« 久々の雨のため… | トップページ | きみに読む物語 »

ヒトラー ~最期の12日間~

Der_untergang
DER UNTERGANG
【2004年製作 ドイツ・イタリア】( 155min )

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ


“ヒトラー”を題材にした映画は数多く作られているものの、まだ未見だった私には丁度よい内容だった。
この映画はユダヤ人側からではなく、ナチス側からの特にひとりの秘書だった女性を中心に描かれているのもいい。

気が滅入ってしまいそうになる映画にはちがいないが、改めてヒトラーというひとりの人間を見つめ直すいいチャンスをこの作品は与えてくれた(B・ガンツのヒトラーぶりにも驚き)。
晩年の…それもこの最期の12日間だけで判断するならば、ヒトラーという人はかなり統率力、判断力に欠けていたのではないかと思うのは秘書だけでなく誰が見ても明らかだ。戦争に善悪を問う自体間違っていることなんだろうが、負け戦になりそうな状況下での彼の判断力は乏しく、理性を失いかけていた…

それでも彼は動物や女性、子供には優しい一面を見せる。
果たしてこれが600万人ものユダヤ人をガス室送りにした人物と同一人物なのか?と疑いたくなる。

最期まで信頼していたであろうエヴァ。彼女の妹の愛するものでさえ、命乞いをするエヴァを他所に裏切り者とあらば銃殺を…そんなヒトラーをエヴァはどのような思いで見つめていたんだろうか。
ゲッペンス夫人の「ナチがなくなったら未来はない」のひとことは重い。



 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑ランキングにご協力を!
 

|

« 久々の雨のため… | トップページ | きみに読む物語 »

映画/ハ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/10001914

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラー ~最期の12日間~:

« 久々の雨のため… | トップページ | きみに読む物語 »