« きのうはりざふぃが期待しなかったよ(BlogPet) | トップページ | 真実の行方 »

ただのひとりごとです

やっぱり私ってそーなのかぁ…と改めて昨夜ザッパたまに指摘され、私はホラーやサスペンスなお話が好きなんだろうなぁと気づいたりざふぃです。
もっとも小説の場合は、たとえグロかろうが血みどろスプラッターだろうが…文章の中だけの描写なので個々のイマジネーションに委ねられるわけです。
実は意外にも私自身は、ホラー要素が強い作品を読んでいるのは確かなんですけれど、怖いのが好きとかサスペンス趣向だとか特別意識はしておりません。
確かにそれらのジャンル(あまり分けたくはないのだが)が好きです。確かに好きです。それは認めます!ラヴクラフトやブラッドベリは王道だと思いながら読んでいます。
大好きな作家のひとりハイスミス曰く、「どうせアメリカではサスペンス小説のレッテルが貼られるだろうが、わたしは殺人者も犯罪も暴力もない小説を書きたいのだ・・・云々」と申しておりました。
あくまでも周囲が、彼らに対して犯罪小説家だの推理作家だのってレッテルを貼っているにすぎません。
(いや元々“そういうのを狙っている人”もいるでしょうが…)
そもそもジャンルって何なのでしょう?

そう・・・気が付いたら・・・そうでしたって感じです^^;
特に小説は何故か偏ってしまいがちです。
これが映画だったらほっといても画面が淡々と流れていくので観ることは出来るのですが、小説になってしまうと文字を目で追わねばなりませんから…そうなってしまうのは仕方ないのかもしれません。

映画に関しては、ホラーとか人間ドラマ、社会派ドラマなどと分けて考えてるし、また観るのも好きなりざふぃです。この辺りがヒジョーに矛盾してますね…自分でもそー思います(笑)


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いします♪

|

« きのうはりざふぃが期待しなかったよ(BlogPet) | トップページ | 真実の行方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!!
ホラー映画面白いですよ~

自分も好きです~
日本のホラーの方が怖いけど

投稿: buru | 2007/02/12 14:30

りざちゃん、たくさん読んでるのね。
私はサスペンスってよりも、推理物が好きよ。
それと時代劇の捕り物帖。
映像で見るよりも、文章を頭の中に思い描く方が好きだな~。
恐い映画は苦手だけど、文章ならば読めるし。
映像は待ってくれないから。

投稿: すみれ子 | 2007/02/12 17:37

ホラ~
怖え!!!!

この
狭い家でも 門を曲がったり
ドアを 開けたり~~~
この
一連の 動作に
支障をきたす!!!!

!!!
どないしたん???
えろう 固うなって もうたわ(笑)

ホラー?帰りますえ~(笑)


☆今回の 画面 見やすいね~☆
  チョコレートの 上で
   遊んでるみたいだ~♪

投稿: にくきゅう | 2007/02/12 17:48

>buruたま

こんばんは~^^
あら?お好きだったんですか?意外でした~
そういえば、10代の頃の音の趣味は似てますもんね~(笑)

日本のホラーは向うでもリメイクされてるし、独特の怖さがありますよね^^
木造家屋ってのも怖さが増すんだろうなぁ。
私は「リング」や「呪怨」より「女優霊」がかなり怖い映画だと思ってます。そういやこれも柳ユーレイやなぁ…


>すみれ子たま

ばんわ~♪
なる程推理物ね~じゃやっぱアガサ・クリスティは外せませんね(^^)♪
まさかあれ全部読んでるとかですか?だったら凄~いですぅ~ o(^v^)o
私はクリスティだったらホンの極一部しか読んでません…
結構映画化やドラマ化されているものが多いですが中でも「アクロイド殺し」は最初読んだ時10代の頃だったからかもしれませんが、滅茶苦茶驚きましたよ。
周囲でポアロファンが多い中、私はミス・マープルといい続けてます(笑)
時代劇の捕り物帖ですか~なる程。
時代劇は実はドラマでは結構好きで観てるんですが、本は読んでないなぁ…私もトライしてみようっと♪
何かオススメあったら教えて下さ~い^^


>にくきゅうたま

ばんわ~♪
にくきゅうたまのコメント、ダイレクトだな~
カタイですかね~やっぱり?
にくきゅうたまには敵いませんわ^^;

やっぱホラーは怖ぇ~~~でしょうか?(笑)
何を隠そう子どもの頃からホラーが得意だったわけではないんですよ^^;
押し入れに閉じ込められるのは平気だったんだけど、私トイレが苦手でねぇ…窓があるなしに関わらずトイレは嫌いな空間でしたね。
今は「押し入れ」に隙間があると…怖いんです。
そういう本を読んでしまったからかな~^^;(自業自得><)

投稿: りざふぃ | 2007/02/12 20:25

 りざふぃさん、こんばんは。

 ホラー、弟が好きで子供の頃一緒に結構見てた記憶があります。
 最近はあまり見なくなりましたけどね・・・。

投稿: ケンジファーム | 2007/02/12 21:55

クリスティは、多分完読したと思う…
一時、P.コーンウェルにもはまって読んでた。
横溝正史も一応読んだし。

捕り物帖なら「鬼平犯科帳」でしょ!絶対!

