« バベル | トップページ | チャイナ・シンドローム »

バッハのプレリュード

大好きなクロアチア出身の女性ギタリストAna Vidovicの演奏をパソで聴いてて、ふとYouTubeにも映像がないかなぁと思って調べたんだけど・・・この曲を弾く彼女の映像は残念ながら見つからなかったsweat02
(もし見つけた方いらっしゃったらコメント下さいheart01

バッハのプレリュード ホ長調 BMV 1006a

バッハの曲はクラシックギターのも結構あるんですよね(^^)
(かなり難しい曲が多いけどwobbly

で、↑の曲もかなり難しい・・・と思う。知らん・・・弾いたことないし。その前に楽譜持ってないし(苦笑)。

彼女自身何かのインタビューで 「Bach is probably my favorite.」 と言ってたので、当然といえば当然なのかもしれませんがhappy01AnaのCDの演奏は本当に素晴らしいです♪

その代わりと言っては何ですが・・・2台のギターでこの曲を演奏している映像を見つけたのでUPしてみます(^^)

J.S.Bach - Lute Suite No 4, Prelude, BWV 1006

演奏しているのは、日本のクラシックギタリスト 福田進一さんと・・・左隣は最初誰だろう・・・thinkと実は思ってたんですが、この映像のコメント欄をじっくり読んでいて判明しました。ギタリストの渡辺香津美さんでした(失礼)
私の中では少なくとも10年以上お顔を見てなかったんで・・・最初誰だか分かりませんでしたsweat01

ちなみに右はクラシックギター。左はスティール弦のアコースティックギターです。

ここのコメント欄をザ~っと読んでいくと・・・
福田さんは誉められて・・・どっちかっていうと渡辺さんが貶されてる印象がありますが、私はナイロンでもスティールでもギターの音色は両方とも好きなんで、違和感とか別になかったし気にならなかった・・・
それに渡辺さんはクラシックの人じゃないし。


banner_03
  

↑ランキングに参加しています よろしければお願いします

|

« バベル | トップページ | チャイナ・シンドローム »

音楽/クラシックギター」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしいながら、はじめて聴きました(汗)。
よう、あんなに起用に指が動くよな~(感心)。
以上、楽譜も読めぬ(苦笑)”もつ”でした~(汗)。

投稿: もつ | 2008/02/16 23:48

>もつたま

おはよう~コメントありがとう(^^)note
ギターのこと書くとただでさえ少ないコメントが更に(苦笑)。

バッハは有名な作曲家ですが、↑の曲はバッハのBWVと言ってバッハの作品の所謂目録みたいなもので↑のは1006とあるようにその数は膨大(!)なので聴いたことがなくても勿論当たり前なんですよん(^^)

バッハは好きな作曲家のひとりです・・・といいながら私だって大して数は聴いてない(滝汗)

↑の曲。2台のギター。特にスティール弦が入ると感じが変わるような気がします。渡辺さんはジャズ畑の人だからそういう意味でもなかなかユニークな試みだったんじゃないかなと思いますhappy01

ちなみにアナさんの弾くこの曲って・・・テンポがもう少し速いです(笑)↑でも十分だと思うのに…もう人間技じゃなく神業かとsweat01

でもめっちゃ美人なんで今度画像UPしてみます(笑)

投稿: りざふぃ | 2008/02/18 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/40137994

この記事へのトラックバック一覧です: バッハのプレリュード:

« バベル | トップページ | チャイナ・シンドローム »