« リトル・ロマンス | トップページ | ファイナル・デッドコースター »

ディーバ

Noimage_3 DIVA

【1981年製作 フランス】( 118min )

監督:ジャン・ジャック・ベネックス
出演:ウィルヘルメンア・ウィギンス・フェルナンデス、リシャール・ボラーンジェ


※ネタバレあり


オペラを心から愛する郵便配達員の若き青年ジュール。彼は特に黒人のオペラ歌手シンシア・ホーキンスと彼女の美声を熱愛し、彼の中でシンシアはまさに“ディーバ(歌姫)”。彼女は自身のポリシーを貫き“自分の歌を一切録音させない、レコードは出させない”歌手でもあった。
そんな中彼女のコンサートがパリで開かれた。ジュールはこっそりと録音機を会場内に持ち込み彼女の歌を録音し、誰にも見つからないよう彼女が着ていた衣装まで持ち出してしまう…彼女の歌に酔いしれた翌日、ひとりの女が駅で殺されてしまう。殺された女は、死ぬ間際偶然側を通りかかったジュールのバイクの中に1本のテープを忍ばせていた。それは実は「カリブの海」と呼ばれる裏で麻薬や売春を扱う組織の黒幕を暴くテープだった。この1本のテープを巡って、ジュールは2人組に追われることになるのだ。

美しい街並み、風景と共に、なんともミステリアスで妖しい雰囲気を漂わせていながら、とにかく色彩の美しい映画だ。特に「青」の色が効果的であるし、フランスのフィルム・ノワールの“色彩や絵画的な”流れを大切にしつつ作られた作品なのだろう。
当初は単なるジュールの歌姫に対する愛情云々の話かと思いきや、テープを手に入れたことが原因で黒幕に追われるところ、とあるレコード店で偶然出会ったベトナム人の少女アルバや彼女と一緒に生活しているひとりのフランス人の男ゴロディシュとの奇妙な三角関係。犯罪もあれば恋愛や友情もあり、美しいオペラもありの映画なのだ。

ジュールとベトナム人少女アルバとのシーンも印象に残るところは沢山あるが、私はやっぱりジュールと歌姫シンシアとのシーンがもっと印象が強い。
特に朝の散歩。ディーバは本当に女神なのだ…
白い傘を差すシンシアは、まるで絵画からそのまま抜け出てきたように美しい。
冒頭から幾度となく流れるシンシアが歌う「アリア」。この曲がこの映画の魅力を最大限に引き出しているには違いないが、途中に出てくる彼女が歌のレッスンをするシーンでは、普段私たちがオペラを見る際にはありえない(?)ピアノの弾き語りのオペラが聴ける。
グノーの「アヴェマリア」。この曲もまた凄く心地良いのだ。
「ディーバ」。
今日観たのが初めてだったが、これからも私の中では忘れられない映画になりそうだ。

 

 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

|

« リトル・ロマンス | トップページ | ファイナル・デッドコースター »

映画/タ行」カテゴリの記事

コメント

ディーバ面白そうやね。
フランス映画って、積極的には観ないから、知らない映画も結構あるなぁ。
でも、この映画は、評価も高そうなんで、ちょっと食指が動きましたw
ちょっと捜してみよ~っと。

投稿: けろこ | 2007/03/09 08:42

>けろこたま

おはようございま~す^^

けろこはんが観てない映画があるなんて…とちょっと意外な気がしました(笑)
私もフランス映画(というかヨーロッパ映画?あとアジアもだなぁ)は比率からいうとそんなに観てないのです^^;
あ、アジャーニの映画は別、別(笑)

この「ディーバ」は以前よりタイトルだけ頭にインプット。ちなみにダンナが大学生の頃くらいは何故かバンド仲間関係でこの映画が流行ってたと言ってましたねぇ…
でも本人も最初の15分くらいしか観てないって…何故中途半端になったのかは憶えてないらしい。
私は結局ウチでひとりで観てしまいました~(^^)♪イジワル

良かったですよ~この映画!
何かよく分からないけど、よくあるフランス映画特有の解釈が難解な(?)映画ではないし、私の中ではこの映画かなり好きかもしれん。

是非けろこはんも観て下さいな~で、感想聞かせて下さいませね(^^)

投稿: りざふぃ | 2007/03/09 09:08

サスペンス仕立てかと思うと、オペラに聞きほれたりーの、映像もめちゃ美しそうだし、極めつけは、グノーの「アヴェマリア」。
 
 一粒で3度美味しそうな、ごっつう贅沢な映画みたいですね。リザフィたまがお好きなのもとっても分かります。

 今日はとってもいいことがあってルンルンのリボンちゃんでしたぁ。(*σ∇σ)/θσ∇σ)/θσ∇σ)/θ

投稿: リボンちゃん | 2007/03/09 17:58

>リボンたま

こんばんは~^^
そうなんですよ~この映画。
犯罪映画であると同時に、恋愛要素もあるし、アクション要素もあるし、音楽も堪能できるし…そういう意味でお得な映画なんです♪
それに映像美もさることながら、とにかく緻密にプロットが組み立てられてる映画だなぁと素人ながらにも強く感じた映画でもあります。
これがこの監督のデビュー作らしいのですが、その後の映画よりこれが一番お気に入りになりました^^
私は個人的にシューベルトのアヴェマリアよりグノーのが好きなのです^^;
でもこの映画はやっぱり「アリア」が最高ですね!
是非リボンちゃんも観て下さいな☆

投稿: りざふぃ | 2007/03/09 21:01

だいたい月に何本映画みていますか?

投稿: buru | 2007/03/09 21:55

>buruたま

こんばんは~^^
月に何本かって?う~ん。いちいちカウントしたことないから…分からないけど、ちょっと待ってね。今考え中~~~大体週に2,3作品観るとして…
月に8~12本?こんなもん?
あくまでも目安です^^;
もっと多い月もあれば、少ない月もあるかと。
日によっては1日に3本もあるけどなぁ(爆)

投稿: りざふぃ | 2007/03/09 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/14188452

この記事へのトラックバック一覧です: ディーバ:

« リトル・ロマンス | トップページ | ファイナル・デッドコースター »