« ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | マーサ・スチュワート 裁かれたカリスマ〈TVM〉 »

青春残酷物語

Cruel_story_of_youth 青春残酷物語

【1960年製作 日本】( 96min )

監督:大島渚
出演:川津祐介、桑野みゆき、久我美子、渡辺文雄

いつの時代でも、若者には若者の言い分があってそれぞれいろんな生き方があって・・・
そんなことを漠然と考えながら映画を観た。「若者は的発言」をする自体、私は既に若者ではないってことだろうな(笑)ちょっと寂しいかな。
若い頃の私はこの映画のヒロインほど屈折してはいなかったと自分では思うのだが、どこか似たところもあるような気がする。
親の心子知らずとはよくいったもので、本当に今、人の親になってみるとつくづくその言葉の意味が分かるようになってきた。

この映画。先ずタイトルに凄くインパクトを感じる。
「青春残酷物語」。なんかスゴイタイトルだなぁ。本か何かでこの映画のことを知りようやく観ることが出来た。

1960年と今を比べると、ご時世の違いもあるんだろうが、この頃の若者は何だかとても大人びいている気がする。
安保反対なんてデモ行進をする若者がいたり、何ていうのか「もっと世の中をよくしなくちゃ」「このままではダメなんだ」っていう思いが伝わってくる感じだ。

映画の途中で真琴(桑野みゆき)の父親が姉、由紀(久我美子)に対して言う台詞はこの時代を象徴している。
自分の(若い)時は厳しかったのに妹にはどうして甘いのか?と由紀に問われた時に父親が言う台詞。
「時代が・・・そればかりではない。おまえの時は戦争の後で生活が苦しかったが、世の中には方向があった。民主主義の日本に生まれ変わるんだと言って私はおまえを説教することができた。自由には責任が伴うんだとか・・・今は何がある?ないじゃないか」

私たちの時代はどうだろう・・・バブルもとっくに崩壊して若者のみならずいい年をした大人たちもみな“醒めて”しまっているではないだろうか。
今は世の中がというよりも自分自身、個人が中心でいろんなことを見つめる時代なのかもしれない。

ヒロインの真琴は映画の中では丁度大人への階段を昇り始めた頃。大人の世界に入り込むのは簡単だがそれらは時には危険が伴うもの。彼女はどこかのオヤジにホテルに連れ込まれそうになるところを大学生の青年清(川津祐介)に助けられるが、結局彼に身も心も奪われ、美人局(つつもたせ)、ついには妊娠、堕胎・・・終いには悲劇的な結末を迎える。

(自分たちは)世の中のゆがみに対立しながら学生運動という形で青春の怒りをぶつけてきた─今は欲望を全部貫くという形で世の中に怒りをぶつけているという由紀の元恋人秋本の言葉が妙に印象に残った。


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

|

« ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | マーサ・スチュワート 裁かれたカリスマ〈TVM〉 »

映画/サ行」カテゴリの記事

コメント

この映画って、寺山修二(こんな名前やったっけ?)が監督で作ったのもあったんっじゃなかったけ?
ワシの記憶に残っているのは、全然、無名の素人みたいな若い男女が主人公になって、ATGで上映されたのを観た。
ストーリーもこんなストーリーやったよ。
タイトルがインパクトあったんで記憶に残っている。
ワシもちょっと社会にしらけを感じていた頃で、妙な共感を持っていたような・・・・・(笑)

投稿: スナミ | 2007/05/22 17:17

>スナミたま

こんばんは~(^^)
寺山修司のは知らなかったのでつい調べちゃいました~
えっと、私が調べた限りではタイトルから見ると上に似たのがなかったのですが、「非行少女ヨーコ」ってのが怪しいかと思ったのですが...年代も被ってるし。
誰かご存知ではないかしらん???

なるほど~スナミたまは学生運動には参加されてはなかったんでしょうか?^^;
「いちご白書をもう一度」(だっけ?)の歌の世界ですね~あ、これは映画もありましたね。「いちご白書」。

最近になってようやく日本映画にも目を向け始めた私ですが、一番最近に観た日本映画は「デスノート」です(笑)

さあて、今晩もまた映画記事になるかな~?ホンマ芸がない・・・^^;

投稿: りざふぃ | 2007/05/22 21:38

りざふぃ、ごめん!違ってたねー!
今、ワシも寺山修二で調べたら、分かった。
「初恋 地獄篇」って映画やった。
寺山、脚本で羽仁進監督やった。
だけど、ストーリーは似ていたなー。
大昔の事やから、記憶がゴッチャになってるのかも(笑)

ワシ、高卒なんで学生運動は参加してなかったよ。
だけど、大学、行っていたら、やってたかもね(笑)
4人兄弟の次男坊、サラリーマン家庭で、適当に貧乏だったのが良かったかも、すねて愚れる程の余裕もなかった(笑)

投稿: スナミ | 2007/05/23 07:58

>スナミたま

おはようございます(^^)
なるほど~そっちか~!
いえね、どっちだろ?って思っていたんですよ~
ストーリー似てましたか?ちょっとチェックしてみようっと。でも今観る機会があるかな?
レンタル屋でも昔の日本映画をDVDで出だしたのであるといいなぁ。

...にしても最近映画履歴をチェックしてて観た映画を履歴に入れてないって分かって、毎日少しずつ思い出しては追加している状況です(^^;
なんかこの映画観たような気がするんだけど...でも全部観てないかも?っていう映画が非常に多くて(笑)
また観たら思い出すんだろうけどストーリーを完璧忘れてる映画って私も結構ありますよ~
私も健忘症入ってるかもしれないなぁ(^^;

へ~スナミたまは次男坊しかも4人兄弟なんですか~♪
お母さん子育てさぞ大変だったでしょうね(笑)
次男坊はウチの兄見てて思うんだけれど、根性は長男よりありそうですよね!小さい頃はキカナイお子だったんじゃありませんか?(^^)
ウチの次兄はかなりガキ大将でした...><

投稿: りざふぃ | 2007/05/23 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/15154759

この記事へのトラックバック一覧です: 青春残酷物語:

« ヒストリー・オブ・バイオレンス | トップページ | マーサ・スチュワート 裁かれたカリスマ〈TVM〉 »