« 一体何の略やねん!? | トップページ | 妻は今夜から入院です »

レンタルビデオ屋開店~バトン

うちとリンクして下さっているmicchiiさんのところで面白いバトンを発見したので、貰ってきちゃいました^^

その名も「レンタルビデオ屋始めました」バトン

バトンの詳細は、
あなたはレンタルビデオ店をオープンしなければならなくなりました。
つきましては五十音につき一本ずつタイトルを揃えてください!
その際のルールは以下のとおりです。

このルールっていうのが意外に難しいのよ

 1. 自分の好きな映画から選ぶ 

 2. 1監督につき1作品とする

 3. 自力で思い出す

 4. 外国映画、日本映画は問わず

中でもこの2と3は特に難関!

なにぃ~~!1監督につき1作品だ~~~!?自力だ~~~!?

…流石に自分で鑑賞した過去の映画鑑賞履歴を覗いちゃいました^^;
(もっともここの履歴にも全部載せていないので、役にたったような役にたたなかったような・・・)

監督ひとりに対して1作品。これは絶対に守りたいと思いま~す(^^)v

ではでは早速…(作品名・製作年・監督名順)


《ア行》
<ア>『哀愁』
(1940年 マーヴィン・ルロイ)

う~ん。早くも超難題にぶつかってしまった>_<
先ず<ア>ですが、これは非常に悩み苦しみました(´ヘ`;)
『悪魔のような女』『アデルの恋の物語』などなど。
クルーゾートリュフォーはこれ以外に登場させる予定なので、ここではあえて選ばず。
『哀愁』は何度観ても泣いちゃう映画です。


<イ>『イヴの総て』
(1950年 ジョセフ・L・マンキウィッツ)

いつも私のベスト10には入る作品。誰にも文句は言わせませんっ。


<ウ>『ウーマン・イン・レッド』
(1984年 ジーン・ワイルダー)

いろいろ悩んだ末、随分昔に観た映画の中からセレクト。この映画ずっと履歴に載せていなかったことが判明^^;


<エ>『エクソシスト』
(1973年 ウィリアム・フリードキン)

実はかなり悩んだのですが、やっぱりフリードキンはこれ!ということで、こちらを。それにホラーでは間違いなく自分の中でベスト3に入るであろう作品。


<オ>『オルフェ』
(1949年 ジャン・コクトー)

これまたスッゴク難しい・・・
これ以外に、『狼男アメリカン』『お熱いのがお好き』『狼たちの午後』などで悩み続けました@_@

 

《カ行》
<カ>『カメレオン・マン』
(1983年 ウディ・アレン)
 
ウディ・アレンの作品にしました~“笑い”の傑作映画だと思います^^


<キ>『恐怖の報酬』
(1953年 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー)

クルーゾーはここに登場~やっぱこの映画は最高です♪


<ク>『グロリア』
(1980年 ジョン・カサヴェテス)

カサヴェテスもどれにしようか迷うところですが、この映画のジーナはめっちゃカッコイイんでこの作品を選びました。


<ケ>『ケイン号の叛乱』
(1954年 エドワード・ドミトリク)
 
めちゃ面白かった映画。戦争シーンがない戦争映画。


<コ>『格子なき牢獄』
(1938年 レオニード・モギー)
 
『こわれゆく女』『恋人たちの予感』などなど、様々なジャンルに渡って好きな作品がいろいろあるのですが、自分の中で印象度という点でこの映画を。もう今は観る機会がないのですが…

 
 
《サ行》
<サ>『サンセット大通り』
(1950年 ビリー・ワイルダー)
 
ビリー・ワイルダーほ本当に好きな監督なんで迷ってしまいましたが、サが一番埋めやすかったので(笑)この作品に決定~この監督は他に、『情婦』『アパートの鍵貸します』などでも悩みました。


<シ>『ジャッカルの日』
(1973年 フレッド・ジンネマン)
 
