« 今週も3頭出走(続) | トップページ | ショコラ »

21グラム

21g 21 GRAMS

【2003年製作 アメリカ】( 124 min )

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演者:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ

久々に映画感想カキコします。
今年になって恐らくDVDやVTRで10本以上は観ているはずなのに、全然Blogの感想が追いついていません^^;
観たら直ぐ感想書かなきゃだめだって実感しています。

家族を突然事故で失ったひとりの女(ナオミ・ワッツ)、その事故の加害者で妻子ある男(ベニチオ・デル・トロ)、
心臓移植を待っていて今にも死んじゃいそうな男(ショーン・ペン)の3人。
事故にあった夫の心臓を心臓移植を待っていた男に移植する決意をするクリスティーナと自分に心臓を与えてくれたのが誰なのか知りたいポール。事故を起こしてしまい結果轢き逃げをするジャック。

この映画観終わって…
う~ん。何とも言えない疲労感が。
冒頭の方はさっぱり理解できなかった。
映画の中で時間が過去と現在で行ったり来たりしているので、「あ~そうだったんだ~」って理解するまでに、全体の3分の1位の時間が経過していました(笑)
主演の上記3人には何もいうことはありませんっていうか演技は文句なしに素晴らしかったんだけど…
時間が過去と現在でリンクする作風は別に構わないんだけどとにかく理解しづらい!
メメントは現在から過去って作り方だったし、フランス軍中尉の女も現実と映画の仮想世界での話だったので、そういう意味ではまぁ面白いとは思うんですが…
テーマがテーマでただでさえ重いのに、とにかく難解でした。

こういう映画は好きか嫌いか分かれるところだと思いますね。
正直私はもう1回観たいかって聞かれればNOかも。
(でも冒頭からもう一度観て納得し直してみたいのは事実)
不条理っぽさが鼻につくっていうか…キライっていうのとはちょっと違うんですけど。
気に入らないのは、クリスティーナとポールの出会い方…はまぁよしとしましょう。でもあんなにあっさり彼女が彼に抱かれるとは思ってもみなかった…
なんか旦那の心臓を持つ男となんて正直彼女の胸中が私にはよく理解できません…
でもだからなのかな~とも思ってみたり…?う~ん複雑。映画だから…時間に限りがあるのはよく分かりますが、
もう少し丁寧に彼女の心境の変化?とか描かれていても良かったのでは?人間ドラマなのに、その辺がちょっと簡素化しすぎ。
一番可哀想なのはポールの奥さん…めっちゃ可哀想過ぎ…

2人の男女が出会って惹かれあってしまったら、実際にもこういう事ってあるのかもしれませんが何か後味悪い。

ところで。
ベニチオ・デル・トロは上手い役者さんですね^^誰かに似ている気もしますが凄い存在感がある。
ショーン・ペンもナオミ・ワッツも勿論良かったけど。

とにかく観終わっていろいろと考えさせられる映画ではありました。うちにも夫と娘がいるのでねぇ。
もしクリスティーナのような目にあったら…と思うと本当に怖い。
 



 
 
banner_03
 
人気映画・TVBLOG

読んで頂けたら…よろしくです。

|

« 今週も3頭出走(続) | トップページ | ショコラ »

映画/ナ行」カテゴリの記事

コメント

りざふぃさん、TBありがとうございます。
一応、定期的にこっそりお邪魔はしてるんですが・・・体調の方は回復しましたか?
(ドラクエ、終わりました?(笑))

ところで、この「21グラム」!
私ももう1度・・・は見たくないです。
見るんじゃなかったっていう気持ちにもならなかったし、嫌いでもなく、個人的OUTな作品でもないのだけど・・・
ラストの方は2・3度戻して繰り返し見ちゃったんですが、最初からまたあの疲労感以上の疲労感は感じたくないのが一番の理由です。^^;

全然支離滅裂ではないですよ!
こういう作品見ちゃうと、どうしても色々伝えたくなりますもん。
あ、私も結構長コメントになっちゃったかも。^^;

投稿: aju | 2005/02/22 00:25

>ajuさん

今晩は~ パソ戻ってきて良かったですね^^
有難うございます。体調はもう大丈夫ですっ。
ただ…今度はうちの娘&旦那(も?)がやば
そうです… ちらほらですが周囲にはインフル
エンザにかかったって話を聞くので…

あはは・・・ゲームはですねぇ。今頃ですが
「アンリミテッドサガ」をやっています^^
ロマサガが大好きだったんで、つい旬を過ぎて
からですがハマっています。

「21グラム」は本当に重いですよねぇ…
いえね、観る前からある程度は予想をしていたの
ですが・・・
本当にショーン・ペンなんて冒頭から死んでしま
うのか?って思っちゃう程の病人ぶりだったし
なぁ~^^; 
とにかく観ていて疲れがドドド~っときました。
私も!ajuさんと同じです。

何かこれらの不幸って、日常の中で普通に生活
している人たちだったら実際でも十分に起こり
えることなのかなぁって。
他人が絡んだ不幸っていうか…不幸中の不幸って
いうか。自らが蒔いた種ではなくって、全くの
赤の他人が突然自分と関わりあってくるみたいな…
(何か上手く言えないんだけど…)

という感じで、観終わったあともいろいろと
グダグダ考えちゃう映画ですよねぇ…はぁ+_+

投稿: りざふぃ | 2005/02/23 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/2921201

この記事へのトラックバック一覧です: 21グラム:

» 「21グラム」(21glam) [ひらりん的映画ブログ]
ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロの迫真演技。 ショーン・ペンは病んでる役をやらせたら格別だね。 いつもは心が病んでる役だけど、今回は身体も病... [続きを読む]

受信: 2005/02/19 02:55

» 『21グラム』をレンタル [雑記帳+]
事故によって、立場それぞれ違う三人の男女が絡み合う・・・暗く重い映画 [続きを読む]

受信: 2005/02/22 00:14

» 21g (DVD) [ひるめし。]
誰もがいつか失う重さ。 ツタヤに行ってもいつも全部貸し出し中。2〜3ヶ月してやっと借りれた映画。本数が少ないためなのか?評判が良いのか?期待しつつ観賞いたしまし... [続きを読む]

受信: 2005/04/04 16:33

» 21g [iN-phase,Horyの部屋]
”人は死ぬ時に、21グラムだけ軽くなる”これは、映画”21grams”の劇場公開時に使われたキャッチコピー。この凄く謎めいた雰囲気が気になり、映画館で観たいと思っていたが、結局時間が無く、DVDで今日、観た。スト...... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 20:56

« 今週も3頭出走(続) | トップページ | ショコラ »