« 映画が先か、原作が先か | トップページ | デス・プルーフ in グラインドハウス »

双葉十三郎さんの映画評

明日からはまた平常の生活に戻れそうです。
朝の早起きは辛いものがあります…特に私のような「夜型人間」にとってはsweat01
明日からはまたちょっと遅くなるので、5時半起きはしなくてもすみそうscissors嬉しい~
なんて言ってると、つい夜更かししてしまいそうですが。

ところで、今日のネタは何にも考えてなかった。
何せ今日1日は昨日書いた「血と暴力の国」を読んでいるか、GB(ゲームボーイアドバンス)のポケモン『リーフグリーン』をやっているかのどっちかだったので(笑)
(すなっち~ここ読んでる~?ありがとねnote
バッジも5つ集まったわ・・・なんとかshine

はっsign02
またゲームの話に脱線してしまいそうになってしまいました。つい・・・

ゲームの話でもよかったし、面倒くさいからまたまた感想ブログにしようかと思っていたところ…

家に「外国映画25年みてある記」という古い本がありまして。

200803071158000
   
 
     
   


      
 
 
著者は映画ファンならご存知かもしれませんが、双葉十三郎さんです。

映画誌スクリーン内の〈ぼくの採点表〉でお馴染みだった映画評論家の方です。
(調べてみたら双葉さんは1910年生まれなので、御年97歳(!)でしょうかsign03

彼が観た映画は生涯で2万本(!)は超えているらしい。

年齢もそうですが、観た映画の数も半端じゃありませんね。ただただ「凄い」のひとことです。

私は履歴にこそ載ってないのですが、一応1000は超えてると自負していますsun
そりゃ~いろんなジャンルやB級、C級、Z級(?)が入っての数だけど(笑)
どちらにしても威張っていう程のことじゃありませんねsweat01

ちなみにぶぅ。彼は私よりずっと多くて…3000本くらい?
実際数えたことないですが、かなりの数観ているのは間違いないです。
ここでは殆ど書いたことないけど(^^;
(時々はここに感想等書いてくれりゃあいいのにねannoyぷんぷん)

さて、この本の中身ですが・・・

1952年度から1976年度までの25年間に渡り、双葉さんご自身がスクリーン誌内に於いて書き綴った映画の短評を、1冊の本にまとめたものです。

採点方式は☆がひとつ20点、★はひとつ5点となっていて、それぞれの映画作品に双葉さんの独断と偏見(?)で採点がなされています。

しかも点数によってそれぞれ意味があるようで…

例えば、

☆☆☆☆以上 断然よろし

☆☆☆★★★ 上出来の部類

☆☆☆★★
☆☆☆★    見てもいい

☆☆☆     平凡な出来ばえ

☆☆★★★  水準以下だが多少の興味

☆☆★★以下 篤志家はどうぞ

というものです。

↑のことから、要は私が思うに☆☆☆っていうのが(あくまでも双葉さんご自身の評ではありますが)ある意味で"平凡=ひょっとしたらこれらの評価の中では一番つまらない作品"と解釈してます(笑)

映画は万人が楽しめるものかもしれないけれど、作品の好みは十人十色です。

たとえ映画評を書くプロの方が褒めちぎっていたとしても、自分が好きになるかどうかは、実際は観てみるまで分かりませんよね。
年代や感性は人それぞれですから。

そういうことを踏まえて・・・

この本は映画云々に関わらずなかなか面白いですheart04ちなみに↑の写真はアメリカ編。もう1冊ヨーロッパ編もあります。

殆どは☆☆☆~☆☆☆★★★(60点から75点)で評価されていて、時々80点、85点が出てくるくらい・・・
ごく稀に、90点(!)があったり。
その90点がここでは最高評価です。

その90点の作品は・・・気になりますか?happy01

  


Aigafuru_banner
   
  
↑みなさま、ご協力をよろしくお願いしますshine


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« 映画が先か、原作が先か | トップページ | デス・プルーフ in グラインドハウス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あはははhappy01
なるほどね~~~★

とーってもよく分った!(笑)

それに~映画1000本とは凄い!
ぶぅさんも3000本とは、これまた凄い!

その双葉さんの2万本というのは・・よく数えられたよね(笑)ドテッdash

早起き、辛いよね。。。けど頑張ろうrock

投稿: ことめ | 2008/04/11 15:33

>ことめたん

こんにちは~sun

本当に早起きってこんなに辛いものだったとは(^^;
今日はちょっと遅起きだったので、楽チンでした~
でも娘が中学生とか高校生になったら、本当に大変だろうなぁって思いますcoldsweats02

ことめたんは仕事して、息子ら育てて・・・絵も描いて・・・って、両立しててエライなぁって思います。
本当に心から尊敬しちゃうscissors

↑の1000本及び3000本は、「何?それ…映画なの?」って言われるような作品も含めて~です(笑)
いや、本当に。
特にホラー関係は映像からして「この映画観ていいのかなぁ…※ヤバそう」ってなる作品でも平気でDVD化されていることありますので(^^;

※この場合の「ヤバイ」は、怖くてヤバイのではなく、画像・画質がヤバイ…役者の演技がヤバイという意味です(爆)

だから本数だけ(!?)は、結構な数いっちゃってるんだと思います~

それにしても…
双葉さんがまだご存命だったとは!
観た数より、実はそっちでかなりビックリだったかもです(^^;
いえいえ。元気なのはいいことですheart01

投稿: りざふぃ | 2008/04/11 17:46

「ぼくの採点表」かぁ・・・記憶にあるなぁsweat01
この方が書いていたとは、すっかり忘却の彼方ですわw
私も映画評なんて感性の問題やから、ちらっと参考にする程度です。
私の映画鑑賞歴は、40年以上になるけど、一体何本観たんやろ? ちと数えられんけど・・・・
でも、これから観たい映画は、まだ3千本ほどあるのは確かです(爆)

投稿: けろこ | 2008/04/11 21:24

>けろこたま

こんばんは~^^
双葉さんの本もかなり年季が入ってしまってますが、年代別になってて分かりやすいですheart01
アメリカ編とヨーロッパ編を比べると、平均的にはヨーロッパ編の方が評価が高くなっている気がします。

↑には書かなかったのですが、双葉さん自身評価が高い90点をつけている映画は、「恐怖の報酬」「野いちご」「ザッツ・エンタテイメント」などなど。
え!?これで75点なの?という映画もあるので好みとかいろいろあると思います。

そうですよねぇ。
けろこたまがおっしゃるように、ホント個人の感性の問題なので、私も参考にさせてもらってる程度です(^^)v

でも特にヨーロッパ編の古い映画は…
今じゃ観る機会が全くなさそうな(どこかでビデオなりDVDで発売されていない限り)作品が結構あるので興味は尽きません~

けろこたまも3000本くらいいってるのではないでしょうか?happy01

私自身も生涯に2万本・・・は、恐らく無理と思いますが(^^;あと3000本位は映画観れたらいいなぁって思います(笑)

投稿: りざふぃ | 2008/04/12 20:04

そんなことより、マリオカートWiiだよ!
ちなみに、ポケモンは491匹捕獲しました(^^)v

投稿: すなっち | 2008/04/14 00:19

>すなっち

遅レスごめ~んsweat01
マリカWiiって人気あるんだねぇ~
某レンタル屋のゲームコーナーにはあったけど、昨日某近所のニンテンドーゲーム取り扱い店に行ったら売り切れてた…
あのハンドルも!

リーフグリーンはほぼ私しかやってません(^^;
今チャンピオンロードの手前まできましたheart04
けど四天王とかと戦うにはレヴェルが低そうなので、頑張ってレベルUPしてる真っ最中ですっ。

そそ。Wiiはお陰様でやっとネット環境になり(笑)ポケモン牧場はとりあえず始めましたよんscissors

投稿: りざふぃ | 2008/04/16 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/40842599

この記事へのトラックバック一覧です: 双葉十三郎さんの映画評:

« 映画が先か、原作が先か | トップページ | デス・プルーフ in グラインドハウス »