« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の20件の投稿

最高です♪

愛馬のサンレモたんが笠松で出走!
勝ってくれました(^^)v
なんといっても天下のサンデー様のお仔
ですからね~♪
今まで勝てなかったのが本当に不思議な
くらいですっ。
これでちょっと一安心(^^)
この調子で2勝目も頑張って~
早く中央に戻っておいでね。

今日はオリンピックでは荒川静香選手も
金メダルでしたし、本当に気分よく1日が
終われそうです。
実はLIVEでオリンピック女子フィギュアを
朝っぱらから見てました。
(朝5:00前くらいに出張先のりざぶぅから
℡があった。りざぶぅも出張先で見てた
みたいね)

静香さんの金は同じ日本人として、とっても
嬉しかったけど…村主さんにもメダルをと
思っていた私としては、ちょっと複雑な気も^^;
まぁ今回のフリーより全日本で魅せたあの
フリーの演技の方が数倍良いと個人的には
思いました。
佐藤由香さんがとっても分かりやすく解説を
してくださっていたので、あの得点はしょうが
ないなぁと私自身も納得。
ミキティはまだまだ若いし、本人が続けるの
ならば今後もっと良い結果に結びつくでしょう。

次のバンクーバーは一体誰が選ばれるのか?
ちょっと気が早いですが^^; 

今回のトリノに出場していた若い選手で私が注目
してたのは、グルジアの選手。
まだ16歳ということらしいですが、めっちゃ小顔
でめっちゃ可愛い♪
上手だし将来が楽しみな選手ですね~
同じく16歳のアメリカ・キミー・マイスナーとか。
彼女たちが次のバンクーバーで真央ちゃんの
ライバルになるんでしょうね。

真夜中すぎに行われるエキシビジョン楽しみ~♪

また今晩も眠れなくなるのか・・・!?^^;
 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バレンタイン♪(BlogPet)

りざふぃの、ベストは更新したよ♪
だからりざふぃと更新しなかった。
そうなるとりざふぃは関連したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バブルス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子フィギュア隊出動~

愛馬のエミリアのハガキ見てショックを受けて
少しは立ち直ったりざふぃです^^;

結局夜中から朝方までライブ見てしまいました…
女子フィギュア。

メダルが~メダルが~とはいいたくないけど
否応にも期待が高まってしまう女子フィギュア。
大方の予想通りロシアのスルツカヤ選手が
ショートプログラムでトップなのかと思いきや…
アメリカのコーエン選手が僅差ではありましたが
現時点ではトップ!
2位スルツカヤ、3位荒川選手となりました。
この3人に少し遅れて村主選手が4位。
ミキティは最初のコンビネーションでちょっとミスが
あり8位と他の2人には出遅れましたがそれでも
去年から今年に入ってからの彼女の演技と比較
すると、かなり調子が上がってきているように
感じました。

まぁ実際ショートプログラムは決められた技を
きちっと決めないと点数が出ないので…
本番のフリーの演技にかかってますね~
がんばれ~~~\(^o^)/

スルツカヤ選手。この方は本当にオリンピックでは
1位に縁がないですね。ホント不思議です。
もう確かご結婚されていて(?)、大分前にテレビで
「子供が欲しいわ」なんて言ってたと思ったのですが
ゴールドをとるまでは引退しないって決めてたので
しょうか。

コーエン選手。前回のソルトレイクでは、惜しくも表彰台
を逃がしてしまい、今回は全米チャンピオンということで
かなり気合が入っているようです。
あの真央ちゃんも好きな選手に彼女の名前を挙げて
いましたが、私も好きなタイプの選手です^^

個人的に3人の日本人選手で一番好きなのは
村主選手。
全日本の時の彼女のフリーの演技は本当に
良かったもの…
鳥肌が立ちましたよ。
フリーでこそ彼女の本領が発揮されると思うので
結果はどうあれ凄く楽しみです♪

“PASSION LIVES HERE”


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (4)

カーリング

競馬ファンにはローエングリンの母ですか?
なあんて言われそうですが、今とっても旬な
カーリング。(個人的に)

日本は女子チームだけ今回のオリンピックに
参加してますが、見てて本当に面白いです。
何度か見てるとルールも分かってきますし、
何より真剣な選手たちの表情がよいですね^^

