« フライド・グリーン・トマト | トップページ | 聖劇 ノアの箱舟 »

ホラー映画占い

タイトルにあるようにホラー映画
占い
何ていうのをやってみました。
フツーの映画占いではなくって
何か面白そうと思って…
で、私りざふぃの結果はいかに。

● 13日の金曜日さんのあなたは、 気さくで明るく、いるだけで周りを楽しく させる人です。男性なら、グループの 中心となって盛り上げるタイプ。女性なら、 いわゆる「学園のアイドル」的存在となる でしょう。また、自分が決めた目標に 向かってまっしぐらに突き進み、障害も ものともせずに乗り越えていく意志の 強さも持っています。その粘り強さには 定評があり、誰もがあなたに一目置く ことでしょう。何事も中途半端を嫌い、 遊びや趣味でも徹底して究めないと 気が済みません。その熱中ぶりから 「おたく」的な目で見られることもあり ますが、初めて挑戦するものでも、じっ くりとその技を身につけていくので、 最終的にはプロ顔負けの腕前になっ て周りを驚かせます。
● りざふぃさんの辞書にない文字は 「ふっ、加納?」です。


よりによって13日の金曜日とは…
正直どーでもいいっていうか。
といいながらうちら夫婦は当時勿論
面識もなくって別な場所で同じ様に
映画館でこの映画観ているので
何故かこのパンフが2部もある(爆)

映画はともかく内容はそれ程悪くは
ないなぁ。占いはいいことだけ信じる
主義なんで。当たっているかどうか
は、別にして^^;

ところで…
この最後の「ふっ、加納?」って
ホラーとどう関係あるの~?^^;
誰?加納って。

****************************

で、面白いのでついでにりざぶぅ(夫)
も勝手に占っちゃいました。
結果は・・・

● ゾンビさんのあなたは、奥ゆかしく 見える才人です。恋愛パターンは見た目 同様、古風です。情の深いタイプなので、 現代風のドライな恋愛観を持つ相手は 不向きです。カンの鋭さから、出会った 瞬間に恋に落ちてしまうことも多いのです が、相手に思いやりの心を持って接する ため、抜群の成功率を誇ります。ひとたび 仕事となると、物事の飲み込みが良く、 ポイントを押さえるのが得意。天性のカンも 冴え、何でも器用にこなせるマルチな才能を 発揮します。が、攻めが得意なため、守りは ちょっぴり苦手。受け身の状況下では、焦り から自らミスを招いてしまうことも。常に 自分を見失わないように、冷静で客観的に 自分を見られるようになれば、鬼に金棒です。
● りざぶぅさんの辞書にない文字は 「はじらい」です。


なんとゾンビでした(笑)
本人ゾンビ映画好きだからな~
当たってるかな~
後で帰ってきたら本人に聞いてみよ。

で、恥じらいがないって!?(笑)

読んだらここクリックお願いしま~す♪
最近カテゴリーばらばらっ^^;

|

« フライド・グリーン・トマト | トップページ | 聖劇 ノアの箱舟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はオーメンでした。
気配り上手の勉強家だそうです、O型なので気配り上手というより相手に合わせようとする性格は当たってます。
勉強家じゃないけど趣味に自分のこだわりを持っているという点は当たってます。
馬選びに基準を設けたり、映画も自分の好きな映画に嵌りマニアック化していく。海外行っても自分が行きたいと思ったら、人が行かないような所でも一人で行ってしまうとか…。悪い言い方すれば自分の世界を作って自己満足してるにしか過ぎないんだなって思いました。
この占い個人的には良く当たってると思いましたよ、しかしオーメンって気配り上手の勉強家なのでしょうか?ホラーはほとんど観ないのであまりよく分かりません。

投稿: 涼 | 2004/12/16 08:57

>涼さん

「オーメン」だったのですか?
ワタシは好きですよ~オーメン。それも1作目
は中々の出来だと思います。簡単にひと言ホラー
で片付けられない出来と思います。この映画と
あと「エクソシスト」は。
涼さんもO型なんですね!私も同じです^^
ちなみにりざぶぅはAB型…OとABって相性が
よくないらしいのですが(笑)そー言われると
全く正反対の性格のような…
ホラー映画占いは当たってるかどうか微妙です
が、確かに当たっているところもあります^^

投稿: りざふぃ | 2004/12/16 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/2266985

この記事へのトラックバック一覧です: ホラー映画占い:

« フライド・グリーン・トマト | トップページ | 聖劇 ノアの箱舟 »