうな~やっぱり。

今は素材集めや資源集めを中心に村クエをゆっくりと進めています。

そういえば・・・

強走薬グレート。 これがぜんぜん足らないのー。

最初は全く使うことなかったのですが、私はランス使っているし、ガードの際にこれがあった方が便利と思い、最近になって使うようになりましたw

一応、こんがり肉と狂走エキスで調合できますが、狂走エキスもほぼ使い切ってしまった・・・

ロアルドロスから以外であとはどこで手に入ったかな~?(忘)

あと鎧石がとにかくほしいです。鎧玉ではなく鎧石。

尖鎧玉も火山に行けば時々見つかるし、交易船からも手に入れることはできますが、鎧石から調合すればできるものなのでもっと手に入るといいな。

今日試しにクルペッコを慣れない太刀を使って倒してみました。

ガードはできないけど回避をうまく使えば武器持ちながらでも動きは速いし、使ってて楽しいので、ナバルデウスは太刀でやろうかなheart04

 


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »