« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の12件の投稿

おじさん頑張る~マリカTA編

ここ数日の接続不良により、連日映画鑑賞、マリカタイムアタックにいそしんでたりざ夫です。
そして・・・とうとうやりました!念願の・・・

マリオカートWii 速いスタッフゴースト全撃破!

それも、デイジー・マッハorセプターでです(◎´∀`)ノ

最後に残ったレインボーロード。
これは、俺の力量ではファンキーを使わないとムリか・・・
もしくはウルトラSCを練習しないとダメか・・・
って思ってたのですが、いやー何とかなりました・・・やっと。

購入当初からの目的”速いスタッフゴースト全撃破”
現在達成できて感無量です。どれくらい感無量かというと・・・
今日の世界卓球の石川さんくらいかな(違っ

これで俺的には、「Wiiマリカ 完全制覇」です^^v


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (22) | トラックバック (0)

JUNKロック④~Einstürzende Neubauten

TVは更新したので、映画・ゲームは心配なくなりましたが、PCがいつぶっ飛ぶか心配なりざ夫です。
今の景気じゃ、夏の賞与は期待できないからなあ・・・

久々にJUNKロックの紹介「Einstürzende Neubauten」です。

当時東京では、JUNK・インダストリアル系はコアなオタクファンか、意外にもハードコア・パンク系のVoがファンだったりしてました。ところが「Einstürzende Neubauten」の登場により、女性ファンと若いバンドの子たちが、”JUNK、JUNK”ってのたまう状況に突入したのでした・・・ハタ迷惑w
理由はファッション(笑。まあ日本で最もありがちでしたね(◎´∀`)ノ
まあ、ボーカル”Blixa Bargeld”のルックスがね・・・真似したくなるんだねw
でも、おかげでその他のバンドにも光があたって、いろんな情報が入ってきたので、まあ良しっだったんだろうな。俺のギターのファンもちょっと増えたしね(*´ェ`*)
曲は・・・ノー・コメントとしておこう。基本、視覚と併せて・・・ってバンドでしたね。当時はっ。
近年、再活動を始めてたみたいで、金があればちょっと音源集めてみようかな。

視覚との併用・・・
そのいい例がこれ。石井監督がなかなかいい味をださせてますね。
慣れない人にはちょっとキツイかもね( ̄◆ ̄;)
armenia


近年です。やっぱ年齢だけは・・・でも風格が増したかな?
Einstürzende Neubauten - Haus der Lüge

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Television(テレビジョン)

ほとんどの客先が7連休のGW。自分もそうしちゃおうかと考えてるりざ夫です。

古い?音楽の話題をちょっと続けましょうかw
Television「テレビジョン」です。

”名前は知ってるけど、どんなバンドか知らない”ってかなりの確率で言われてるのではないでしょうか?
かくいう自分も、バンド始めてライブ観てた友人(年上)に、「おめーのギター、テレビジョンとかも聴いてるのか?えっ?聴いた事ない?・・・おめー、そりゃモグリだぜ・・・」
よく同年代や若い子には、メジャーに行く前の”U2のギター”に似てる(音源は全く違うと思うけどw)とは言われたけど、テレビジョンは初めて。
で、早速聴きましたよ・・・ってすんげーギターじゃんか!とても似てるとは思えんが・・・あえて言うなら「ソニック・ユース」が明らかに影響受けてそうだから、その辺りか。
実は、それ程自分は好きではないんです。声が、歌詞がw。まあその辺は好みの問題でしょうからね。でもギターは絶対ムリ。聴き惚れちゃうね。特に”Friction”こりゃーカッコイイわ(◎´∀`)ノ
カバーしているバンドも多く、特にエコー&ザ・バニーメンの”Friction”はかなりいい出来ですよ♪


さすがに、動画は少ないね。”Friction”はカバーばっかだし┐(´-`)┌
で、最も状態がいいのをUP!
Television - Foxhole (live 1978)

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出走(4/25)

ようやく地デジ対応テレビを購入したりざ夫です。ハードディスク内蔵にしたので、「デクスター3rdシーズン」のマラソン放映も録画可能だな(◎´∀`)ノ


さて、今週の出走確定です。

4/25(土)京都3R 障害4歳以上未勝利戦 芝→D2190m
  タキオンシチー 金折騎手
 
前走は初障害。飛越はまあまあだったと思いますが、ズルズル後退の12着。
今回の結果次第では・・・
「前走後の疲労が著しく~云々」で引退の可能性もあるぞ( ̄Д ̄;;
平場初勝利時には、もっと上に行く予感のあった馬、
頑張れ!タキオンシチー!

