« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | 今日は疲れたから手短に書こう »

ザ・ドライバー

Driver THE DRIVER

【1978年製作 アメリカ】( 91min )
監督:ウォルター・ヒル
出演:ライアン・オニール、イザベル・アジャーニ、ブルース・ダーン

 

この映画の見所は勿論「ザ・ドライバー」のタイトルそのままの見事なカーチェイスのシーン。

映画が始まって直ぐからいきなり冒頭から息を呑む展開。
犯罪者の逃亡を助ける"ドライバー"(R・オニール)が警察との間で繰り広げるカーチェイスはとにかくド迫力モノだ。観ながら開いた口が塞がらなかった(笑)

この"ドライバー"(この映画の登場人物は役名がない・・・)。見かけは、賑やかな場所よりは静かな場所を好むだろう・・・至って普通の好青年といった印象。ところが車のハンドルを握らせたら右に出るものはいないとばかりに、数々の警察の捜査網を潜り抜け、結果警察からは目の敵にされている。

ところが、この冒頭のシーンで逃げる際に、とあるひとりの女に目撃されていて…
彼女の名は"プレイヤー"(I・アジャーニ)

何故か彼女は"ドライバー"の顔を見るなり「ちがう」とあっさり否定する。
何のために?彼女の目的は?

(ここでは伏せておきますね)

この映画は、登場する人物の性格描写の対比がなかなか面白い。
“ドライバー”を軸にして、彼を執拗に追いかける刑事と、“ドライバー”をかばう“プレイヤー”。

ブルース・ダーン扮する刑事の<憎らしい>こと!
イヤな奴…多分(笑)
警官だろうが何だろうが、人として好きなタイプでは、ない(きっぱり)

一方の“プレイヤー”に扮するイザベル・アジャーニが、とってもミステリアスな美女で、彼女の大ファンである私は、彼女の姿を観るだけで嬉しくなってしまう(笑)クールな眼差し最高~

途中とある強盗団にドライバーとしての資質を疑われた“ドライバー”が、車のパーツ(ドアとかミラーとかetc)を、次から次へとひとつひとつ、運転しながら(!)狙って外していくシーンは圧巻!


Aigafuru_banner
   
  
↑みなさま、ご協力をよろしくお願いしますshine


banner_03
  

↑ランキングに参加していますnote

|

« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | 今日は疲れたから手短に書こう »

映画/サ行」カテゴリの記事

コメント

ザ・ドライバーは、まだ未見ですわdash
I・アジャーニは、私とそう変わらん歳なのに、いつまでも綺麗で、驚異的な若さを保ってる・・・
同じ女なのに、どうしてこうも違うsad
比べるほうが間違ってるってか?(爆)
アメリカ映画にも、たまに仏女優さんでてるね。
【天使とデート】のエマニュエル・ベアール(可愛い系)も、アジャーニ(美人系)よりは、10ほど若いけど、今でも30そこそこ?ってくらい可愛いよ。
アングロサクソンやゲルマン系の女優は、クドい顔で、老け方が激しいけど、フランスってラテン系のせいか、老けなくて、いつまでも若々しい女優さんが多い気がする。
I・アジャーニが出てるなら、見てみましょうw

投稿: けろこ | 2008/04/23 09:08

>けろこたま

実は私も何を隠そうず~っと未見でしたsweat01
正確に言うと「最後まで観ていなかった」(゚O゚;アッ!
今回で3回目!3度目の正直です(笑)
実はこういう映画が他にもいくつかあってsweat01

イザベル・アジャーニはホ~ント綺麗でした~
アデルから間もない頃なのでまだスッゴイ若い頃ですが、若いながらも妙に存在感があって、スケールの大きさはこのころから確かにあったのだとscissors

この映画を観た後に「ボン・ヴォヤージュ」を観たのですが、この時47?8歳???

ハッキリ言ってここまでくると彼女はやはり妖怪か魔女じゃないかと(^^;

投稿: りざふぃ | 2008/04/23 13:28

り、りざふぃさん・・・。
『デス・プルーフ』のコメントのお礼に伺ったら、ぶったまげました。
何を隠そう、さっきうちでも『ザ・ドライバー』UPしたんですよ!
あまりに凄まじい偶然・・・。

この映画、ブルース・ダーンを刑事の方にしたのが正解でしたね。
彼とライアン・オニールの役が逆だと、もっと平凡な映画になっていたと思います。

そして、イザベル・アジャーニ!出てきただけで怪しい(笑)

カーチェイスももちろん見事でしたね。

TBさせていただきました。

投稿: micchii | 2008/04/23 17:06

>micchiiたま

度々~sun
TBも有難うございました~!

えっsign02
なんとまぁ…奇遇というか、先日のOasisといい・・・ホント偶然も重なるとスゴイですよね(^^;
というか、今公開中とか最近の映画ならいざ知らず、「ザ・ドライバー」で、ですよ!
私もビックリしました(笑)私かmicchiiさんがひょっとして…エスパー?(爆)

ライアン・オニールっていえば、娘のテータムと共演していた「ペーパームーン」とか「ある愛の詩」などを私も思い浮かべます(^^)

ブルース・ダーンは刑事の役がピッタリでしたね!
勿論イザベル・アジャーニのミステリアスで表情を殆ど変えない演技も良かったですheart01

micchiiさんがおっしゃるようにオニールとダーンが逆だと…ね。なるほど~

カーチェイスのシーンは冒頭も後半も言うことなしですね!

投稿: りざふぃ | 2008/04/23 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/40949138

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ドライバー:

» 『ザ・ドライバー』(1978/ウォルター・ヒル) [愛すべき映画たち]
「仲良くしよう、ここはお前の友達に聞いた」 「友達はない」 「悲しい歌は今年は流行しないぞ」 今回は、男ならこれを観ろ!から、ウォル... [続きを読む]

受信: 2008/04/23 17:02

« デス・プルーフ in グラインドハウス | トップページ | 今日は疲れたから手短に書こう »