« おじさん頑張る⑤~Therapy? | トップページ | リ・ジェネシス~Re:Genesis »

パラサイトX(劇場未公開)

ゲーム専用TVとPCパソのモニターがそろそろ怪しくなってきて、どっちを先に購入しようか悩んでいるりざ夫です。パソは本体自体の更新が必要なんで、5月末の決算賞与次第だがTVが先かなあ・・・


パラサイトX(劇場未公開)(2007)
 原題「VIKAREN」

51b8z8tjzl_2

製作国:デンマーク
監督・脚本:オーレ・ポールネダル
出演:パプリカ・スティーン、ウルリク・トムセン他

宇宙からやってきた、戦争と侵略しか知らない謎の生命体が、漂着した土地に住む女性に寄生してある目的を果たそうとする。その目的とは”愛”を得る事であった・・・

珍しいデンマーク製のSFサスペンス?です。タイトルだけだと、観ずにスルーなんですが、何気なく手にとってしまったところ、製作・監督が何と傑作カルト映画「モルグ」のオーレ・ポールダネルではありませんか!これはスルーするわけには行きませんね。ヽ(´▽`)/
「モルグ」といえば、1994年デンマークで興行第一位に輝いた作品。この作品によって監督はハリウッドに呼ばれ「ナイトウオッチ」(「モルグ」のそのまんまリメイク)を監督、「ミミック」の製作にも携わったのですが・・・その後は行方不明(爆)。勿論知名度なんて今では無いも同然。新作がひっそりとDVDでリリースされたってわけですな。

※ネタバレあり

これ、判断が難しいのですが、青春コメディーでしょう。オープニングからして地球への着地点が養鶏場の一羽のニワトリ。よって地球での主食はニワトリw。そこの一人の農婦に寄生し、宇宙人特有?の能力を使って、小学生の女教師として赴任し、小学生を傘下に引き入れ、”愛を手にいれ、地球を侵略”しようとする。しかし、一人の生徒が、教師の挙動に不振を抱き正体を暴こうとする・・・。つまり小学生の視点から描かれているので、非常にほのぼのとしたタッチ。ジャケットのようなモンスターは、教師が一人の生徒をちょっと脅すだけのワンシーンしかでてきません。これこそ誇大広告ですな(笑)。
女教師の活躍も地味なもんで、「あんた!どうやって愛を得て侵略しようとしてんの?」とツッコミたくなるくらい。疑惑を抱いた生徒が、仲間達と女教師宅に侵入し、不審な点を捜索するあたり、日本じゃ知名度がない役者ばかりなので、誰が死ぬか予想がつかず、結構サスペンス的には盛り上がりますが、やっぱ子供は殺してはいけないのね、万国共通。女教師に「寂しいだろ、俺が欲しくないか?」って言い寄るスケベ心抱いたスクールバスの運転手が「そう、欲しいわ」と言われ、手のひらサイズに縮小されて喰われるあたりが唯一の残酷模写か(爆)。
”愛”を教育?してもらうため、不審を抱いた生徒の父親に近づくあたりのやりとりも、一歩間違えばスラップスティックコメディー。最後、お決まりに退治されるのですが、「貴方の父親は食べなかったでしょ?」って・・・説得の言葉になるんかい!って思う当たりで、監督の意中にはまってるんですねw。
ラストのナレーターの台詞も「おい!ちょっと待った!」で終わります(爆)。

デンマーク製SF青春喜劇として割り切ってみれば、かなり楽しめる作品でオススメです♪レンタル屋から消えたら、二度と日の目を見なくなるかもしれない作品ですので、観るなら今です(゚ー゚)


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« おじさん頑張る⑤~Therapy? | トップページ | リ・ジェネシス~Re:Genesis »

映画/ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/44556499

この記事へのトラックバック一覧です: パラサイトX(劇場未公開):

« おじさん頑張る⑤~Therapy? | トップページ | リ・ジェネシス~Re:Genesis »