昨日なんてテレビ中継見てたら、実況をしてる
アナウンサーが本橋麻里選手のことを・・・

「マリリン」

テレビを見ていた私とりざぶぅの反応はいかに。

「えっ?マリリン~っ!?」

聞いた瞬間は思わず悶えそうになりましたよ。

いつの間に彼女マリリンになってたんだろ^^;
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (5) | トラックバック (3)

貴重な音を有難うございます(BlogPet)

等々
名前こそ流石に知ってるけど
年々は、耳に入ってくるものを素直に聴いたことがないとか、ご自分などを贈り物しなかったけど^^;音の感想についてはじっくりと聴いてからにしたいと思います
仲間をイヤーズしなかったよ
他にも、テン・
イヤーズ・
アフター、オールマン・
ブラザーズケニー・バレル、ポールとかをリンクすればよかった?
時期、南仏生まれなど読んで頂けたら
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バブルス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン♪

ついうっかり…1日遅れの記事UPとなってしまった^^;更新するの忘れてた・・・
いいや。日付誤魔化しちゃお

去年の2月14日は一体何の記事を書いてたのかなぁって調べたら、何故か翌15日にショコラの記事を書いていて、当日は21gの映画記事を書いておりました^^;

今年もせっかくだからバレンタイン関連の何かについて書こうと思ったけれど、ラブ♪ものに疎い私にはちと思いつかなかった。
ホラーならそのまま「バレンタイン」っていうタイトルのもあるが…

で、映画がダメなら曲???
そうなると「MY FUNNY VALENTINE」しか思いつかないなぁと思いながら・・・
そういえばこんなのもあったよなって。

ST.VALENTINE'S DAY MASSACRE
直訳するとバレンタインデー大虐殺!
このタイトル。凄すぎっ。

りざふぃがもの凄く(強調)若い頃聴いてたガールズバンドとオヤジバンドが合体~
(恐らくCDでは発売されていないんじゃ…)
これって彼らの曲を集めたアルバムタイトルだったように記憶しておりますが…遥か遠い昔のことなんでよく憶えてません^^;

今は何やってるのか勿論知らないGIRLSCHOOL
MOTORHEADが合体したバンド。
名付けてヘッドガール?モータースクール?
どっちだっただろ?^^;;
元々ガールズバンドは何でも(?)好きだったし、自分もガールズバンドやっていたことあるので、上手下手関係なくいろんなガールズバンド聴きまくってましたね。
特に10代の頃は…

私はPLEASE DON'T TOUCHって曲が当時好きで、結局大分経ってからですが、CD屋でGIRLSCHOOLベスト盤を見つけた際、
「あ、この曲が入ってるじゃん」で、即購入。
そうですねーとにかくうるさい音が聴きたくなった時に、今でも聴いてます(笑)

Best_of_girlschool

GIRLSCHOOL 【VERY BEST OF GIRLSCHOOL】




何かバレンタインとは大分かけ離れた記事になってしまったような…(汗)

せっかくだから1曲

ばれんたいんでーき~っす♪ばれんたいんでーき~っす♪
                        by 国生さゆり

なんちゃって…


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

↑ランキングで~す。クリック宜しくお願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ピクニックatハンギング・ロック

Picnic_at_hanging_rock
PICNIC AT HANGING ROCK

【1975年製作 オーストラリア】( 116 min )

監督:ピーター・ウィアー
出演者:レイチェル・ロバーツ、アン・ランバート、ドミニク・ガード、ヘレン・モース


タイトルが変な邦題じゃなくって良かったな。
りざぶぅオススメ作品だったので、こっそり見ました。
1975年の作品らしいのですが、日本に公開されたのは随分あと。
これって流石にビデオ屋にはないだろうなぁって思っていたのですが、ありましたよ!近所のTにも。
(不思議だ...こういう映画が置いてあるのにぃ。何故あれが...ない+_+)

この映画って事実に基いてっていうことらしいのですが100年以上も前のことなので実際は分からないらしいです。所謂「神隠し」なんで、当の本人たち以外には実際何が起こったのか分かる術はないですよね。

で、ウィアー監督自身の解釈でこういう映画になったんだろうなぁと思います。
これはこれで、なかなかの秀作です(^^)v
私、好きなんですよねぇ。こういった美少女系映画が(笑)(どこかの“おやぢ”みたいだが...)

