« パルティアシチー応援に行ってきました | トップページ | 明けましておめでとうございます »

パンズ・ラビリンス

どう森通信のおかげで、かなりたくさんの映画鑑賞ができたりざ夫です。
他人の通信(妻ですがw)観てても退屈なんだよなあw

さて、今年観たかった映画の1本「パンズ・ラビリンス」を紹介します。

519ibrfruml__ss500_

俺の贔屓のスペイン映画。「ミミック」「デビルズ・バッグボーン」など趣味(俺のw)な映画を撮っている、ギレルモ・デル・トロ監督の作品です。有名なのは「ヘル・ボーイ」ですが、やっぱり本骨頂はこの手の作品。今回も期待を裏切りませんでした♪

ジャンルはダークファンタジーとなってますが、ストーリーはスペイン内戦時の愛憎劇。とにかく徹底して現実世界の悲惨さが描かれています。これ童話として子供には絶対見せてはいけません!
とにかく、この愛憎劇が酷い。冷酷で残忍なレジスタンス討伐隊の義父の存在感、言いなりになるしかない母、その悲惨な出産シーン等、かなり残酷な話が丹念に描かれて続くなか、空想好きの少女:フェリアは現実世界から逃避し、森の中の不思議な世界へ引きずり込まれていく・・・
悲惨な現実の合間、「パンの牧神」を中心とした、ファンタジーが繰り広げられるのですが、その映像は素晴らしい!ギャップが激しいので、ひときわ際立ちます。一見の価値あり。
その不思議な世界が空想なのか、はたまた現実なのか?まあ想定通りだろうなあって思いながら、ラストでのどんでん返しを期待するのですが・・・後は見てのお楽しみ。残酷orハッピーエンディング?

さて、映画を観る前に、「パンの牧神」について予備知識があると、より面白く見れます。
「パーン(ギリシア神話」
まあ、もともと”神”って呼ばれるものは、結構陰惨な逸話が多いのですが、このパンの牧神もそう。
自分は、実は中学生の頃、「怪奇クラブ」(Aマッケン著書:創元推理社)で初めてこの神の事を知ったので、”=邪神”ってイメージしかありませんでした。興味を持たれた方、是非一読を。
「パンの大神」


Aigafuru_banner
   
  
↑映画の支援・ご協力をよろしくお願いしますshine


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« パルティアシチー応援に行ってきました | トップページ | 明けましておめでとうございます »

映画/ハ行」カテゴリの記事

コメント

色んなヒトから勧められ、観よう、観ようと思いつつ、未だ未見ですww

なんだかんだ言ってデルトモの作品は『ミミック』くらいしか観てないなぁ…

投稿: Alan・smithee | 2008/12/30 23:37

最初、
パンの大神の映画化だと思ってました。


確か高橋洋/映画美学校関係で、
映像化の企てがありました。

投稿: tue | 2008/12/31 02:54

>Alan・smitheeさん
毎度どうもー。
へー、まだ未見ですか?是非ご覧になって下さい。
「ミミック」のような快作ではないですが、
独特のワールドは十分堪能できますよ♪

投稿: りざ夫@今回はメジャー | 2008/12/31 03:54

>tueさん
毎度です。
ほう、さすがAマッケンの「怪奇クラブ」ご存知のようで。
この本は俺は好きですねー。ブラックウッドやMRジェームズなんかも好みです。
ラヴクラフトは別格としてね。

へえ、日本で映像化の企画があったんですか?
日本では神の扱いが異なるので、脚本が難しいでしょうね。
また面白い情報があったら、教えて下さい。

投稿: りざ夫@さすがマニアック | 2008/12/31 04:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/43574310

この記事へのトラックバック一覧です: パンズ・ラビリンス:

« パルティアシチー応援に行ってきました | トップページ | 明けましておめでとうございます »