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Coral Room/ケイト・ブッシュ

ケイト自身が奏でる美しいピアノの旋律をバックに彼女自身が歌うとても美しいバラード。
アルバム『Aerial』から。

KATE BUSH - A CORAL ROOM


なんだか切ない・・・
彼女の母親が亡くなって彼女自身非常に辛い想いをして・・・その時の歌なのかな。

歌詞後半部分↓


I hear her laughing
She is standing in the kitchen
As we come in the back door
See it fall
See it fall
Oh little spider climbing out of a broken jug
And the pieces will lay there a while
In a house draped in net
In a room filled with coral
Sails at the window
Forests of masts
Put your hand over the side of the boat
Put your hand over the side of the boat
What do you feel?


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Waking The Witch/ケイト・ブッシュ

どこかのどなたかがお作りなった素敵なケイト・ブッシュのイメージ的画像をYouTubeからUP。

彼女が作る“曲や詞”のテーマは、男女間の愛、人間としての普遍的な愛や、もっともっとスケールの大きな愛情…それは国に対してや大地、現実的かと思えば時に幻想的であったり・・・彼女のもって生まれた天性のイマジネーションは、私の中にも少しはあるだろうアーティスティックな感性をこれからも揺さぶり続けてくれるのだろう。


Kate Bush - Waking The Witch

「Waking The Witch」はアルバム『Hounds Of Love』(愛のかたち)の中の1曲。所謂この“B面”は組曲のようになっていて、本当は全体を通して聴いてもらいたい。特に「A Dream Of Sheep」から始って、途中の「Jig Of Life」など機会があれば是非^^

この曲のテーマは魔女狩り。そういえば彼女自身が魔女っぽいと思っているのは私だけではないだろう。

She is Guilty or Not Guilty?

 

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (8) | トラックバック (0)

JULIA FLORIDA(フリア・フロリーダ)

マイミクさんのところで音楽画像を見ていて、やはりクラシック音楽はいいなぁと思う今日この頃のりざふぃです^^
そちらではピアノ曲でしたが(その方はピアノ弾きなので)、こちらではいつものようにクラシックギターの曲をUPしたいと思いますhappy01

バリオスのフリア・フロリーダを。


A. Barrios-Julia Florida-D. Russel


りざふぃが奏でられるバリオスの曲の中では数少ない(?)レパートリーのひとつです(笑)
前にも書きましたが、このバリオスという方は手が大変大きかったようで、それを考えるとなるほどなぁ…あのような複雑な運指も納得!となるわけですが、私も女性の中では結構手が大きい方なので、そういう意味では彼の曲を演奏するのは比較的向いているのかもしれません。
が、やはりいざ弾くとなると、彼の曲はどれも難易度が高めで、手が大きいというだけで弾けるものではないと…自覚せざるを得ないのでした^^;

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (8) | トラックバック (1)

I Love Egg

先ずは久々にマリカネタ。
最近はマシンで遊んでいるりざふぃです(#^.^#)
昨日はこっそり“おまる”で走ってました~。回復は早いけどスピードがないので、当然レートは減少傾向にありましてsweat01
夜間レートを回復しようとひとりまったり世界戦を走るつもりが、フレンドの合流に次ぐ合流であえなくbombもうーどうでもいいやって開き直りました(◎´∀`)ノハンドルのおまるじゃ絶対フレには勝てない&気分的にムシャクシャしてたので重量級クッパでいってみました。一番重いキャラだけど使ってて気持ちがいい!走行内容及び結果はともかく、気分は爽快shineフレンドは速いし雷の多い部屋ではイマイチ“クッパ効果”発揮できなかったけど、またひとりの時使ってみようっとflairクッパの雄叫びはなかなか癖になりますhappy01ただ・・・クッパをずっとハンドルでやってるのはかなりしんどいけどね(^^;今日は指全体がかなり痛いです。


さてさて、今日はゲームネタではなく、アニメネタ。
韓国発のとってもキュートなショートアニメです^^うちの娘がカートゥーンでやってる時偶然知って、一緒に見ていた私もそれ以来すっかりファンになってしまいましたheart04

エピソードはいくつかあるのですが、マリカ話のついでにレースのエピソードがあったので載せちゃいます^^


I Love Egg - Episode 9


砂漠も海の中も走れるマシンって・・・凄いhappy01彼(彼女?タマゴに性別があるのか知りませんがw)妨害にもめげず頑張りますね(笑)いや・・・ホントマリカの妨害厨には実際めちゃアタマくるってannoy

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プロムナイト<未>(2008)

今日でチョンガーともおさらばなりざ夫です。今年は寒さや花粉の多さにも係わらず、体調も崩さず、結構有意義な一人暮らしでしたhappy01
昨年はブログ更新ほとんどしなかったしなあ・・・