とにかくミランダ役のアン・ルイーズがとってもミステリアスな美少女。70年代の映画って、長い髪のストレートが綺麗で、いかにも薄幸な美少女チックな作品が意外とありますよねぇ...
VIVA!70年代。

勿論ただの「神隠し」で終わるわけでもなく、後半は後半でなかなか心理ドラマっぽく楽しめます。

内容は伏せておいた方がいいかな。
そうねぇ...
個人的には「白い肌の異常な夜」と「ヴァージン・スーサイズ」のような雰囲気を併せ持つ映画かなぁと。何となく。
(「ビリティス」も入るかな・・・エロなシーンは全くないですが)そういう系の映画がお好きな人にはオススメです(^^)v


 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコーズ

Echoes
STIR OF ECHOES

【1999年製作 アメリカ】( 99min )

監督:デヴィッド・コープ
出演者:ケヴィン・ベーコン、キャスリン・アープ、イレーナ・ダグラス

長きに渡って公開されずじまいだった映画「エコーズ」。製作年は1999年なのに公開されたのは去年だから随分と待たされたわけだ。
ジュラルメール映画祭のグランプリ作品なのに(旧・アボリアッツだよん♪)何故だろ…不思議。

ちょびっと「シックスセンス」が入っちゃってる映画かな?と最初は思いましたが、それは単に「見えないものが
見える」っていう点で。
内容は人助けならぬ霊助け(笑)という点では一致しておりますが、なかなか面白かったです。この映画。

ケヴィン・ベーコンは良かった♪
現在はあのフットルースの~なんていう人はあまりいなくなり、多分ミスティックリバーの~という人が多いんでは
ないかなと思いますが、悪役からコメディからシリアスものまで何でもござれ!なかなか良い役者に成長されて
いるなぁと感心。感心(^^)
あと息子ジェイク役の子役も大変可愛かったです♪
・・・5歳のくせに、ホラー映画ばっか観て・・・^^;(コラコラannoy

実際霊媒師の方って普段からこんな感じなんでしょうかねぇ?
外出先から帰宅して「あら?今日は若い女のコがいるわ」みたいな^^;
私には見えないはずのものは絶対に見えないのでっ!
(一度くらい見てみたいと思うのだけれど…^^;)


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリノ五輪開幕~♪

これから暫くは寝不足の日々が続きそうな予感。
で、いきなり女子のモーグルが始まりますね~
あまり「メダル」を意識しないで、選手は自分たちの
ベストを尽くして頑張って欲しいですね^^

でも見ている方が、
「○○!金メダル行け~!!がんばれ~」とか
叫んじゃいそうです(笑)

個人的にとても興味ある競技がカーリング
地味な競技だけど見てると意外と面白いんよ。
後はフィギュアはもちろんだけど、スピードスケートも。
岡崎選手。
三十路過ぎとは思えない可愛らしい笑顔。
オランダには未だにファンクラブがあるんでしょうか?
滑りも期待しちゃいますよ~(^o^)

冬季オリンピック。日本のこれまでの金メダルの数。
通算で8個だったっけ?(確か)
世界にはいろんな選手がいて…
個人で10個の金メダルをゲットした方も。
なんだかスゴイよね。

 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ううむ・・・(ーー;)

昨夜珍しく奇跡体験!アンビリバボーを見てました。
「300回記念スペシャル。全米騒然!未解決事件の謎」
なあんていうからついつい見ちゃいました。
1時間ものだったから、どんなものかと思って最後まで
見ていたのだけれど、まだ他に真犯人がいるかも?
なあんて意外な展開で終わりました。

一応容疑者は捕まっていて(3人の男の子たち)一見
すると事件は解決したのかなぁなんて思いますが、
被害者のうちのひとりの父親っていうのが、私から見れば
(他の人から見ても多分)何ともまぁ胡散臭いおやじ。
根っからのキリスト信奉者。
「アナタは神を信じますか~」
いえ。いいんですよ。別に神を信じようが信じまいが。
でも、「神が~神が~」という奴に限って実はとんでも
ない奴だった・・・なあんて過去に実際にあった事件の
シリアルキラーには時々いたりするんですよね。
本読んだりドキュメンタリー観たりすると。
前に観た映画「モンスター」の元になった実在の女性
殺人鬼のアイリーンも実際の彼女のドキュメンタリーとか
観たんですが、処刑される直前に「私は神のところへ行く
のよ」とか言ってましたし。

で、このウエスト・メンフィスで起きた8歳の子供3人が
犠牲になった事件も、一応犯人が捕まっているけど
本当に謎だらけ。
この事件を調べていたジャーナリストたちも捕まった3人
は冤罪なのでは?って言ってましたしね。

で、私気になったのよね・・・

捕まった男の子たち3人のこと。
ダミアン(何かオーメン?みたいな^^;)、ジェシー、ジェイソン。
特に主犯格とされているダミアン。

彼は“いつも黒を身にまとい、ハードロックを愛する少年”で
敬虔なクリスチャンが多いこの地では異端児扱いされていた
のだそうな…

確かに田舎でよそ者に冷たいこういう閉鎖的な土地では彼は
異質だったのかもしれませんがねぇ…
でもダミアンの趣味って…

好きな音楽(バンド) メガデス、メタリカ、U2

好きな作家 スティーヴン・キング

・・・って、一体^^;


私からみれば全然こんなの…


フツーじゃねーか!

ってことは…私もりざぶぅもここの住人だったらかなり
疑われてたってことになりますね^^;(今は普通の住人?)
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

主婦が4人集まれば「井戸端会議」

という訳ではないんですが、今日は友達と久々に
梅田をブラブラしてました。

06020915

 
  
 

東京の新宿の地下も迷いそうになるけど
大阪梅田の地下もかなり迷いそう・・・^^;
ちなみにりざふぃは方向オンチです>_<

で、昼はランチバイキング~♪

06020912
 
 
  

いつもこんなランチを食べてる訳じゃあないよ~
食べたいけど。

でも愛馬のタップダンスシチーがめでたく種牡馬に
昇進(?)
種付け料まだ安いけど…今年は150頭を超える
申し込み、問い合わせがあったらしいし^^♪

これは初年度から産駒が大活躍してくれれば…

きっと…
毎日「ランチバイキング」も夢ではない!?

あ、その前に、

『有難う!タップダンスシチー

    リザード一家が行く北海道観戦ツアー』

なるものが実現できるかな?(笑)
 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープン・ウォーター(BlogPet)

こないだ、りざふぃが
彼を心から愛し献身的に尽くす女性学校でさえも、彼の病んだ心を治すことは出来ない・・・
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バブルス」が書きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

らぶり~♪シャトル君 (後編)

で、以前書いた記事の続きを…ってまだ数日しか経って
ないじゃんか!^^;
もうネタがつきたか!?

そのシャトル君ですが、何故今姉(M子)の家に住んで
いるのか?
ということでしたね。
 
img017
 
 


実はシャトルの本当の飼い主は誰かというと、
ひとことでいえば、私の姪(つまり姉の娘)の“知り合い”
なのです。

知り合い(男性です)は、恋人?ただのお友達?
家族に聞いてみたところ誰にもよく分からないんです^^;

その知り合いを仮にAちゃんとしましょう。
男だけどAちゃん。みんな「ちゃん付け」で呼ぶから。
Aちゃんは以前よりうちの姉M子宅によく遊びに来て
いました。
うちのM子曰く、
『福山君似でカッコイイ♪』と大層お気に入りなご様子。
うちの親たちとも何回か会ってまして・・・
じじばばにも『いい子ね~』と同じく気に入られています。
(実は実家とM子の家は隣同士みたいなもんです)
そう!大人受け。それも中年以降の(笑)が本当に
いいんですよ。彼。

前に私がその家に遊びに行った時もAちゃん来てました。
福山君に似てるかどうかまでは憶えていませんが、
なかなか好青年だったな~という印象はありました。
そう。
周囲はみなAちゃんが大のお気に入りです!
なのに、なのに・・・
当のM子の娘(M子宅には3人の子供がいるのでこの
場合は娘1号としましょう。以下娘2号、息子1号)が、
ちょっとご不満な様子…
娘1号曰く彼は『絶対「素」を見せない』のだとか。
だから『彼のことがよく分からない』そう。

確かに、一時この2人付き合ってるのでは?って家族
みんなが噂してた時期もありました。
(うちはみんなオープンだからねー)
いつか結婚するのかな~なんて、私も単純だからそんな
ことを考えていましたが、どうやら娘1号にはもうひとり
気になる存在がいるみたいなんですねー。(Y君)
でもAちゃん。この娘1号のことがとっても好きらしい。
今、乙女心が揺れまくってる状態ですね(≧∇≦)

話が大分反れてしまいましたが…
要は私が思うに、
Aちゃんは、娘1号と行く行くは一緒になりたいが為に
シャトルを預けてるのでは?

