« ひとりごと その5 | トップページ | ディーバ »

リトル・ロマンス

A_little_romance A LITTLE ROMANCE

【1979年製作 アメリカ】( 109min )

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ローレンス・オリヴィエ、ダイアン・レイン、アーサー・ヒル


※ネタバレあり

13歳のフランス人少年ダニエルとアメリカ人少女ローレン、ひとりの老紳士との出会いや友情、淡い恋を描いた素敵な映画です。
この老人役の名優ローレンス・オリヴィエがすっごく良いのですよ!
実際彼でなかったらこんな味わい深い映画にはならなかったのではないかなと思います。
人の良さそうな紳士的な老人が実は詐欺師。彼はとてもいい詐欺師ぶりを披露してます。
老人が語った「ヴェネツィアの『ため息橋』の下、日没の鐘が鳴っている時にキスをした2人は永遠の愛が得られる」のお話はとってもロマンチックなお話だけど、話を信じた2人の少年少女はヴェネツィアへ行くことになる訳です。健気なお話ですよね。気がつけば…大人になった今私自身“こういう気持ち”を忘れてしまっているんですよね。
2人がこの老人は詐欺師だと気付いてからも彼に対しては心から感謝の気持ちを忘れないんです。何故なら結局は彼のお陰で資金が増え、国境を越えて無事にヴェネツィアに辿り着くことができたし、それに、何と言っても老人が一番の良き2人の理解者なんですから。
詐欺師の老人が誘拐犯に間違われて、2人共に国境を越えヴェネツィアに行くまではハラハラする展開ですが、無事何とか辿り着いたヴェネツィアで2人と老人は別れます…この後老人は自ら警察に行くんです。
この別れ方が粋(いき)なんですよね。
2人は映画館へ。老人は後から行くからと言い残し、閉じられた映画館の扉にキスをする・・・
鐘の鳴る橋の下でのキスのシーンは確かに美しく印象に残るシーンですが、私は別れを意識した老人が“扉にキスをする”このシーンが大好きです。胸が熱くなりますよ。

それにしても当時のダイアンちゃん…カワイかった。いや、年上の彼女に対して「ちゃん」は失礼かしら。
この頃から彼女は絶対将来大物スターになるだろうと予感があったのですよ。
演技も上手かったしね^^
この映画が公開された頃は、彼女のこの長いストレートの髪に憧れていましたが、私はくせ毛だったので泣く泣く諦めたのですよ…いや本当です。伸ばすとウェーブがかってしまうんですよね。
この気持ち誰か分かる人いるかしら・・・

 

 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

|

« ひとりごと その5 | トップページ | ディーバ »

映画/ラ行」カテゴリの記事

コメント

リトル・ロマンスというタイトルに聞き覚えは
あるんだけど、見たかどうかが思い出せない・・・。
・・・ってことは、見てないかも(爆

ストーリーにすごく惹かれました。
りざふぃさんの書き方が上手いんだね~!

ちょうどTSUTAYAが割り引きクーポンくれてたから
借りてこようかな♪

素敵な映画のご紹介、いつもありがとう (^-^)v

投稿: オレさん | 2007/03/07 23:25

>オレさん

こんばんは~^^
ウチは兄がよくロードショーとか買ってたのでダイアン・レインを
よく見てました♪
憧れてたのはあの綺麗な髪とお顔(笑)
CMは、確かゴンドラに乗って、鐘の音が鳴っていて、キスをする
2人のシーンがメインだったかな?
当時はブルック・シールズやテイタム・オニール(懐)もよく
出てましたね~。
そう考えるとジョディにしろダイアンって今でも現役!
凄いな~^^

この映画。ひょっとしたらオレさん観てるかもしれないですよ~^^
でも私も細かいところはあんまり憶えていなかったので、また観るのは
いいかもしれません。
クーポン券使って是非借りてみて下さい^^

投稿: りざふぃ | 2007/03/08 00:18

リザフィたまいよいよ、映画鑑賞文、とぎすまされてくるっぺ。
 ふーむ、映画を見て見なくちゃわからないけんど、
「人生って、重要なのは、本当のことか嘘であるかということではなくって、信じあうことが重要だ」ってことを言いたかったのかにゃ~。

 見てみたくさせる、リザフィたまの腕、いいわん。

投稿: リボンちゃん | 2007/03/08 10:17

パリの街並み、地下鉄、競馬場。。。

それよりもこの映画のことを考えると、
もう三十年近く前の心のキズを想い起こさせる
もので。。。(∞泣)

投稿: Jes | 2007/03/08 13:03

>リボンたま

こんにちは~^^
この映画観て、人生ってやっぱり相手を信じることは大事なことだな~って思いましたよ^^でも片道切符じゃダメなの。お互いの信頼関係が本当に大事だなって。
この映画では詐欺師のL・オリヴィエが、その辺りの微妙な心情を上手く表現してたかな~って思います。彼は確かに嘘つきには違いないんだけど、「優しい嘘」っていうのかしらん。少年少女らにとっての「足ながおじさん」的な存在。
もし機会があったら是非ご覧下さいな!
特にヴェネツッアの街並みは本当に綺麗ですから~(^^)


>Jesたま

こんにちは~^^
あらあら?
Jasonさまの衝撃的な過去暴露話^^;
青春真っ只中の頃なんですよね?
若かりし頃は誰しも、誰かに恋したり…自分の秘めたる想いを打ち明けたり…いろいろありますよね!あ~青春だ~(^^)♪

私の知り合いは、映画じゃないんですけど、曲で同じようなこと言ってましたっけ。
CHICAGOの曲「素直になれなくて」を聴くと、辛い思い出が蘇るからいやだって言ってました^^;

投稿: りざふぃ | 2007/03/08 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/14176922

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ロマンス:

» くせ 毛 [lovie]
私は物心ついたときからくせ毛だ。 といっても外人の子どものようにグリグリではない。 それでも髪の毛が多いのと、コツがあるので くせ毛の中では手ごわいほうに入るはず。 [続きを読む]

受信: 2007/03/07 23:03

» 春休み映画 [春休み映画]
よくクイズの賞品で世界一周旅行を見ますが、本当にあるのかな? そろそろ春休み映画の告知があるかな? この間冬休み映画が終わったばっかりなのに早いですね。 定番のドラえもんもあるし、今年の春休み映画 [続きを読む]

受信: 2007/03/08 01:02

« ひとりごと その5 | トップページ | ディーバ »