« 今週は3頭 | トップページ | 今日は今から »

レディ・イン・ザ・ウォーター

Lady_in_the_water LADY IN THE WATER

【2006年製作 アメリカ】( 119min )

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード

シャマラン監督はある意味とても気の毒な監督かもしれないなぁ…
いつも彼は新しい映画を撮る度に「シックス・センス」が比較対照として挙げられるから…
いい加減みな「シックス・センス」とは切り離して・・・と個人的にはそう思っているんだけれど、やっぱりそれは無理なんだろうか?

ファンタジー。
おとぎ話は子供の頃から好きなジャンルに入る。
私自身物心ついた時一番最初に映画館で観た洋画も「おとぎ話」チックな映画だったと思う。
蝶のような羽が生えた妖精がたくさん出てくる映画。
この「レディ・イン・ザ・ウォーター」はそういう古典的なおとぎ話がモチーフになって作られた作品。

人間界にとある目的を果たすために“ブルーワールド”から…やってきたナーフという水の妖精(B・ダラス・ハワード)が再び元の世界に帰っていくまでのお話なのだけれど、彼女が帰るまでのさまざまな問題を解決していくのが、アパートの管理人クリーブランド(P・ジアマッティ)。

ちょっとだけ残念に思ったのは、この作品を無理やり2時間の短い枠に押し込めた感じがするんですよね。
なんとなく観ていていっぱい、いっぱいになるの。
いや…これ以上説明を増やしたりすると逆にいやらしくなってしまうかもしれないかもなぁ。
でも一度にあれもこれもはちょっと欲張り過ぎな感じもするんですよね。
例えばTVシリーズモノみたいな感じで何話かに分けてやったらもっといい作品になったんではないかなって気がするんです。
もう1回観たらまた違った感想になるかもしれないけど。

ただ個人的にシャマラン監督の作品の中で実はこの映画は「シックス・センス」より好きな映画かもしれない。
それだけは断言できる。
デキがいい悪いは別にしてね。

「サイン」では宇宙人が出てくるお話だったけど…。
この時も自分の感想を後から読み返すと…「まさか本当に宇宙人出しちゃうなんて驚き」だった(笑)
当たり前のことを当たり前に撮るっていうのは逆にとても難しいことなんじゃないかなって気がするんですよね。
敢えてみんながタブーとしている事をワザと楽しんで作っているような感じ。

そこが監督の“非凡さ”を感じるところです。

話の筋には関係ないけど冒頭で管理人のクリーブランドがアパートの住人から虫の退治依頼されてるシーン。
思いっきり笑ったのだけれど、なんとなく「アニーホール」(W・アレン監督。D・キートン)を思い出しました。(確か「アニーホール」だったよなぁ…昔に観たんで定かじゃないんだけれど^^;)
D・キートンがW・アレンを呼びつけてバスルームにいる巨大蜘蛛を取ってもらう云々のお話。

ひょっとしたら「アニーホール」とは何にも関係ないと思いますけどね(笑)
でもシャマランさんって結構映画は観ていて、それでいて根っからの映画人なんだろうなぁっていうのは思いますよ。



banner_03
  

↑ランキングに参加しています よろしければお願いします♪

|

« 今週は3頭 | トップページ | 今日は今から »

映画/ラ行」カテゴリの記事

コメント

この映画は、観ようと目をつけてる映画でしたが・・・
シャマラン監督というと、あのシックスセンスが一番だ。
他の作品は・・・・・・・・残念ながら、あまり良い評判は聞きませんねぇ。
まぁ、ファンタジー物は、嫌いではないので、やっぱり一度見ておこうw

投稿: けろこ | 2007/07/03 11:45

>けろこたま

やっぱシャマランといえば「シックスセンス」になっちゃうんでしょうねぇ。衝撃度からいえばやっぱ彼の作品の中では1番かな~
意外と私「ヴィレッジ」とか「サイン」も嫌いじゃないです^^;;
「レディ~」はどうなのかなぁ…
だめな人はやっぱだめかもしれません…
ちょっとごちゃごちゃしてて分かりづらいところもあるにはあるんです。2回は観るのをオススメします^^
「ヴィレッジ」に盲目の役で出ていたR・ハワードの娘さんが今回もいい味出してます(^-^)ニンフェットな感じが◎。ラストの終わり方もクドくなくて私はいいと思いました~けろこたまも観たら是非感想お聞かせくださいませ(^-^)v

投稿: りざふぃ | 2007/07/03 18:45

こんにちは

だいぶご無沙汰しておりました
この作品は劇場で観て、現実離れしている気がしたし、あの犬みたいなのも最初「え?」と思ったけど、ある瞬間からこの世界に入り込めたので大変楽しめました。

「シックスセンス」より好きです

投稿: まき | 2007/07/31 10:00

りざふぃさん、こんばんは。
大変ご無沙汰しております。(お久しぶりです!)

この作品、私も結構好きですよ~。
でも、「好き」とストレートに言えないのがシャマラン作品。「結構好き」とか、「ナニゲに好き」「意外に好き」とかしか表現出来ないのが不思議なトコロ。。

でも、恥ずかしいんですけどね、ちょっと涙が浮かんでしまったんですよね・・・コレ観て!(笑)
ジアマッティの役どころに、ちょっと泣けて来ちゃったのを思い出しました。

マッスル青年が最後に活躍してくれたことも、まだ記憶に残ってます。

投稿: aju | 2007/08/01 00:10

>まきさん、ajuさん
レス遅くなりましてすんません。うちらシャマラン監督作品は全作品好きで(実は二人ともシックスセンスがもっとも評価低いんですが・・・)、全作品、涙してしまってます。今作品は特に評価が低いようですが、確かに設定自体にかなり無理はあるものの、あのラストシーン、その場で立会い者になることが出来たら・・・。
次作は本人の登場なしで、なた大人のファンタジーをお願いしたいです。

投稿: りざ夫 | 2007/08/06 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/15626458

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・イン・ザ・ウォーター:

« 今週は3頭 | トップページ | 今日は今から »