投稿: すみれ子 | 2007/02/12 22:51

ワシは中学生の頃、友人に誘われて(何も知らずに)『悪魔の生贄2』を映画館で観たよん。
しばらく肉が喰えんかった(爆)。

投稿: もつ | 2007/02/12 23:13

>ケンファたま

おはようございます^^
そーですか~ケンファたまのところは弟さんが私と
趣味が似てるのね?(ゲームもそーだし^^;)
小学生の頃からかしら…私の場合は。
でも小説はせいぜいルブランや江戸川乱歩あたりだったかな?
それか純文学・・・ただ小学生にとっては正直「嵐が丘」は
早いなぁと思ったものです(笑)


>すみれ子たま

お!早速オススメ有難うございま~す^^
「鬼平犯科帳」ね~チェックします♪
横溝正史は映画化されたやつは殆ど観たけど、小説は1冊か2冊しか読んでないと思う^^;
P・コーンウェルね~私未読だわ!これもチェックして
みます~

お~流石ですね~クリスティあんなに沢山あるのに
完全読破ですか!!
こちらも映画では結構観てるんだけど小説は何冊読んだやろなぁ~?^^;
エラリー・クイーンも昔はYの悲劇とかXの悲劇とか読んだけど…
他にはガストン・ルルーの「黄色い部屋の秘密」とか。(ご存知「オペラ座の怪人」で有名な方ですよね)
小学生の頃は学校の図書室でよく江戸川乱歩やルブランを読んでたなぁ。
思い出すのはルブランの「虎の牙」これ小学生でもめちゃ面白かった気がする…詳細を憶えてないけど^^;
あと絶対外せなかったのは世界少女名作シリーズ!(笑)


>もつたま

お~ほほほほ。「悪魔のいけにえ」しかも2!
できれば1作目を観て欲しかったな≧◇≦(笑)
ただ1作目は今観る機会がないんよねぇ…
どっかの博物館だか美術館に永久保存されてるって話じゃ…
それだったらリメイクの「テキサス・チェーンソー」をオススメします^^
もつたまを恐怖の世界へGO~♪
もし興味おありでしたらオススメをリストアップしておきますが…え!?別にいい!って?^^;
こんなこと書いてるから誤解を受けんねんなぁ(^^;

投稿: りざふぃ | 2007/02/13 09:44

1作目・・・
その後、ビデオで観たよん(笑)。
当時、スプラッターマニアの友達が居たので(苦笑)。

投稿: もつ | 2007/02/13 21:31

>もつたま

あれ~そーなの~?(^^;
私もそのスプラッターマニア君にお会いしてみたかったじょ(笑)
今は貴重なんよ~「悪魔のいけにえ」の1作目は!
だからもつたま、アナタはラッキーボーイ(?)でしょう o(^v^)o
他に「バーニング」「アクエリアス」などなど、今観ようとするとDVD
めっちゃ高っ(!)ていうのとか、発売されてるんかいなとか…etc
ホラーマニアもいろいろ苦労しとるんよ(爆)
ちなみにこれらは全て観てます(*^-^*)

投稿: りざふぃ | 2007/02/13 22:30

ホラーは怖い!!

眠れなくなるのです。
だから観ないようにしているけど、実は結構観ている。
あぁーー、思い出したーー!!エレベーターの中で水がポタリ、ポタリ、とか、テレビから這いずりながら女が出てきたとか ギャーーーー!!

オモロイテレビ観て寝ようっと!おやすみなさーーい。

投稿: かじゅーーん | 2007/02/13 22:56

>かじゅーんたま

お!こんばんわ~^^
がはははは~≧◇≦
かじゅーんたまも怖いの実は観てるねんね?ぐふふ。
怖い、怖いも好きのうち~って(違っ;
エレベーターの中の水?(何やったかなぁ~)仄暗い水の底から…は部屋やったかいな(忘)、テレビは紛れもない貞子ちゃんですねっ。

おもろいの私も大好きよ~ん。
実はおバカ映画・コメディも(お笑い番組も♪)
大・大好きなのだ~~~(^^)v
おやすみなさ~い。

投稿: りざふぃ | 2007/02/14 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/13879771

この記事へのトラックバック一覧です: ただのひとりごとです:

« きのうはりざふぃが期待しなかったよ(BlogPet) | トップページ | 真実の行方 »