« プリン体って!? | トップページ | そういえばココログで・・・ »

イザベル・アジャーニの映画

やっぱり映画は映画館で観るべきかな。
最近映画館なる場所に出かける機会がめちゃくちゃ減ってしまい…
理由は色々あるけど。
理由は娘がまだ幼いっていうのもあるし、人ごみの中並んだりする
のが面倒だっていうのもある。(実はこっちの方が主だったりして)
でも、やっぱり映画って映画館で観るものなんだよね。
私はそう思う。
中には「映画館で観なきゃよかった。。。」なんてのもあるかもしれ
ないけどね。確かにお金高いし勿体無いもん。
それと、私は映画館に行くと必ずパンフレットを買う(笑)
集めるのが趣味って訳じゃないんだけど、映画館まで足を運んだ
記念として、何となく集めてしまうんですよねぇ。

そうそう、近作では個人的にとっても観たい映画がありまして…
イザベル・アジャーニの惑い」って日本語のタイトルはちょっと…
って気がしないでもないけど。(原題は「Adolphe(アドルフ)」)
実際フランス映画ってそんなに好みじゃないかも。実はね。
私には理解不能な会話とか多々あったりするので(作品にも
よるけど)、ただフランス語は聞いていて心地いいな~って思う。
イザベルはやっぱり「究極のラブストーリー」映画が似合う。
というか多いですよね。フツーの恋愛ではなくて波乱万丈なのいつも。
「アデルの恋の物語」もそうだった。愛するがゆえの苦しみみたいな
ものが切々と伝わってくる。近年では「王妃マルゴ」もそうだし…
こちらは王室の政略結婚とか宗教戦争がとか、背景がいろいろ
複雑なんでちと血生臭い話ですけど…
とにかく久々のイザベル映画是非観てみたいです。
またDVDになるかもな~(笑)

|

« プリン体って!? | トップページ | そういえばココログで・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36383/749377

この記事へのトラックバック一覧です: イザベル・アジャーニの映画:

« プリン体って!? | トップページ | そういえばココログで・・・ »