こちらも超難関!この作品以外に、しかもこの監督では他に『ジュリア』もあるし^^;『十二人の怒れる男』も勿論考えましたが、シドニー・ルメット監督は他で登場して頂きますので、今回は次点ということで^^;


<ス>『ステップフォード・ワイフ』
(1975年 ブライアン・フォーブス)

リメイクされる前のオリジナル版をこの間観ました。独特の怖さがあってリメイク版よりこちらを先に観れなかったのが本当に悔やまれる作品です(´ヘ`;)


<セ>『セックスと嘘とビデオテープ』
(1989年 スティーヴン・ソダーバーグ)

ソダーバーグはこの作品と『エリン・ブロコビッチ』が好きです。いいな~って思う時とそうでない時のギャップが激しいなぁと思ってる監督のひとりです^^;


<ソ>『ソフィーの選択』
(1982年 アラン・J・パクラ)

とにかく涙腺が緩みっぱなしになった映画です;_;M・ストリープは勿論良かったですが、K・クラインも見事な演技でした。もうひとりP・マクニコルは、最近『Numbers』という米のドラマで久々に観ました。

 


《タ行》
<タ>『タクシー・ドライバー』
(1976年 マーティン・スコセッシ)

この映画のためにこの場所を空けておきました(笑)文句ないです。


<チ>『チェンジリング』
(1979年 ピーター・メダック)

意外に難しい<チ>。今回2作品目のホラー作品登場~昔かの有名な『13日の金曜日』と2本立てで映画館で公開されてました(観に行った^^;)知名度は『13日~』の方だが、作品の質はこちらの方が断然上!!
良質のホラー(オカルト)映画。


<ツ>『ツィゴイネルワイゼン』
(1980年 鈴木清順)

今回初めての邦画(笑)そういや私って殆ど邦画観てないのよ・・・^^;『月の輝く夜に』『つめたく冷えた月』と意外に悩む作品が多かったが、今回は邦画に決定~


<テ>『デリカテッセン』
(1991年 ジャン=ピエール・ジュネ)

『アメリ』で有名になる前にこんな映画を撮ってたんだ~と改めて思い出した作品。ここも何気に超難関。『テス』『ティファニーで朝食を』『テシス』で悩みました。


<ト>『突然炎のごとく』
(1961年 フランソワ・トリュフォー)

トリュフォーで、これが必ずしも1番ってわけではないのですが、原作も読んでるし、J・モローも好きだし(笑)



《ナ行》
<ナ>『嘆きのテレーズ』
(1952年 マルセル・カルネ)

『ナイト・オン・ザ・プラネット』にしようか、『眺めのいい部屋』にしようかなど迷った挙句S・シニョレ主演のこの1本に。


<ニ>『ニア・ダーク/月夜の出来事』
(1987年 キャスリン・ビグロー)

この映画は完璧趣味的映画。DVDも買いました…J・ライトの消息不明なのが個人的にとっても気がかり。ちなみにここでの次点は『ニキータ』。


<ヌ>該当なし

観てなかったんだよ~悔しいけど。けど“ヌ”って何があるのかな?ヌデレバ…それって人の名前だろ^^;(オイ)


<ネ>『ネットワーク』
(1973年 シドニー・ルメット)

シドニー・ルメットは個人的に『十二人の怒れる男』がベストだと思っているけど、こちらも捨て難い。どうせネはあんまり観てないのでこちらに。


<ノ>『ノーマッズ』
(1985年 ジョン・マクティアナン)

昔むかしに観たホラーファンタジーな映画。80年代の洋楽ファンには馴染みのA・アントが出演してる(笑)カルトっぽい作品。

 

《ハ行》
<ハ>『バウンド』
(1996年 アンディ・ウォシャウスキー)

これも滅茶苦茶難しいわ~(´ヘ`;)ここだけで10分は悩んだ。
いやでもめちゃ面白くって好きだわ~この映画。2人の女性もそうだがJ・パントリアーノの存在感を感じる(?)映画。


<ヒ>『ピクニックatハンギング・ロック』
(1975年 ピーター・ウィアー)
うひゃうひゃ。オヤジだったらきっとこんな反応をする!?美少女系映画の決定版。


<フ>『ファーゴ』
(1996年 ジョエル・コーエン)

本当に難しい…これと『フライド・グリーン・トマト』『冬の嵐』『ブレードランナー』でかなり迷った。


<ヘ>『ヘルレイザー』
(1987年 クライヴ・バーカー)

『ベティ・ブルー』にしようかなって最初思ったんだけど、結局ホラー作品にしてしまった^^;
監督のクライヴ・バーカーは原作から脚本までこなしている。もともとは作家だしね。実際彼の“血の本シリーズ”は愛読書でもある私。やっぱりこの映画は外せなかった…


<ホ>『ポンヌフの恋人』
(1991年 レオス・カラックス)

この映画を映画館で観てからJ・ビノシュが好きになったのだった。

 
 
《マ行》
<マ>『街の灯』
(1931年 チャールズ・チャップリン)

ラストを観ると(思い出しただけで)涙がジョ~っと出ます^^;


<ミ>『ミッドナイト・エクスプレス』
(1978年 アラン・パーカー)

実はA・パーカーだけで悩んだ“ミ”でした(笑)『ミシシッピ・バーニング』かこれかで…。実際F・マクドーマンドの演技は『ファーゴ』のそれより『ミシシッピ~』の演技でこそ光ってる(と思っている私)。


<ム>『ムーンリットナイト』
(1989年 リナ・ウェルトミューラー)

凄く難しかった…全くといっていい程、“ム”から始まる映画を観てないのだった…。(タイトルだけは知ってるというのはいくつかあるが)この映画も特別好きじゃないんだけど、主演2人は好きだからっていう理由だけで載せましたm(_ _)m


<メ>『めまい』
(1958年 アルフレッド・ヒッチコック)

実はヒッチコック載せてないな~と今頃になって気づいた次第です^^;この映画はヒッチコックの中で特別大好きってわけではないんだけど、キム・ノヴァクの妖艶さとか、映像が綺麗とかetc


<モ>『黙秘』
(1995年 テイラー・ハックフォード)

いろいろ悩んだ末(って悩んでばかりだなぁ…)スティーブン・キング原作映画がないじゃん!ということで選びました。この選択肢で問題はありません。K・ベイツJ・ジェイソン・リーもホント素晴らしいです。

 
 
《ヤ行》
<ヤ>『屋根裏部屋の花たち』
(1987年 ジェフリー・ブルーム)

結局これも選びようがないのよねぇ…これか『山猫』。ヴィスコンティはこの後で選ぶつもりなので原作も読んでるこちらに決定。(映画後の話がまた凄いんだけどね~ o(^v^)o )映画としは…ですが、雰囲気は○だと思う。


<ユ>『ユージュアル・サスペクツ』
(1995年 ブライアン・シンガー)

文句ないでしょ!ここではいくら考えてもこれ以上の作品思いつかなかった。


<ヨ>『要塞警察』
(1976年 ジョン・カーペンター)

“ヨ”も難しいなぁ…ということで以前りざぶぅよりオススメであった映画の中からこの1本を。というか、今頃になってやっとカーペンター登場ってのも凄いな^^;
 

 
《ラ行》
<ラ>『ラリー・フリント』
(1996年 ミロス・フォアマン)

実は観てるんだけど何故か履歴に入っていなかった作品(笑)W・ハレルソンも凄いが、コートニー姐さんがマジ凄い…これは演技ではなく“地”なんじゃ…『ランブルフィッシュ』にしようかって迷ったんだけど…。


<リ>『リトル・ロマンス』
(1979年 ジョージ・ロイ・ヒル)

D・レインがかわゆかった頃の作品。爽やかで好感が持てる映画。ここに出てくるサー・ローレンス・オリヴィエが流石だ~という感じです。


<ル>『ルードウィヒ/神々の黄昏』
(1972年 ルキノ・ヴィスコンティ)

H・バーガーは『地獄で堕ちた勇者ども』が本当にはまり役なんではと思うのだけれど、この悲しき王の役もかなり良かったです。エリザベート役のR・シュナイダーがとっても素敵♪


<レ>『レザボアドッグス』
(1991年 クエンティン・タランティーノ)

ここでやっとタランティーノ登場~^^『パルプ・フィクション』もかなり好きだが、ひょっとしたら?ひょっとして、こちらのが好きかも~と思わせる映画。


<ロ>『ロッキー・ホラー・ショー』
(1975年 ジム・シャーマン)

自分の中では文句ない選択。ミュージカル映画で多分これが一番好き。

 
 
《ワ行》
<ワ>『ワイルド・アット・ハート』(1990年 デヴィッド・リンチ)

最後の最後に登場D・リンチ


はぁー疲れた(笑)

カ行とかサ行なんていくらでも出てきそうなのに、ラ行とかヤ行なんてねぇ…本当に難しかった><

1監督1作品って限定しなきゃもうちょっと早く書き上げてたのに…この記事…
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いしま~す♪

|

« 一体何の略やねん!? | トップページ | 妻は今夜から入院です »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おっは!

りざふぃちゃん
すっご~~~~~~い!
映画詳しいね~~~☆
水野 晴夫さんも
びっくりじゃぁないん(笑)
あっ!!
紫っちも!(笑)

楽しませてもらったわ~~♪

投稿: にくきゅう | 2006/10/21 07:18

早速来店しました!
名前は聞いたことがあっても観たことがないい映画が多くて、観ているのは16本でした。
まだまだ借りる余地があって楽しみです(笑)
観ているところでは、『バウンド』『ポンヌフの恋人』が入っているあたりでニヤリとしました。
これ、また観た本数が増えた時に、2年に1度くらいやると面白そうですよね。
まずは、1本も観ていない【ヌ】を観なければ・・・。選択肢としては、ゴダールの『ヌーヴェルバーグ』かドン・シーゲルの『抜き射ち二挺拳銃』でしょうか。

投稿: micchii | 2006/10/21 10:40

>にくきゅうさん

こんばんは~^^
水野さんだなんて誉めすぎですぅ(*^-^*)ポッ
↑見る人が見るとかなり「偏ってる」と思いますぅ~(汗)
でも「自分の好きな」映画ってことなんでOKですよね~(^^)

後から見ると、入れ忘れた監督さんが何人かいるんです…入れたかったのに入れられなかった。
難しいですね~このバトン>_<

これって映画だけじゃなく、他に曲とか本のタイトルに変えても出来そうですね^^


>micchiiさん

どもども~こんばんは~^^
何とか半ば無理やりまとめてしまいました。
でも何度考えても「ヌ」が思い出せずにいました~
そっかー。
ゴダール及びドン・シーゲルかぁ…なる程。
これは是非観なくちゃ(笑)

『バウンド』『ポンヌフの恋人』に反応して頂けましたか♪(嬉)
この2本もめちゃ好きな映画です^^

またこのように楽しい企画ありましたら是非教えて下さいね!

投稿: りざふぃ | 2006/10/21 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/12350000

この記事へのトラックバック一覧です: レンタルビデオ屋開店~バトン:

» 「レンタルビデオ屋始めました」バトン [愛すべき映画たち]
いつもお世話になっている5011様のところで面白いバトンを見かけたので、いただいてきちゃいました。 その名も、「レンタルビデオ屋始めました」バトン。 その内容は・・・。 あなたはレンタルビデオ店をオープン... [続きを読む]

受信: 2006/10/21 10:34

» リトル・ランナー [DVD生活のはじまり]
奇跡なんて、起こしてみせる! 「グッバイ、レーニン!」「リトル・ダンサー」に続く-親子の絆をみつめた新たなる傑作! 優勝すればママは目覚める ― ボストンマラソンに出場した最年少ランナーが贈る心温まる奇跡の物語! [続きを読む]

受信: 2006/10/23 21:08

« 一体何の略やねん!? | トップページ | 妻は今夜から入院です »