« 'Round About Midnight/J・レンボーン&S・グロスマン | トップページ | 双葉十三郎さんの映画評 »

映画が先か、原作が先か

娘の春休みに実家に帰省中、ひとりでのんびり近所の映画館に行くつもりでしたが、そこで上映されていた映画は個人的に食指が動かない映画ばかりだったので観るのは止めに。
娘は私の両親と一緒に「犬と私の10の約束」を観に行ってました。
私もまぁ観てもいいかなって思ったんだけれど(観てないから何とも言えないけれど…いかにも泣いちゃいそうな感じの作りは苦手なりざふぃです^^;特に子どもと動物が絡む映画は)、要は特にウチの父が可愛い孫娘と一緒に行きたいんだなと思ったので、仲を邪魔しては・・・と思い、私はくっついてはいかなかったのでした(笑)

そこはちょっとしたショッピング街になっていてひと通りお店があります。
映画館の他には、ホームセンター、ニトリ、スーパー、本屋、靴屋、雑貨屋etc
ウインドウショッピングして娘の文房具などを買って本屋も覗きに行きました。

で、いつも真っ先に向かうコーナーは海外文庫の置いてある棚。
正直なところ、ここは田舎だし…駅の側って訳でもないし…好きな類の本は置いていないんじゃないかなぁ…と思っていたら、何とsign02
Amazonで買おうかどうしようかで悩んでいた本が数冊置いてあるではないですかnote

バラード、スタージョン、シモンズetc
悩んだ挙句D・M・ディヴァインの「悪魔はすぐそこに」とコーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」の2冊を購入しました。
2008年度版「このミス」でも紹介されていた本です。

「血と暴力の国」は映画が好きな方にはお馴染みかもしれませんが、今年の米国アカデミーで作品賞を始め4冠に輝いたコーエン兄弟監督作品ノーカントリーの原作です。

他の本を読み終えたばかりで、実は昨日からこの本を読み始めたばかりですが、未だ映画を観てからがいいのかどうかで悩んでいる真っ最中です。
今ならまだ映画も間に合うなぁ…さてさて…どうしようかなthink


Aigafuru_banner
   
  
↑みなさま、ご協力をよろしくお願いしますshine


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« 'Round About Midnight/J・レンボーン&S・グロスマン | トップページ | 双葉十三郎さんの映画評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「犬と私の10の約束」は、どうだった?
観たいんだけど、映画館で泣くのって、苦手なんだよねぇ。
動物物は、ホンマ、苦手だよね。絶対、泣くもんcoldsweats02

ワタスは、基本的に原作が先かなぁ。
映画が先の場合、素晴らしいあがりの作品は、原作は必ず読む。

ところで、話は変わるけど、
りざふぃって落語は聴かんのん?
絶対に、ハマると思うんやが・・・。

余り聴かんのなら、お薦めがあるから、一度、ぜひ聴いてみてよ。
下手な落語はアカンよ。
ワタポのお薦めだけな(笑)

投稿: たんぽ子 | 2008/04/09 16:35

原作読んで映画を観ると、がっかりする事が多くて。
文字から拡がる想像の翼は、自分だけの物だから。

映画も原作も、違うけれどまたよし、ってのが一番理想的だね。

投稿: すみれ子 | 2008/04/09 16:49

>たんぽ子たま

こんにちは~sun
「犬と私の10の約束」は動物ものだから辛い話になるやろなぁ・・・と思い、私はパスでしたが、母の話では全体的には「まぁまぁ」とひとこと(^^;
ラストはちょいとほろりときてしまったみたいです。

以前スピルバーグの「A.I」でぼろ泣きした娘も、ちょっぴり涙が出たって言ってました。

さてどんな映画だったのでしょ?(^^;(これじゃ感想になってませんね(汗))
ただ父も母も揃って、子役がすごく上手かったって言ってましたよんscissors

落語!!
実はちょっと興味はあるんですよ~
どこから手をつけていいのか分かりませんがsweat01

ちなみに「笑点」は好きな番組です(笑)
私は素人なのでよく分かりませんが、落語の…例えばお笑いは、映画でいうところのチャップリンみたいな位置づけなのかなぁ・・・と思っちゃってます(^^;
オススメ落語是非教えて下さいheart01

たんぽ子たまは、原作派ですか!
なるほど~
この原作の映画はコーエン兄弟の作品なので、観てないけれどたぶん私のツボにハマリそうな気がするんですよねぇ…

よし!決めたpaper原作から読もう(笑)

アドバイス有難うございます~


>すみれ子たま

丁度レスしているところにすみれ子たま発見(笑)
コメントどうもです~(^^)

なるほど、なるほど。
そうですよねぇ。
原作を超えるような映画って意外と少ないですよねconfident

2時間前後の枠の中に数百ページに及ぶような作品をひとつの作品に仕上げるっていうのは本当に困難なことなのかもしれませんね…

本当に脚本家ってつくづく大変な仕事だなぁと思います。coldsweats01

>映画も原作も、違うけれどまたよし、ってのが一番理想的だね。

そうですね~うんうん。それってアリですねheart04

原作は素晴らしい。で、映画もまた違った魅力がある。
そんな作品はいいですね(^^)note

投稿: りざふぃ | 2008/04/09 17:14

映画からが無難だけどおもいますが、
落ちが凄い話だと、どっちとも言えませんね。

中には原作無視で面白い作品もありますし。


落語はかなり何でもありですよ。
この人とか。
http://kairakuteiblack.blog19.fc2.com/
道具屋の掴みなど、
日本人である事を実感させてくれます。

万人に御勧めするのは桂枝雀さんですかね?
人間国宝米朝が一門を任せようとまで惚れ込んだ天才です。

残念ながら自殺してしまわれましたが。

現役の名人は柳家小三治かな?
兄弟子の立川談志はちゃんと高座を聴いた事無いので保留。
あとこれも故人ですが、二人と同世代の古今亭志ん朝。
この人もすこぶる巧いです。

投稿: tue | 2008/04/10 07:01

ぼくは「ノーカントリー」より「血と暴力の国」を先に読んでしまいました。
映画鑑賞後、映画でよくわからないところを原作で補完するようにしたほうがよかったかな、とちょっと後悔しました

投稿: しせる | 2008/04/10 09:06

何はともあれ、良い春休みでしたね。lovely

あまり映画は観ないけど、その中でも原作と映画が一致した時はうれしいです。

投稿: かじゅーん | 2008/04/10 13:53

こんにちは~rain今日は雨だわん><

>tueたま

落語は何でもアリなの?と思い↑チェックしたら…
なるほど、そういうことですか(笑)
この方は2代目なんですね。で、当然の如く私は1代目も知らないわけですが、調べたら1代目は明治・大正に活躍したって書いてある・・・^^;

談志師匠は落語を知っているというよりキャラを知ってるっていうかテレビで見かけるなぁ位で(笑)
小三治さんは名前だけは知ってる…ホント知識がなくて落語の話題には突っ込めません(^^;ポリポリ
でもいろいろ情報ありがとですnote

映画からが無難でしょうかしらねぇ…やっぱり。
私も大抵のものは映画からで、例えばキングなんて映画化が沢山ありすぎるけど、有名どころは殆ど映画からかも。
「It」はどっちが先だったかなぁ…(忘)
最初はキングの名前ではなかったですが「痩せゆく男」は原作からだったな。
あとはクーンツの「ファントム」とか。これも原作から。(実際これは映画観て出来がイマイチだったのでcryingってなってしまいましたが)


>しせるたま

ようこそ~(^^)初コメントありがとですnote
なるほど。しせるさんは「血と暴力の国」を読んだのですね!
私も半分くらい読んでしまいました…
どうやら原作が先になってしまいそうです(笑)
アドバイス有難うございますhappy01

個人的に、コーエン兄弟の映画のテイストっていうのか…は好みなので、恐らくこの映画も自分的には「アタリ」ではないか?と勝手にそー思い込んでます(^^;

勿論全作品観たわけじゃないんですが「ファーゴ」は高く評価していい作品だと思ってるし、好きな映画だし、「バートン・フィンク」は勿論「バーバー」は地味な映画だと思うけど見せ所のツボはきっちり押さえているなって作りでよかったしetc

まぁ実際観てみるまでどうなのか分からないですけれどもconfident
どちらにしても今日明日中には原作読み終わっちゃいそうです・・・sweat01


>かじゅーんたま

なるほど、なるほどeye
かじゅたまは、原作と映画が一致すると嬉しいのね(^^)
そういう映画って意外と少ないんじゃないかなぁって思ってしまうのは、私だけ?
というかそういうの観た(読んだ)ことないかも…しれない(汗)
そんなに映画の原作を読んでいるか?と聞かれて、実際には映画の原作ばかり読んでいるわけではないので当然なのかもしれないですね(^^;

原作と解釈が違っていても素晴らしいものは素晴らしいですよね!活字と映像には、それぞれの良さがあるんですもんね(^-^)

投稿: りざふぃ | 2008/04/10 18:05

経験からいくと、原作と映画は、別物と思ってたほうがええみたいやねw
映画は、それこそ脚本家の腕の見せ所ですがなw
ね?ザッパたんw
「犬と私の10の約束」は、私も泣きそうなので、観にいくつもり無いですw

投稿: けろこ | 2008/04/11 21:29

>けろこたま

そうですねぇ…原作と映画。やはり別と考えた方が失敗なくていいのかな?

>映画は、それこそ脚本家の腕の見せ所ですがなw

あははは(^0^)
ホントそうかもしれませんねっ。
「これっていい映画なのになぁ…惜しいなぁ」って感じるときは、大概脚本で引っかかっているのかもしれません(?)
脚本家っていうのは本当に大変な仕事だわ・・・weep

私も動物ものと、子どもが出てくるのは…それだけで泣いちゃいそうになるので(笑)映画館では・・・パスかな?やっぱり(爆)

そういや映画館で号泣した映画って…なんかあったやろか?(^^;

思い出すところでは「ライフ・イズ・ビューティフル」なんて…分かっていたのに(?)結構号泣(笑)

投稿: りざふぃ | 2008/04/12 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/40824536

この記事へのトラックバック一覧です: 映画が先か、原作が先か:

« 'Round About Midnight/J・レンボーン&S・グロスマン | トップページ | 双葉十三郎さんの映画評 »