« 映画「バベル」 日本語音声にも字幕を!※3/31まで | トップページ | 一口馬主DBのブログパーツを追加 »

悪い種子(たね)

The_bad_seed_1 THE BAD SEED

【1956年製作 アメリカ】( 129min )

監督:マーヴィン・ルロイ
出演:パティ・マコーマック、ナンシー・ケリー、ヘンリー・ジョーンズ

ケネスとクリスティーンの間には8歳のひとり娘ローダがいた。ある日ローダの学校でピクニックが行われている最中、クロードという少年が溺死した。誰もが事故と疑わなかったが、彼が身に付けていたメダルが紛失していることや彼の額には打撲の痕があるなどの不審な点があり・・・

※ネタバレ

子どもが犯罪者でホラー要素のあるサイコサスペンス映画という感じでしょうか。
1950年代ということでちょっと古い作品だし、全編モノクロで内容は至ってシンプル。分かり易い映画です。
この映画は殺人が絡んでいますが殺されるシーン及び死体は全く出てきません
子どもの犯罪ってシチュエーションだけでかなり衝撃的だし、小さな子どもが誰かを殺すシーンってそれだけで“タブー”な印象があります。
思い起こせば子どもをネタ…の映画って結構あるんですよね。「オーメン」「光る眼」「チルドレン・オブ・ザ・コーン」など私が観ているだけでも結構あるんですが、ひょっとしたらこの映画が元祖なのかなぁという気がします(実際これより古い映画限定で「子どもが絡んだ犯罪映画」って恐らく観てないので断言出来ません…もしあったら是非教えて下さい)。
もっとも…
監督が「哀愁」などでお馴染みのルロイ監督ですから…。
内容は恐ろしいけど描写は決して残酷ではなく、むしろ心理描写により重点が置かれている映画だと感じました。

“ママは世界一綺麗ね。ママ大好き”と言ってるような一見すると普通の少女が、こんな恐ろしいことをするものなのか…とちょっと不思議に思う部分もあったのですが、このローダが利発で可愛らしい少女の顔以外に、実は内面は凄く気性が激しくキレやすい少女の顔を覗かせるところもあって、なるほどなぁと勝手に納得したのでした。

それより…
私がクリスティーンの立場で実際このような娘がいたら…それこそ想像するだけで恐ろしくなりますが。

恵まれた環境。親から愛情をたっぷり注がれて育った娘に果たして…?

映画の中では、何故ローダがそうなったのか…の理由として「種子(たね)」という表現があります。

その理由は・・・実際映画を観て下さい。あっと驚くようなラストもあります。これ以上はここでは書かないようにします。

そしてもうひとつ。
忘れてはならないのは、この映画の最後を飾るにふさわしい(?)演出。
実際映画に出演していた役者さんたちがそれぞれ舞台挨拶のように次々と出てきます。
これは本当に好感が持てました。今の映画では決してありえなさそうな演出ですけど^^;



banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

|

« 映画「バベル」 日本語音声にも字幕を!※3/31まで | トップページ | 一口馬主DBのブログパーツを追加 »

映画/ワ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/14258721

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い種子(たね):

« 映画「バベル」 日本語音声にも字幕を!※3/31まで | トップページ | 一口馬主DBのブログパーツを追加 »