「プロムナイト」 原題:「PROM NIGHT」
製作国:アメリカ/カナダ
製作:2008年 日本劇場未公開
監督:ネルソン・マコーミック
出演:ブリタニー・スノウ、スコット・ポーター他

Photo

ある高校のプロムナイト、皆がそれぞれ着飾ってイベント会場に集まる中、その高校の女学生をストーカーして精神病院に閉じ込められていた男が脱走し、密かにある目的で女学生に近づいていた。殺して完全に自分のものにするために・・・


既に、70~80年代のスラッシャー映画は、「13日の金曜日」「血のバレンタイン」がリメイク公開されたばかりで、残る主だった映画は「バーニング」と「ローズマリー」か?ってとこですかね。まあリメイク作品はいずれもオリジナルに遜色ないそこそこの出来。さてこの「プロムナイト」は・・・

※ネタバレあり

あれ?これ全然ストーリー違うじゃん!リメイクじゃなくて、タイトル頂いただけなのねsweat01
それに劇場未公開だし、あまり期待できないなあ・・・
いやー、間違ってました。そこそこいいですよコレ!
下手に犯人探しとか、どんでん返しとか面倒な事はせず、犯人の顔丸出しwそれでどこで殺そうかってとこまで見せてるんですから。
それがかえって最近では好印象で、どこで引っ掛かる?いや逃げ切るかな?なんて結構ハラハラするんですな、これが!ラストもどんでん返しなどなくあっさりジ・エンド。でも「ふざけんな、何でそんなオチなんだ!」って映画よりは、すがすがしくていいっす(◎´∀`)ノ
刑事コロンボの殺人鬼逆バージョンってとこ(例えが悪すぎかsweat01)。
「面会時間」が好きな人は、これかなり面白く見れますよ。オススメです♪
犯人のウルトラ・スーパー・ストーカーもかなり楽しませてくれますぞhappy01

"Prom Night" Movie Trailer

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (10) | トラックバック (0)

リ・ジェネシス~Re:Genesis

せっかく洗濯する気になったのに、雨だから明日でいいや・・・って考えるりざ夫です。

「Re:Genesis」製作国:カナダ
「公式HPより引用」
バイオテロ、クローン・ベビー、遺伝子組み換え食品・・・人類は、あまりに急激に、神をも弄ぶ手段を手に入れてしまった。これは、果たして人類の進歩なのかーそれとも我々がただ狂気に陥ってしまっただけなのか?最先端の科学の追求の先にあるのは、救済なのか、それとも滅亡なのか・・・。

2004年10月、カナダで放送された『Re:Genesis』は、行き過ぎたバイオテクノロジーを調査し、真実を明らかにする生化学調査班「NorBAC」(北米バイオ諮問委員会)を舞台に描いたドラマシリーズである。


今、りざ夫婦で最も愛されている?海外ドラマ。いよいよ第四シーズンに突入。視聴が待ち遠しいです(◎´∀`)ノ
りざ夫、仕事の専門は広義の化学。無機・有機問わず一通りの知識がないとできない仕事ですが、生物学の知識も必要。よってこのドラマはかなり身近なドラマなんです。現場解析・分析シーンなんて実務そのもの。
かなり専門用語が説明少なめで多く、ドラマの展開も一つの事件が解決したら、すぐに次のテーマに移行してしまうので、
「あれ?あの事件はどうなったの?」・・・などと考えていると、すぐに乗り遅れてしまいます。
そう、専門知識が若干でもあると、もっと面白くなるドラマ。りざ妻にはその都度、現象の説明しているので、かなり楽しめているようです。
またドラマなので、専門分野の話だけでなく、人間関係・個性の設定・背景がかなりしっかり練りこまれており、魅力的で、こちらもかなり楽しめるようになっています。
特に、主人公の女好き&女運の悪さとか(^-^;
今、レンタル屋では海外ドラマがかなり重宝されており、ラインナップもかなりのボリューム。その中でひっそり隅に置かれていたりしますが、見逃すのはもったいないsweat01
是非第一シーズンからじっくり視聴して頂きたいです。またそれによって、いかに日常で自分たちがウイルス、微生物の脅威にさらされているのかも実感できます。
敏感な方なら、煮沸した水でも安心して飲めなくなるかもsign02

お決まりですみませんsweat01
やっぱカナダ製。音楽いいですわーnote
ReGenesis Opening Credits

banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラサイトX(劇場未公開)

ゲーム専用TVとPCパソのモニターがそろそろ怪しくなってきて、どっちを先に購入しようか悩んでいるりざ夫です。パソは本体自体の更新が必要なんで、5月末の決算賞与次第だがTVが先かなあ・・・


パラサイトX(劇場未公開)(2007)
 原題「VIKAREN」

51b8z8tjzl_2

製作国:デンマーク
監督・脚本:オーレ・ポールネダル
出演:パプリカ・スティーン、ウルリク・トムセン他

宇宙からやってきた、戦争と侵略しか知らない謎の生命体が、漂着した土地に住む女性に寄生してある目的を果たそうとする。その目的とは”愛”を得る事であった・・・

珍しいデンマーク製のSFサスペンス?です。タイトルだけだと、観ずにスルーなんですが、何気なく手にとってしまったところ、製作・監督が何と傑作カルト映画「モルグ」のオーレ・ポールダネルではありませんか!これはスルーするわけには行きませんね。ヽ(´▽`)/
「モルグ」といえば、1994年デンマークで興行第一位に輝いた作品。この作品によって監督はハリウッドに呼ばれ「ナイトウオッチ」(「モルグ」のそのまんまリメイク)を監督、「ミミック」の製作にも携わったのですが・・・その後は行方不明(爆)。勿論知名度なんて今では無いも同然。新作がひっそりとDVDでリリースされたってわけですな。

※ネタバレあり

これ、判断が難しいのですが、青春コメディーでしょう。オープニングからして地球への着地点が養鶏場の一羽のニワトリ。よって地球での主食はニワトリw。そこの一人の農婦に寄生し、宇宙人特有?の能力を使って、小学生の女教師として赴任し、小学生を傘下に引き入れ、”愛を手にいれ、地球を侵略”しようとする。しかし、一人の生徒が、教師の挙動に不振を抱き正体を暴こうとする・・・。つまり小学生の視点から描かれているので、非常にほのぼのとしたタッチ。ジャケットのようなモンスターは、教師が一人の生徒をちょっと脅すだけのワンシーンしかでてきません。これこそ誇大広告ですな(笑)。
女教師の活躍も地味なもんで、「あんた!どうやって愛を得て侵略しようとしてんの?」とツッコミたくなるくらい。疑惑を抱いた生徒が、仲間達と女教師宅に侵入し、不審な点を捜索するあたり、日本じゃ知名度がない役者ばかりなので、誰が死ぬか予想がつかず、結構サスペンス的には盛り上がりますが、やっぱ子供は殺してはいけないのね、万国共通。女教師に「寂しいだろ、俺が欲しくないか?」って言い寄るスケベ心抱いたスクールバスの運転手が「そう、欲しいわ」と言われ、手のひらサイズに縮小されて喰われるあたりが唯一の残酷模写か(爆)。
”愛”を教育?してもらうため、不審を抱いた生徒の父親に近づくあたりのやりとりも、一歩間違えばスラップスティックコメディー。最後、お決まりに退治されるのですが、「貴方の父親は食べなかったでしょ?」って・・・説得の言葉になるんかい!って思う当たりで、監督の意中にはまってるんですねw。
ラストのナレーターの台詞も「おい!ちょっと待った!」で終わります(爆)。

デンマーク製SF青春喜劇として割り切ってみれば、かなり楽しめる作品でオススメです♪レンタル屋から消えたら、二度と日の目を見なくなるかもしれない作品ですので、観るなら今です(゚ー゚)


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじさん頑張る⑤~Therapy?

そろそろチョンガーも中日、掃除・選択をやらないといけないなあ・・・と考えているだけのりざ夫です。

さて今日紹介するのは、アイルランド影の大物「Therapy?」です。
紹介文はこちらTherapy?

デビュー当時は、アイルランドという独特の暗さ?のせいか、キリング・ジョーク等ポスト・パンクの影響を受けたバンドって印象でしたが、ノイジーなハードポップロックを前面に打ち出してからが快調。初期はトリオですが、とにかくパワフルで疲れを知らない演奏、まさに爽快です。
幾度のメンバーチェンジはありますが、曲を聴けば”おお!Therapy?だ”。未だに健在です。

初来日公演を観に行きましたが、とにかくアクティブ、観客の方が疲れてたのではw自分は踊らないで、じっくり観る・聴く方ですんで、両方見てて楽しかった印象が残ってますヽ(´▽`)/
メタルやパンク系のバンドと構わずツアーする彼ら。ロックのジャンルにこだわっている人たち、一度彼らのアルバムを通して聴いてみて下さい。


初期の代表曲。ちょっとさえない感じがするのはPAのせい?
それともTV出演で緊張してる?
Therapy?-SCREAMAGER


元スジバンのGが加入した頃の曲、より音に重厚さがでました。
ポップさと、音のおふざけがいい感じ。
Therapy? - Church Of Noise


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »