« これはマジで言ってるのか・・・?^^; | トップページ | “石打の刑”を映画化 「The Stoning of Soraya M.」 »

13(サーティーン) みんなのしあわせ

La_comunidad


LA COMUNIDAD

【2000年製作 スペイン】( 106min )
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演:カルメン・マウラ、エドゥアルド・アントュニャ、マリア・アスケリノ、エミリオ・グティエレス・カバ


アパートに住んでいた老人が大金を隠したまま死体で発見される。同じアパートに住む住人たちと、とあることからこのアパートに住み着くようになった中年女との間で繰り広げられる壮絶な争奪戦をコミカル且つブラックに描いた作品。


イグレシア監督の作品を観たのは、あのスパニッシュ・ホラー・プロジェクトの「ベビー・ルーム」に次いで2作目。

なんの予備知識なく観たのだが、予想以上に面白かった。
(ちなみにこのタイトルのサーティーンという邦題。同じようなタイトルで違う作品がいくつか存在するので紛らわしいsweat01


※ネタバレあり


この作品は確かにコメディの要素が無きにしも非ずという感じは受けるが、それはそれでかなりブラックな笑いであると言える。

大金を手にした人間がどのようになるのか・・・のような内容は、サム・ライミ監督の「シンプル・プラン」を彷彿とさせる。
あちらはもっとシリアスなドラマという感じだったが、更に人間の強欲さを過剰に滑稽に描いた印象。
途中から中年の女フリアが割り込んだことによって、お金争奪戦が益々過激化していくのだが・・・。
13人でお金を分け合って事がうまく運ぶとも思えなかったけど。
最後に笑うのは・・・
壮絶バトルな展開を想像していたが、映画中盤まで死者はひとりも出なかった。
(正確に言うと、大金を持っていた一人暮らしの老人と、フリアのアパートに住んでたと思われるエンジニアが死んだらしいという位)

最もこんな修羅場になったそもそもの原因はフリアがお金を独り占めしようとしたからなんだけど。
そのアパートの住人たちは老人が死ぬのを待ってひたすら耐えてたのにねwobbly
でもこのお金は元々死んだ老人のもの。
やっぱり人様のものを勝手に持ち出してはイカンのです(笑)


関係ないけどスペイン人・・・かなりうるさいです(笑)
彼らは呆れる程よく喋る喋る…。
そこが観てて面白いところなんだけれど。

ヒッチコックの「逃走迷路」を思わせるような終盤の演出もよかった。

 




banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« これはマジで言ってるのか・・・?^^; | トップページ | “石打の刑”を映画化 「The Stoning of Soraya M.」 »

映画/サ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

私は映画にはうといので話についていけないけれど
このサーティンは、りざちゃんの解説で
面白いかも~!そして、ちょっと想像できますね。

TUTAYAが少し遠くに引越ししてしまい
なかなか観ない私は、もっと観なくなったwobbly

コミカル&ブラックな映画、頭に入れておきまーすφ(.. )メモメモ

投稿: ことめ | 2009/06/25 17:02

>ことめたん

コメありがと~o(^o^o)(o^o^)o
そうなの?レンタルのTとちょっと離れちゃったんだ(ρ_;)
うちはレンタル屋がすぐ側にTと、ちょっと離れたところにGもあるので毎週のように借りまくってます。そのうえ映画チャンネルでこまめに録画してるので、録画DVDが溜まってしまって・・・収拾がつかなくなりだして、ただ今整理中ですsweat01
(元々整理整頓が苦手sad

↑の映画はレンタル屋にずっとあって、前々から気にはなってたのでとりあえず借りてみました。
観たら意外にもテンポがよく、ブラックな笑いと、お金争奪合戦が激しくって、なかなか楽しんで観れました^^
機会があったら(超オススメってわけじゃないけど^^;)是非観て下さいね~happy01

そうそう。毎日毎日ホント暑くっていやになるよね~><
ことめたんのブログにも書いたけど、熱中症にはお互い気をつけましょうね~scissors

投稿: りざふぃ | 2009/06/25 18:52

この映画は、観ました~scissors
人間の欲深さを、ブラックコメディにした映画ですねw
美人は一人も出てこないsweat01
醜い中年・熟年がいっぱいw
それぞれが、欲に目が眩んで、壮絶なバトルを繰り広げて、後半は死人いぱーいw

びっくりしたのは、スペインのオタクも、日本のオタクとそっくりだったということww

投稿: けろこ | 2009/06/28 01:24

>けろこたま

お~ けろたんの感想はまさしくその通りscissorsって大きく頷いてしまいました~notes
そうそう。おじさん、おばさん率が高くってsweat01しかもヒロインもそう(○゜ε^○)
でも色仕掛けのシーンはありましたね~ しっかと彼女の策略にはまったのがけろこたんが言うところのオタク少年でしたcat
ダースベイダーフェチの男の子(子はないか・・・流石に子は^^;)
この映画観てひとつ教訓になったことがあります。
同じ状況に置かれたら、私はオタクの彼のようにオバカに終始振舞っていようと思いますbleah

投稿: りざふぃ | 2009/06/28 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/45440557

この記事へのトラックバック一覧です: 13(サーティーン) みんなのしあわせ:

« これはマジで言ってるのか・・・?^^; | トップページ | “石打の刑”を映画化 「The Stoning of Soraya M.」 »