勘ぐりすぎでしょうか。
いやですね~女も三十路過ぎるとホントねー^^;

で、そのシャトル。
聞くとすっかりM子の家の仔になっちゃったみたい。
Aちゃんは実は新聞記者やっていて、仕事が忙しいらしく
なかなか迎えには来れなかったみたいなんですが、
いざ連れて帰ろうとすると・・・
シャトル。嫌がるらしい・・・Aちゃん。可哀想すぎ(ノ_<。)
今ではすっかり家の仔になっちゃって散歩も1日に多い
時は4回(!)も。
朝・・・M子のダンナ。
昼・・・M子。
午後・・・うちの父。
夜・・・娘1号。
もーさせ過ぎちゃう~?

だからAちゃん。
最初は諦めて帰って行ったんだけど、今では「帰ろう」も
言わないらしい。相変わらずこの家には出入りしてる
みたいなんだけど…^^;

そうそう、こんな場面もあったみたいです。
『シャトルはこのまま家にいて、娘1号がAちゃんとこ
行けば~?』
娘2号より、キツ~いひと言が。
これを聞いた娘1号は当然怒りましたとさ(○`ε´○)
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴重な音を有難うございます

お馬さん仲間でうちともリンクして下さっている
Jasonさんから贈り物が届きました。
私にとっては“あしながおじさん”ならぬ
“おにいさん”ってところでしょうか(^^)

Jasonさんがご自分のブログでマニタス・デ・プラタという
南仏生まれのギタリストについての記事を書かれていて
それを読んだ私の「知らない」のひとことに即反応して
下さって(笑)本当に多謝♪です。

他にも、
テン・イヤーズ・アフターオールマン・ブラザーズ
ケニー・バレルポール・ウィナーズ等々。
名前こそ流石に知ってるけどまともに聴いたことがない
とか、名前すら知らないなんていうのも…^^;
(ホント勉強不足で申し訳ありませんっ)

今よりももっと若かりし頃は、耳に入ってくるものを素直に
聴いて自分なりに消化しようと思っていた時期もあったの
ですが、年々そーいうことが面倒になってきたり…
感受性も段々と失われていくようでちょっと悲しい…

これを良い機会として、昔のように『音を聴いて感動』と
いうものを味わいたいものです。
何か凄くオーバーな表現になってしまったけど^^;

音の感想についてはじっくりと聴いてからにしたいと思い
ます。

一応感謝の気持ちを込めて。
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オープン・ウォーター

Open_water_1
OPEN WATER

【2003年製作 アメリカ】( 79min )

監督:クリス・ケンティス
出演者:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス
 

実話が元になった映画らしいのですが、何とも悲惨な話であります。
パーフェクト・ストームの時もあれ?って感じだったんですが一体誰がこの話を・・・(これ以上はマズイ)。

私の印象としては、これはいかにも低予算で作られた映画で、画像の質のせいかもしれませんが、こう何かドキュメンタリー映画みたいな感じというか…

個人的には可もなく不可もなくというところです。確かに怖いけど、だから何?みたいな…
「実話」は最悪の出来事として、で、何故これを映画化しなきゃいけなかったんだろう…って思います。

