« 給食試食会(BlogPet) | トップページ | ココログ・メンテナンス »

J・G・バラード

ミクシィ某所で映画「ピアノ・レッスン」についていろいろ書かれていてふと思ったのでこの記事書いてます(笑)

主演女優だったホリー・ハンターは、「ピアノ~」で、口のきけない難しい役柄を演じ見事オスカーを獲得。
この映画での彼女の役どころは、“物静かでピアノを弾くのが好き”で…という印象でしたが、流石プロの役者!役柄でこうも印象が変わってしまうのか…と驚いた作品がD・クローネンバーグ監督クラッシュ

実はこの映画自体の感想…とはいっても実際エロ満載映画なんで、正直ちょっと書きづらい^^;
要は主人公の男性が自動車事故を引き起こし、結果ある性的興奮が生じ・・・云々という絶対お子ちゃまには見せられない映画だったりするのですが、この原作者がニューウェーブSF小説(思弁小説(スペキュラティブ・フィクション))のJ・G・バラード。

J・G・バラード
実はりざぶぅのお気に入り小説家(のひとりだと思うん)だけれど、私も読んでみたら意外と面白かったのが結晶世界
冒頭のはじまりはどこかの純文学っぽい…途中の展開から次第にSFワールドに変わっていくようなそんな話でした。
タイトルからも推測できるかもしれませんが、長く水に浸かっていた死体が水晶化していたために腐敗もしていないというとても不思議なお話なんですけれど、この話の中ではきちっと裏付け(科学的根拠)がされているんです。
この水晶化、結晶化した後の件(くだり)は本当に興味深い内容でした。

日中は、奇怪な形になった鳥が石化した森の中を飛びかい、結晶化した河のほとりには、宝石をちりばめたような鰐(わに)が山椒魚の紋章のようにきらめいた。夜になると、光り輝く人間が木立のあいだを走りまわり、その腕は金色の車のよう、頭は妖怪めいた冠のようだった。
〔創元社SF文庫より引用〕

いっそのこと・・・「クラッシュ」を映画化するんだったら、こちらを・・・と思うんだけれど…。

実際「クラッシュ」の原作をりざぶぅもとい私も読んだことはないんだけど…^^;

クローネンバーグの解釈とは違うのかもしれないし…う~ん。
 



banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑よろしかったら、ランキングにご協力を!

|

« 給食試食会(BlogPet) | トップページ | ココログ・メンテナンス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

きょうバブルスがここまでオスカーが金色を引用するはずだった。

投稿: BlogPetのバブルス | 2006/07/11 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/10896026

この記事へのトラックバック一覧です: J・G・バラード:

« 給食試食会(BlogPet) | トップページ | ココログ・メンテナンス »