« 脳のトレーニング | トップページ | 脳のトレーニング(BlogPet) »

エミリー・ローズ

The_exorcism_of_emily_rose THE EXORCISM OF EMILY ROSE

【2005年製作 アメリカ】( 119min )

監督:スコット・デリクソン
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター
 
 
 

恐らく...オカルト映画には違いないです。
ただ巷に溢れているホラーっていうのとはちょっと違います。
(この監督のせいで撮影の仕方(?)がホラーチックなんでそう感じるのかも?)
法廷ものとオカルトがほどよくミックスされた映画って感じはします。それに一応実話がベースということなので...。

※ネタバレ※

う~ん。しかし難しい映画ですね。少なくとも私には。

法廷シーンがこの映画の軸になっています。
エミリーの親が神父を訴えていたのなら、また違った展開にもなったのでしょうがねぇ。違うんですもんね。
この映画の法廷劇は、単に善悪を問う主旨のものではなかった...。
ひとりの女子大生だったエミリーが死んだ理由は人偽的か否かではあったんですが、もっとテーマが深いの。

ここでとりあえず問題になっているのは、エミリーが何故死に至ったか?ということなんですが、単なる医学的治療を断ったからなのか、それとも別に理由はあるのかということなのですが、エミリー自身が死んでしまって本当の真実は誰にも分からないとも思うのです。
世の中に感覚過敏症(医学的)という症状のひとがいたとして、それが仮にエミリーだったとして...それが原因で悪魔に取り憑かれたという説も一理あると思うし、どこかのお医者さんがおっしゃっていた挿間性精神障害とやらの病に侵されていたエミリーが、ガンバトロールという薬の投与を突然止めたから、弱っていた体に・・・で命を落としたのかもしれない。
でもエミリー自身は病気でもなんでもない。自分の中に何かが入ってきていた(取り憑かれていた)っていう解釈に映画ではなってますよねぇ。う~ん。真実を追究しようとすればするほど難しいです。

欧米では悪魔憑き。日本では狐憑きになるんでしょうか。
これに関しては東西で解釈の違いはあれど、医学的見地からもいろいろな説があるようではありますが...。
悪魔(狐)憑きは果たして本当にあるのかどうか?
 
神父とエミリーの関係や、ローラ・リニー演じる弁護士エリンが最後に法廷で陪審員に向って喋るところ。彼女の言葉を聞いてたら、なんだか泣けてきちゃいました。
少なくとも私はエミリーや彼女の家族、またムーア神父のように信心深くないわけで、神の存在が等というのは日常の生活の中で殆ど考えたことはないわけですが、この映画を観ていたら本当に胸が熱くなりました。

何故神父は最後の最後までエミリーの"真実"に拘り続けたのか─。
何故エミリーは悪魔に取り憑かれただろうと自分の中で理解しつつ、命を落とさなければならなかったのか─。

エリンが陪審員に向って訴える言葉が、
「この事件で唯一まったく疑問の余地がないのは、神父のエミリーに対する愛です」

真実とは、疑問の余地を全く残さないもの─。

そう。本当にそうだと思います。
それだけがまさに真実。



 
 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑クリック よろしければお願いで~す。(^^)

|

« 脳のトレーニング | トップページ | 脳のトレーニング(BlogPet) »

映画/ア行」カテゴリの記事

コメント

ちょっと気になっていた映画だけど難しそうだな~(汗)。
何せ脳年齢・・・高いから(多分・苦笑)。
でも機会あったら見てみよ~!

PS、お腹痛いの大丈夫?(心配)。

投稿: もつ | 2006/07/31 20:30

>もつたま

あら♪もつたまも是非観て~~~
んで、また違った感想聞かせて~~~
人の感想読むの大好き o(^v^)o

それにもつたまだったら私よりず~っといろんなこと知ってそうだし(過去ログやらいろんなところの発言等々から察するに)もっと違った切り口でこの映画を観てくれそうな気もするから本当に楽しみ^^
ね?だから観て(命令~♪)

この映画観る前まではもっとホラー要素が強い映画だと思ってたんだけどね~"それ"を売りにしている感じは全然じゃないけど受けなかったな。
ただここの撮影の仕方はまるでサスペリア?ってとことか、あとはそだなぁ、聖痕の話から、スティグマータとか勿論エクソシストも含めていろんな映画の要素があったり...
確かにこの映画のCMは結構怖かったけどね(^^;
(でもホラー映画ではないからね☆)

あ、もうお腹痛くないよん♪
気遣い有難う(^^)みんな優しいのねん。

投稿: りざふぃ | 2006/07/31 21:26

♪リザフィたま♪
 もつたまの感想のように、やっぱリザフィたまの脳はすんばらひ~わん。解釈が高度でーす。

>悪魔(狐)憑きは果たして本当にあるのかどうか?

 悪霊は、背骨から骨髄に入るみたいじゃけど。聞いたことはないから分からないけれど。悪霊にたたられる家族とかは、骨髄にびっしりと悪霊が住み着いているそうな。
 なんかやだね~。背骨でたたられたら這い上がれない気がするっちょ。

投稿: りぼんたん | 2006/07/31 21:56

>りぼんたま

やっと~プールの受付終わって帰って参りました^^

私の脳が素晴らしい?
何をおっしゃるうさぎさん~(汗)
とんでもな~いです^^;(照)
りぼんたまのように、あんなに素晴らしい歌も書けませんし、文章力もないですよ。
でも誉めてもらうのはいい気分です(笑)
ここは素直にありがと~^^♪
もっといい文章が書けるように精進したいと思います(自己啓発?)

りぼんたまも是非観て下され~
レンタル屋ではまだ新作になっちゃうと思いますが...ホラーではないんで、普段この種類の映画を観ない人はどのように感じるのかいろんな感想を是非聞いてみたいです^^

しかし、悪霊は骨髄からですか?^^;;
骨髄バンクに登録とかしてたら、どうなるんだろ...悪霊ごと移植されちゃうのかな?

何かこのネタで1本映画が出来そうな気がする(笑)

投稿: りざふぃ | 2006/08/01 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/11166632

この記事へのトラックバック一覧です: エミリー・ローズ:

» エミリー・ローズ [HORROR MODE]
【2005 アメリカ】 ドイツに実在したアンネリーゼ・ミシェルという悪魔にとりつかれ死亡した女の子の事件を映画化したもの。 法廷劇をベースとしたオカルトサスペンスホラー。 「これはホラーではない」と言う人もいるけど、ホラーを人一倍見ている私が思うにはオカルトホラーの部類だと思います。 それは予告編などを見た人は解ると思いますが、製作者側も配給会社も法廷劇というのではなくホラー性を前面に押し出しているからです。 つまり製作側がホラー映画にしたいのだから、きっとそうなんだろうという... [続きを読む]

受信: 2006/08/05 20:23

« 脳のトレーニング | トップページ | 脳のトレーニング(BlogPet) »