この映画の見所って『サメの餌食になるかも~怖い~~~』ってところなのかしら。
いや、やっぱり終盤の方なんでしょうね。ダンナさんがいなくなって、奥さんがひとりぼっちに…
この辺りは確かに怖かった。波の音だけっていうのも非常に効果がありましたね。
ただ私がもし~も監督さんで、この話を元に映画を作るとしたら…ちょっと解釈を変えてみるかも。
スタッフのあまりに杜撰な管理体制のところにもっと重点をおいて描いてみるのもありかななんて。
今更ジョーズもなんなんだし。 (勝手なことばっかり書いちゃってます^^;)


banner_03
 
人気映画・TVBLOG

ランキング宜しくお願いします~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

大脱走・・・とはいっても

映画の話ではありません。
うちのペットのハムちゃんの話です。

うちにはクロノアとつい先日新たに家族の一員と
なったレオン(「バイオ」からのネーミングだって
バレバレ(笑))という2匹のハムちゃんがいます。

そのうちの1匹。
先輩ハムのクロノアがいないって大騒ぎとなり
ました。
ついさっきのことなんですが…
  
05120410


 
 
 
最初気づいたのは私。
ハムスターは夜行性なので夕方以降元気に
なります。で、いつものように「エサだよ~♪」と
いってケージの扉を開け2匹のハムずにエサを
やって、そのあと娘がちょっと遊んだりして…
娘曰く、
『きちっと扉は閉めた(きっぱり)』
といっていたので、一応信用してやらなきゃ可哀想
だなぁと思いながら…でもいなくなったって気づいた
時は扉(上下に開くタイプ)の上側に隙間がちょっと
あったんですねぇ…
でも以前友達のとこのハムも、『扉を勝手に開ける
から洗濯バサミで留めてる』なんて話を聞いたことが
あったし、それに例えいなくなったとしても家の中だし
お腹が空いたらそのうち出てくるだろうって、期待
半分不安半分って感じでおりました。
娘は勿論泣きましたが^^;

時間が過ぎ、いなくなったって気づく前から脱走してる
として…
かれこれ3時間くらい経ってからでしょうか。

出てきましたよ!クロノア!!(^o^)

床にわざと好物のひまわりの種を置いたりして…
そうすればそのうちお腹が空いて姿を現すかなぁなんて
「仕掛け」をしていた最中に^^;

いきなり私の目の前に…ちょこんと座っておりました。
多分冷蔵庫の後ろとかに行ってたんだろうなぁ…

もーこいつぅ~。心配させやがって^^;

でも良かった。良かった。

実は…

クロノア。
逃亡したのは今回で2度目だったりします。

『僕~もっと冒険したいんだよ~』

人間の言葉が喋れたら、きっとこう言うんでしょう。
 
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

ランキング宜しくお願いします~

| | コメント (13) | トラックバック (0)

節分

今日は節分ですね。
「豆まき」はもちろん。
我が家でも「恵方巻き」食べました。
黙々と食べないといけないんですよね。

今年は南南東の方角。

関西に住み始めて5年以上経ちますが
最初の頃はこの習慣は何?って、不思議に
思っていました。
今は全国的になりましたね。

太巻きにはよく椎茸が入ってますよねぇ。

それだと、りざぶぅは食べれません^^;

椎茸が大の苦手なんです!

嫌い…っていうよりも、もはや天敵かっていう…

本人曰く、

「だってさぁ、しいたけ食べると熱出るんやもん」

はぁ~!?熱ぅ~?

蕎麦アレルギーとかピーナッツアレルギーって
いうのは聞いたことありますが、椎茸はどうなんで
しょうか…^^;

 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

ランキング宜しくお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

らぶり~♪シャトル君

とはいってもウチの仔ではないんです(^^)
 
img015
 



イングリッシュ・コッカー・スパニエルの
名前は『シャトル』といいます。
年齢は1才になったのかなぁ…?
(写真はちょっと小さい時のかな)

ただ今、私の姉の家に住んでいるのですが
正確には彼は“居候中”なんです(笑)
彼がその家に住み始めてから、かれこれ2ヶ月
以上経ちます。

最初は「少しの間だけだから…」って言ってた家族も。
今では家族みんなのアイドル犬になったシャトル。
結局犬小屋まで買ってしまう始末。
(この家他に犬いないのに…^^;)
今の時期は寒いからって、床暖房の上で寝るらしいし…

うちの娘は大の犬好きなんで春休みに会えるのを
密かに楽しみにしているみたい。

電話で、
「ぜ~ったい会いに行くまで返しちゃダメだよ~」って
念を押してましたから。
 
img014

 
 
 
  

居候中ということは、いつかは自分のおうちへ
帰るんだろうなぁって今年の初め頃までは私も
思っていましたが、

なんだか…

ひょっとしたら…

このまま娘の言うとおりになっちゃいそうな予感。

飼い主さんの仕事の都合でねぇ。
(詳細は今度ネタのない日にアップするつもり(笑))
 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

ランキング宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深夜の告白(BlogPet)

きょうは、りざふぃはバレへりざふぃで終盤営業しなかったー。
さてバレで夫も魅したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バブルス」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シベールの日曜日

SUNDAYS AND CYBELE
【1962年製作 フランス】( 116 min )

監督:セルジュ・ブールギニョン
出演者:ハーディー・クリューガー、パトリシア・ゴッジ、ニコール・クールセル


胸にジーンとくる映画です。
美しいモノクロの映像ですが、ラストがとても残酷で
私には忘れられない作品となりました。


※ネタバレ※

戦争のせいで心に大きな傷を負ってしまった青年ピエール。
彼を心から愛し献身的に尽くす女性マデレインでさえも、
彼の病んだ心を治すことは出来ない・・・

ピエール自身も葛藤している。
信頼のおける芸術家である友人カルロスは言う。


人々は仮面をつけている それを真実だと思うな

木は違う 忍耐強ければ何でも教えてくれる


いつものように駅で佇んでいたピエール。
シベールが父親に連れられて無理やり寄宿学校へ入れられる場面だ。
彼女は泣いている。母親に捨てられ、祖母も引き取ってはくれないという。
きっとこの時点で、彼女は敏感に察していたのだろう…
またひとりぼっちになってしまうと─。

初めて出会うピエールとシベール。
彼女の愛くるしい表情が、まるで天使のような微笑というのか…
印象に残る冒頭でのシーン。

偶然に巡り会ったとはいえ、一緒に行動するようになることは自然な流れなのだろう。
お互い“ひとりぼっち”だから。

彼女はフランソワーズと名乗っていて本当の名前を教えようとはしない。教会の上にある風見鶏をとってくれば教えてあげると無邪気に言う。

日曜日ごとに会う約束をする2人。
12歳と30歳。
傍から見れば親子にも見えたであろう。
ピエールも最初はこの少女を救うことで忌まわしい過去の記憶とは決別しようと心のどこかで思っていたに違いない。いつしか2人は友情以上の関係になっていく─。


祖母は占い師よ 私は魔法の短剣も磨いていたわ

柄が象牙製の鋭い短剣なの 

アフリカの魔術師はその短剣を木に刺して、

森の精霊の話を聞くの


そんな2人の関係だったが、長く続くはずもない。
周囲の大人たちの眼は冷たかった。
2人の想いが純粋であればある程に切なくなってくる…

ピエールを心から愛してやまないマデレイン。
彼女は可哀想な女性だ。
愛する者に愛されない─。
シベールとの関係は愛情以上のものなのか。
陰で見守りながら、2人を理解しようとするマデレイン。
またそんなマデレインに密かに想いをよせるベルナー。

悲劇はクリスマスにやってきた。

クリスマスの日にシベールと会う約束をしていたピエール。
ピエールがいないと取り乱すマデレイン。
彼女にはピエールが全てなのだ。
ベルナーに相談をするが、彼は警察に通報したと言う。


警察? あなたは何も分かってない

日曜の2人を見たの 幸せな子供だったわ

ピエールは犯人じゃない!


自分の慣習の外で幸せそうな人を見ると拒絶するの

美を認めないの? 私もそうだった・・・


マデレインが言う一連の台詞が鋭く胸に突き刺さる。

2人を待ち受けているのは…
結末が悲しすぎる。

シベールが初めて自分の名前を明かすシーン。


シベール 君の名だね とても美しい

「木々と大地の女神」古代の女神の名前なのよ

君を驚かせることがある


高さとの恐怖と闘いながら、教会の屋根へ風見鶏を取りにいくピエール。過去の記憶ともおさらばだ。
もうめまいはしない─。

ピエールが少女を襲うと間違われて射殺される。
動かなくなったピエールを見て号泣するシベール。
名前は?と聞かれて、“もう私には名前はないの”
衝撃のラストシーン。
私はきっと忘れることは出来ない。

 

banner_03
 
人気映画・TVBLOG

ランキング宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »